2019年9月12日~15日(12日、13日はビジネスデイ)千葉県・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2019。そのSIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)ブースに出展されている『原神』(プレイステーション4版)のレビューとプレイ動画をお届け。

・ファミ通.com”TGS 2019情報まとめ“特設サイト

 本作は、スマートフォン用アプリ『崩壊3rd』で知られるmiHoYoの新作タイトルとして、プレイステーション4、PC、スマートフォン(iOS、Android)で2020年に発売/配信予定。

 ジャンルは、オープンワールド型のアクションRPGとなっており、“テイワット”と呼ばれる幻想世界を冒険しながら、世界全体に隠された謎へと迫っていくという内容。

 東京ゲームショウ2019のSIEブースでプレイ可能なプレイステーション4版のデモでは、ゲームの序盤を体験できる初級、ある程度ゲームが進んだ状態でバトルを中心に楽しめる中級のどちらかを選択する。

 記者は、本作の魅力である複数人のキャラクターをリアルタイムに切り替えながらのバトルを体験したかったので、初めてのプレイながら中級を選んだ。そのため、以下のプレイ動画で操作がぎこちない部分があると思うが、その点をご了承いただきたい。

 基本的な操作は、左スティックで移動、右スティックでカメラ操作、〇ボタンで攻撃、×ボタンでジャンプといった感じで非常にシンプル。〇ボタンを連打しているだけで、どんどんコンボが繋がるので非常に爽快だ。ただし、当然ながら〇ボタンを連打しているだけでクリアーできるほど簡単ではない。

 先ほども少し触れたが、本作では、4人のキャラクターでパーティーを組み、メンバーを切り換えながら戦えるのが魅力のひとつ。キャラクターの切り換えは、L1ボタンを押し続けて、メニューを開いた状態で、キャラクターに対応したボタン(〇、×、△、□)を押せば、いつでも行える。キャラクターによって装備できる武器、使えるスキルや元素(属性のようなもの)が異なるので、敵やフィールドの状況に合わせて、適切なメンバーを選択することがポイントとなる。

 たとえば、ダンジョンの後半に登場する木の盾を持った敵には、正面から攻撃してもほとんどダメージを与えられない。そういうときは、炎の罠を利用したり、炎の元素を持ったキャラクターに切り替えたりして、盾を燃やしてしまうことで、正面からでもダメージを与えられるようになる。

 また、回避ボタンは存在しないものの、攻撃中にジャンプ(×ボタン)やダッシュ(R1ボタン)をすると行動や硬直時間をキャンセルできるので、敵の動きを見てから攻撃を回避するといったことも可能だ。これをうまく活用して、盾を持った敵の隙を突いて、後ろに回り込むことができれば、盾を燃やさなくても大ダメージを与えられる。

 というように簡単操作で爽快なアクションを楽しめつつも、アクション性や戦略性は高い印象を受けた。

 今回の試遊はバトル(アクション)が中心だったが、ここにバランスを考えたパーティー編成や装備の変更、レベルといったRPG要素が加わってくると、さらに楽しめそうだ。

 発売は2020年と少し先だが、テストなども随時計画中とのことなので、続報に期待したい。