本日(2019年9月5日)発売の週刊ファミ通2019年9月19日号の表紙を飾るのは、2019年9月6日に新たな狩猟が解禁となる『モンスターハンターワールド:アイスボーン』!

 週刊ファミ通2019年9月19日号(2019年9月5日発売)の目玉は、世界的ヒットを記録したハンティングアクション『モンスターハンター:ワールド』の超大型拡張コンテンツ『モンスターハンターワールド:アイスボーン』! これまでの情報の総括&見どころたっぷりのモンスター図鑑を始め、初心者はもちろん、久しぶりに狩りをするプレイヤーも安心のシステム解説、復活した人気コーナー“ファミ通モンハン調査団”など、ボリューム満点の全54ページで大特集! これを読めば狩猟が楽しくなること間違いなし!

 2019年8月29日に秋葉原・DUXシアターで開催された記者発表会で、ナンバリング7作目にしてジャンルをRPGに変更すると発表された『龍が如く』シリーズ最新作『龍が如く7 光と闇の行方』は、新作特報をお届け。ストーリーや登場人物など、判明しているすべての情報を公開しているほか、本作の開発を行った横山昌義氏(チーフプロデューサー)、阪本寛之氏(プロデューサー)、堀井亮佑氏(ディレクター)の3人に新生『龍が如く』についてさまざまな質問をぶつけたインタビューも掲載しているので、お見逃しなく!

 発売記念特集は、2019年9月3日に配信が始まった『ファイナルファンタジーVIII リマスタード』。オリジナル版のディレクターを務めた北瀬佳範氏がリマスタード版の開発秘話を語るインタビューに加え、キャラクターデザインを担当した野村哲也氏へのQ&Aや担当編集のプレイレビューなど、本作の魅力がわかる盛りだくさんの内容になっています。

 もうひとつの発売記念特集では、AI(人工知能)とカードゲームが融合したiOS、Android用ソフト『ゼノンザード』を、発売直前特集では、シリーズ累計5000万本のセールスを記録する“シューティングRPG”最新作『ボーダーランズ3』を紹介しています。

 続報では、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』と『ゴーストリコン ブレイクポイント』をピックアップ。注目情報では、『ドラゴンクエストウォーク』と『ドラゴンクエストX いばらの巫女と滅びの神 オンライン』の最新情報を掲載しています。今号のおもな記事は、下記でご確認ください!

■発売記念特集:『モンスターハンターワールド:アイスボーン』

■新作特報:『龍が如く7 光と闇の行方』

■新作特報:『Celeste』

週刊ファミ通2019年9月19日号
発売日:2019年9月5日発売
特別定価:550円[税込]

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER
※Kindle