日本HPはゲーミングブランド“OMEN”において、新型ノートPC『OMEN X 2S 15』やディスプレイ『OMEN X 27 HDR』、ヘッドセット『OMEN MINDFRAME PRIME』など、14種の新製品を発表した。

OMENがブランドイメージを刷新。その訳は!?

 OMENブランドが誕生したのは2016年。それから現在までの3年間で、ゲーミングPCを取り巻く環境は大きく変わってきた。かつて、PCゲームと言えばコアなゲーマーが楽しむ趣味だったが、現在はライト層も増えている。また、自らプレイせずとも、YouTubeなどで実況動画を楽しむ人も一定数存在する。

 そこで、いままでブランドカラーとして使ってきた“赤×黒”を一新し、“赤×オレンジ”のグラデーションを採用した。このイメージカラーは、“幅広いユーザーに向けたブランド”を意味しているという。

 とは言え、これまで行ってきたトッププレイヤーたちへ向けた支援を中止するわけではない。今年も大規模な世界大会“OMEN CHALLENGER SERIES 2019”の決勝戦を、11月1~3日の期間に、インドネシアのジャカルタで開催予定だ。

東京ゲームショウ2019のOMENブースのイメージ。ポップな色使いが特徴的。

世界初デュアルスクリーンゲーミングノートPC『OMEN X 2S 15』

 2019年9月中旬に発売予定のゲーミングノートPC『OMEN X 2S 15』は、世界初のデュアルスクリーンノートPC。ノートPCなのにデュアル? と思うだろうが、本当にデュアルスクリーンだ。

 15インチサイズのノートPCでありながら、キーボード上部に5.98インチのフルHDタッチパネルディスプレイが搭載されている。わかりやすく言ってしまうと、キーボードの上にスマホを置いたような感じである。この小さなスクリーンは、Windowsのシステム上からもセカンドディスプレイとして認識されている。モニターを2台用意してマルチモニターにしているのと、まったく同じだ。

 このモニターを制御するために、キーボード右上に独立した4つのキーが搭載されている。それぞれ“ウィンドウ切り替え”と“輝度調整”、“バックライト”、“バーチャル10キー”。とくに便利そうだったのがウィンドウ切り替えだ。これはプライマリディスプレイとセカンダリーディスプレイを瞬時に入れ替える機能。ゲーム中にメールを確認したり、攻略サイトを見たり、いろいろな使いかたができる。

 そしてもうひとつ、バーチャル10キーもおもしろい。このボタンを押すと小さなスクリーンに10キーが表示され、指でタップすると10キーと同じ動作をする。タッチパネルなのでキーストロークはゼロだが、横一列に並んだ数字キーを押すよりは入力しやすいだろう。

 また、ゲームファンにとってうれしいのは、専用アプリで使える“リアルタイムスクリーンミラーリング”。プライマリディスプレイに映っている画面の一部を、拡大して小さなスクリーンに映し出せる機能だ。

 たとえば、ゲーム画面のミニマップやステータス画面など、小さくて見にくい部分を拡大表示できるのは利便性が高そうだ。

 もちろん、ゲーム以外の用途でも使える。Photoshopなどのツール群やブラシ、カラーホイールなどを小さな画面に移動させれば、指で選択が可能になる。デスクトップPCでマルチモニター環境に慣れてしまった人にとって、とてもうれしいノートPCだ。

スペックはCore i9-9880H、メモリー32GB、GeForce RTX 2080、1TBのSSDを搭載する。価格は39万9800円[税別]から。

現行製品から薄くなったのに性能アップ『OMEN 15』、『OMEN 17』

 厚さ約20mm・重量2.48kgのゲーミングノートPC『OMEN 15』と、厚さ約30mm・重量3.26kgの『OMEN 17』。従来製品より薄くなったにも関わらず、エアフローを改善させたため冷却効果が高くなった。これを可能にさせたのは、本体にメタルシャーシを採用したこと。強度を保ちつつ、より薄く堅牢に生まれ変わった。

スペックは『OMEN 15』(ハイパフォーマンスモデル)がCore i7-9750H、メモリー16BG、GeForce RTX 2070 with Max-Q Design、512GBのSSDと1TBのHDD。9月2日発売で、価格は17万4800円[税別]。
『OMEN 17』(エクストリームモデル)がCore i9-9880H、メモリー32GB、GeForce RTX 2080、1TBのSSD。9月中旬発売で、23万9800円[税別]。

リーズナブルなゲーミングノート『HP PAVILION GAMING 15』

 ゴツゴツしたゲーミングノートPCを好まないPCプレイヤーにオススメなのが、『HP PAVILION GAMING 15』。天板は“HP”ロゴが書いてあるだけのシンプルなデザイン。厚さ約23.5mm・重量2.3kgと、一般的なノートPCのようにも見えるが、側面と底面に大きなエアフローが用意されている。排熱性能は従来製品から約85%も強化したと言うから驚きだ。

 また、この製品はUHD 4Kディスプレイを搭載した“クリエイターモデル”も選択可能。動画やイラスト、写真などを制作するクリエイターにも適した1台となっている。

“ハイパフォーマンスモデル”のスペックはCore i7-9750H、メモリー16GB、GeForce GTX 1660 Ti with Max-Q Design、256GBのSSDと1TBのHDD。9月2日発売で、10万9800円[税別]から。

ゲームや動画再生に適した27型『OMEN X 27 HDR ゲーミングディスプレイ』

 27インチの『OMEN X 27 HDR ゲーミングディスプレイ』は、Radeonが提唱する“FreeSync2 HDR”に対応。これはグラフィックカードとモニターのリフレッシュレートを同期させる機能で、ゲームや動画再生時により滑らかな映像を描画してくれる。

 また、デジタルシネマの世界統一規格“DCI-P3”の色域を90%以上カバー。HDRモニターなので黒潰れと白飛びがしにくいのが、ゲームファンにとってうれしい。

地味な点だが、スクリーンを支えるアジャスタブルスタンドにヘッドフォン用のフックがついているのも気が利いている。発売日は9月中旬で、価格は6万9800円[税別]。

冷却機能がさらに高性能に! 『OMEN MINDFRAME PRIMEヘッドセット』

 イヤーカップ内部を冷却してくれる『OMEN MINDFRAME PRIMEヘッドセット』。冷却機能は従来モデルにも搭載されていたが、新製品“PRIME”はイヤーカップの素材を放熱効果の高い炭素素材に変更。より快適に使えるように進化した。また、イヤーカップのサイズが少し大きくなったため、かけ心地も向上。

 マイクの性能も進化している。デュアルマイクを搭載し、環境ノイズをかなり抑制できるようになった。音量や音質、マイクなどの設定は“OMENコマンドセンター”で行う。簡単な操作でイコライザーや設定を操作でき、細かな調整が可能だ。

本体のカラーはブラックとホワイト。9月下旬発売で、価格は2万800円[税別]。

高級感たっぷりのゲーミングチェア『OMEN CITADEL GAMING CHAIR』

 OMENブランドのゲーミングチェア『OMEN CITADEL GAMING CHAIR』が9月下旬に発売される。“CITADEL(シタデル)”とは“城塞”を意味する英単語。製品名の意味は“ゲームを遊ぶための自分の城”といったところだ。

 ガス圧で調整できるリクライニングは最大135度。アームレストは回転、左右、前後左右など、5方向に調整できる。総耐荷重は最大136kgまで。

9月下旬発売で、価格は4万4800円[税別]。

OMENブランドはアパレルにも注力していく

 最後に紹介されたのは、OMENブランドのアパレル製品群。ゲーミングノートPCを運ぶためのバッグやヘッドセットケース、Tシャツ、パーカーなどだ。

 PCメーカーだけあって、バッグ類はさすがのクオリティであると感じた。ノートPCを衝撃から守りつつも、スムーズに出し入れできるのが便利。デザインが許すならば、ビジネスシーンでも使えるアイテムといえるだろう。

 ユニークなのはTシャツやパーカーといった洋服類。販促用グッズとして配布されることはよくあるが、商品として販売されるのは珍しいケースのように思う。前例が少ないだけに、ユーザーの反応が楽しみだ。

OMEN TRANSPORTER 17.3ダッフルバッグ
10月下旬発売
1万2800円[税別]
OMEN TRANSPORTER 15.6ロールトップバックパック
10月下旬発売
1万800円[税別]
OMEN TRANSPORTER 15,6バックパック
10月下旬発売
9800円[税別]
OMEN TRANSPORTERヘッドセットケース
10月下旬発売
4800円[税別]
OMEN ASCENDANTパーカー(男性用M/L)
9月中旬発売
9800円[税別]
OMEN VOODOOパーカー(女性用M)
9月中旬発売
9800円[税別]
OMEN OFFSET Tシャツ(男性用M/L)
9月中旬発売
4800円[税別]