2019年8月2日、『怪盗セイント・テール』原作誕生から25周年を迎えた記念イベント“怪盗セイント・テール 原作25周年記念スペシャル上映イベント”が東京・EJアニメシアター新宿で開催。

 イベントでは、テレビアニメ『怪盗セイント・テール』が上映されたほか、羽丘芽美/怪盗セイント・テール役の櫻井智さん、アスカJr.役の岡野浩介さん、深森聖良役の井上喜久子さんが登壇し収録当時の出来事を語り合うメモリアルトークショーが行われた。

以下、リリースを引用

アスカJr.の告白シーンは2人きりでの収録だった―「怪盗セイント・テール」メインキャストが語る作品とまっすぐに向き合った1年間

 2019年7月19日(金)から8月8日(木)にかけて東京・EJアニメシアター新宿で開催されていた「55th ANNIVERSARY トムス・アニメ夏まつり 2019」。

 8月2日(金)には「怪盗セイント・テール 原作25周年記念スペシャル上映イベント」が開催されました。

 TVアニメの第1話「登場! キュートな大泥棒!? あなたのハート盗みます。」と第30話「正体がバレる!芽美危機一髪」がセレクション上映されたほか、羽丘芽美/怪盗セイント・テール役の櫻井智さん、アスカJr.役の岡野浩介さん、深森聖良役の井上喜久子さんが登壇し、公式イベントとしては実に24年ぶりとなるメモリアルトークショーが行われました。

 司会も兼任する岡野浩介さんは、登壇早々に「実は今日、こんな予告が届いています!」と宣言。

 スクリーンに「8月2日(金)の夜、EJアニメシアター新宿に皆さまのハートをいただきにまいりますSt ★ TaiL」という怪盗セイント・テールからの予告状が映し出され、「みなさん! セイント・テールにハートを盗まれないよう気を付けてくださいね!」と会場を盛り上げます。

 そして「主よ、種も仕掛けもないことをお許しください。…ワン、ツー、スリー!」の掛け声とともに櫻井さんと井上さんが登場! 壇上で「私たちに、神のご加護がありますように」と作中でおなじみのセリフを披露し、喝さいをあびました。

 櫻井さん、岡野さん、井上さんの3人が集まるのは、2014年11月に発売されたBlu-ray BOX用のオーディオコメンタリーの収録以来、5年ぶりとのこと。

 そんな3人のトークは、第1話の思い出話から始まりました。

 櫻井さんは、「先ほどご覧いただいた第1話で、当初は(芽美の)「ワン、ツー、スリー!」の語尾をあまり伸ばしていなかったのがお分かりだったと思います。

 毎回口にする決めゼリフですので、現場でよく話し合い、演出もこなれていくにしたがって語尾を伸ばすようになっていきました」と制作秘話を披露。

 続いて井上さんが「聖良は説明役になることもあり、長尺のセリフもめずらしくありませんでした。当時は私もまだ新人でしたので、悩みながら聖良と向き合っていました」と振り返ると、櫻井さんと岡野さんは「喜久子さんは、当時からとても頼れる先輩だった」とビックリ。

 そう言われた井上さんは「そうは言っても、当時はまだ“17歳”だったからね!」とおなじみのネタで切り返し、場内が笑いに包まれました。

 岡野さんは「アスカJr.は少し地声を高くした程度で、すんなり演じられました」と振り返りつつも、芽美のことを「羽丘」とずっと名字で呼び続けるキャラクターであっただけに「作中で初めて“芽美”と名前で呼ぶときは緊張してしまい、何回かリテイクをいただきました(笑)。僕の中では、彼女は今でも“羽丘”なんですよ」と笑顔で語りました。

 そして話題は、1996年に公演されたミュージカルの思い出話に。

 ミュージカル版の芽美とアスカJr.は、アニメと同じ櫻井さん、岡野さんが演じていました。

 櫻井さんは「(岡野さんは)本当に練習熱心な努力家で、みんなびっくりしていました」と思い出話に花を咲かせます。

 舞台はほとんど経験が無く、ミュージカルは初の経験だったという岡野さんは、ダンスの基本のひとつであるボックスステップ(4歩で四角を描くように踏むステップ)を習得するところからのスタートで、何時間も練習し続けたとのことでした。

 また、櫻井さんは芽美からセイント・テールにならなければいけない兼ね合いで、役者の中で唯一早替え(公演中に衣装を素早く着替えること)が必要で、カツラをかぶってお芝居していたそうです。

 「ダンスをしているとカツラがどんどんズレてきて、外れてしまうのではないかといつもヒヤヒヤしていました」と笑いながら当時を振り返ります。

 話題は、キャラクターソングを含む、ボーカル曲にもおよびました。井上さんはエンディングテーマの「純心」を初めて聴いたときの衝撃は忘れられないと語りつつ、櫻井さんと歌ったキャラクターソング「E夢、見よう!」にも言及。

 櫻井さんと一緒に行ったジャケット写真撮影や、収録当時のことは今でも鮮明に思い出せると振り返りました。

 また、聖良のソロキャラクターソング「お砂糖菓子じゃない」は8分の5拍子で書かれた曲で、リズムを取るのがとても難しかったそうです。

 続いての話題は、アニメのオリジナルエピソードについて。

 TVアニメでは原作にはないオリジナルエピソードが描かれており、各キャラクターがより深く掘り下げられることで、キャスト陣の思い入れがますます深いものになっていったそうです。

 そうした話を受け、岡野さんは「今は1クールのアニメが多いですが、1年間(4クール)放送できるからこそのおもしろさがありました。これだけ同じキャラクターを演じ続けられれば、それは深い愛着がわきます。だから告白シーンも、自然と力が入るわけですよ。アフレコブースが、僕ら2人だけになるわけですよ!」と語ります。

 アスカJr.が芽美に告白するシーンの収録時は、アスカJr.の父・飛鳥友貴を演じる大塚明夫さんや芽美の父・羽丘源一郎を演じる井上和彦さんらが「気恥ずかしいから外に出ているね」とブースから退去していき、それを見た井上さんも「…それじゃあ♪」と出ていき、岡野さんと櫻井さん2人きりでの収録となったそうです。

 ここで、来場者からもお気に入りのシーンを教えてもらうコーナーに。会場では

  • アスカJr.から告白された芽美が感極まって泣き出すシーン(第40話「母の秘密! 女怪盗の復しゅう」)
  • セイント・テールとアスカJr.の電話ボックス越しの邂逅(第12話「仰天! 大トカゲのサンタ?!」)
  • そろって囚われの身となったセイント・テールとアスカJr.が協力するシーン(第29話「市長の陰謀! 白鳥を盗め(後)」)

 などが挙げられ、登壇した3人も「シーンが挙げられるたびに、(来場者の)みんながうなずいてくれる一体感がうれしい」と喜びをあらわにしました。

 また、「セイント・テールには男性の視聴者も多かった」という話題になると、岡野さんは本作の放送から何年も経ったあとに後輩の杉田智和さんから「昔、セイント・テールを見ていましたよ」と言われたことがあったと披露。

 くめども尽きぬ泉のようにさまざまな思い出話が語られたトークショーもそろそろ終演の時間に。

 「「セイント・テール」という作品は、自分にとってどのような存在か」というテーマが岡野さんから投げられかけると、櫻井さんは「私の代表作といえる大切な作品だとあらためて感じました。どこを切り取っても色あせない、いつ見ても心が平和になる作品。これからも受け継がれていけばと思います」と語り、井上さんは「岡野くん、智ちゃんと出会えた幸せな作品です。アフレコ当時に、智ちゃんが毎朝早起きしてジョギングをしていたと聞き、だからあんなにすてきな「ワン、ツー、スリー!」がいつも聞けるんだなと、1人のファンのような気持ちで接していました」と振り返りました。

 そして岡野さんは「キャストがみんな、わき目も振らずまっすぐにキャラクターや物語と向き合っていました。だから、いつ見ても楽しい作品になったのだと思います。僕も、アスカJr.が羽丘に告白するシーンや、最終回でセイント・テールを捕まえるシーンのセリフは今でも覚えているくらいです」と語り、ここで「この流れは……!?」と会場にどよめきが。そこに井上さんの後押しもあり、「観念して、おとなしく捕まれ。…ずっと気づかなくて、ゴメン」と岡野さんがよどみなく演じると、観客席から喝采が上がりました。

 その盛り上がりのなか、櫻井さんが「今日のこのイベントを、私自身も本当に楽しみにしていました。楽屋でも3人で「また近いうちに何かイベントができたらいいよね」と話していたくらいです。またみなさんにお会いできたらうれしいです!」と挨拶し、トークショーは幕を閉じました。