2019年8月21日(水)20:00よりYouTubeLiveとPeriscopeで配信されたWeb番組“サクラ大戦 帝劇宣伝部通信 第3回”にはプレイステーション4ソフト『新サクラ大戦』プロデューサーの片野徹氏、主人公・神山誠十郎を演じ、本作の特命宣伝部長を担当する声優の阿座上洋平氏、アシスタントMC・山下まみ氏が出演した。

[第1回、第2回の配信内容はこちらをチェック。]

 本稿では、配信で発表された新情報をまとめてお届けする。

パッケージビジュアルが公開!

 前回の放送で発売日が2019年12月12日と発表されたプレイステーション4用ソフト『新サクラ大戦』。今回の放送でパッケージビジュアルが公開された。人物のみではなく、霊子戦闘機もパッケージに登場。

初穂&クラリスの戦闘服・霊子戦闘機が公開

 東雲初穂とクラリスの戦闘服および霊子戦闘機が公開。また、アクション映像も公開された。初穂は大きなハンマーのような武器を用いて攻撃。クラリスは遠距離攻撃が得意とのこと。

 続いて、阿座上さんがチュートリアルのバトルパートを実機プレイ。攻撃方法やジャスト回避などの操作方法の説明も行われた。

阿座上さんがジャスト回避を連続で披露し、歓声があがる場面も。

TGS2019に『新サクラ大戦』の出展が決定!

 『サクラ大戦』最新ニュースの時間では、東京ゲームショウ2019に『新サクラ大戦』の出展が決定したことや、オリジナルグッズの販売が行われることが発表された。

阿座上洋平の新米隊長奮闘記!

 新米隊長である阿座上さんが頑張るコーナー。神山は宣伝部長でもあるということで、宣伝に重要な“声”に関することに阿座上さんが挑戦した。

 行ったのは“声量ストラックアウト”。声の大きさを測定し、その声の大きさに該当するパネルを抜いていく。タテ・ヨコ・ナナメのいずれか一列を揃えることができればチャレンジ成功となる。
 チャレンジに成功すると『サクラ大戦』帝国華撃団・応援組の登録者から抽選で3名に非売品の販促ポスターがプレゼントされる。

チャレンジは無事成功!
 ナナメの一列を揃えることに成功したため、抽選で3名にポスターがプレゼントされることに! なお、対象者は『サクラ大戦』帝国華撃団・応援組に8月22日までに登録した方とのこと。

『新サクラ大戦』コミカライズ決定!

 週刊ヤングジャンプ41号(9月12日発売)にてコミック連載がスタートすることが明かされた。作画を担当するのは野口こゆり先生。ゲームでは神山からの視点だが、コミック版はさくら視点で描かれるという。

新キャラ“大帝国ゲキゾウ”が公開!

 帝劇の特命宣伝部長に任命された神山がマスコットキャラクターである通称ゲキゾウくんに変身! 宣伝活動を行って集客を激増させるため頑張る。キャラクターデザインを担当したのは杉森健さんで、コメントも公開された。

 デザインは、帝国劇場をモチーフにしているといい、レンガ造りや“帝”の文字などが確認できる。

 ゲキゾウくん(神山)と望月あざみが初対面するシーンも公開。

倫敦(ロンドン)華撃団“円卓の騎士”が公開!

 倫敦華撃団“円卓の騎士”のメンバーであるアーサーとランスロットに加え、霊子戦闘機“ブリドヴェン”が発表された。デザインを担当したのはBUNBUNさんで、コメントも公開。

普段は英国紳士だが、戦闘になるとスイッチが入り、攻撃的な性格に変貌する。ちなみに片野氏いわく、作中では出てこないがバンドをやっている設定とのこと。
考えるより先に行動するタイプ。二刀を用いて戦い、黒い衣装を身にまとうことから“黒騎士”とも称される。

次回はTGS2019のセガブースで4日間毎日新情報を公開!

 次回の“『サクラ大戦』”帝劇宣伝部通信”は東京ゲームショウ2019のセガブースにて、開催日の9月12日~15日の4日間毎日新情報が発表。チャンネル情報は近日更新予定のセガゲームス/アトラスTGS2019特設サイトをご確認ください。

※画像は配信番組をキャプチャーしたものです。