マーベラスから2019年9月13日に発売予定のNintendo Switch用メカアクション『DAEMON X MACHINA(デモンエクスマキナ)』(以下、『デモンエクスマキナ』)。発売がいよいよ迫ってきたということで、メカが大好きな本作の担当ライターが、動画とともに魅力をお伝えしよう。

なぜ傭兵として戦うのか!? すべては月の落下から始まった!

 まずは『デモンエクスマキナ』の世界観をチェックしておこう。本作の舞台は、月の半分が地上に落下し、文明が半壊した世界。月の落下は後に“目覚めの日/THE FIRST DAY”と呼ばれるようになり、この災厄によって世界には3つの変化が生じた。

 ひとつ目の変化は、落下した月の破片から、新たなエネルギー源“フェムト粒子”が発見されたこと。フェムト粒子は、強大なエネルギーを秘めており、人類はこれをめぐって争いを始めることとなる。

 ふたつ目は、人類の制御下にあったAIが突如暴走し、通称“イモータル”化したこと。イモータルは大小さまざまなものがおり、人類を排除しようと日々増殖を続けている。

 3つ目は、アウターの誕生。アウターとは、フェムトの影響で超能力に目覚めた人間のことで、その多くが外部装甲“アーセナル”を装着し、傭兵として戦っている。プレイヤーが操る主人公もそのひとりだ。

 メインとなるストーリーモードでは、アウターである主人公を操作して、フェムト粒子の確保やイモータルの排除、敵対アーセナルの撃破といった任務(依頼)をこなしながら物語の真相に迫っていく。

イモータルは、人類の支配下にあるほかのAIを汚染し、勢力を広げている。
超ド級のイモータルは、傭兵たちからギガント級と呼ばれている。そのパワーは桁違い!
さまざまな思惑が交差するメインストーリー“オファーオーダー”には、ランクが設けられており、各ランクのオーダーをすべてクリアーすると新たなランクが解放される。なお、一度クリアーしたオファーオーダーは再受注できないようだ。今回はプレイできなかったが、何度でもくり返し遊べるフリーオーダーというのも用意されている。

 アウターは、それぞれ“解放旅団”と呼ばれる傭兵集団に所属しており、個々で依頼を受けることもあれば、旅団のメンバーと複数人で依頼を遂行することも。そのため、戦場ではほかの旅団のメンバーと小隊を組んで動くことも多い。

任務前や戦闘中、さまざまな場面でドラマが展開される。つねに死と隣り合わせにいる傭兵ということもあって、どのキャラクターも曲者揃い! キャラクターを演じる声優陣もかなり豪華で、「メカはわからないけど、アニメは好き!」というプレイヤーにもオススメ!
真っ赤なアーセナルを操るクリムゾンロードを演じるのは池田秀一さん、漆黒のアーセナルを操るディアブロを演じるのは古谷徹さん。知っている人であれば思わずにんまりしてしまう組み合わせだ。ちなみに、本作でも何やら因縁めいた関係らしい。

思わずこだわりたくなるキャラクタークリエイト!

 本作の世界観を軽く知ってもらったところで、さっそく本編を始めていこう! 最初は、プレイヤーの分身である主人公のキャラクタークリエイト(以下、キャラクリ)から。まず驚いたのが、いじれる部位の多さとエディットパーツの豊富さだ。

 メカアクションゲームなのでキャラクリは簡単な感じかなと思っていたが、いい意味で裏切られた。性別、肌の色、髪、顔のパーツ、眉、目、傷・タトゥー、化粧、声帯(ボイス)、スーツといった項目が変更でき、各項目で選べるエディットパーツの種類も非常に多い。かなり自由度の高いキャラクリが楽しめる。

 これだけ作りこめるとなると、どうしてもこだわらずにはいられない。ぶっちゃけこの原稿を書くまで時間があまりないので、早くゲームをプレイしたいところなのだが……進まない! キャラクリ画面から先に進まない(笑)。

 エディットパーツと格闘すること数十分、ようやく完成! 非戦闘時はおっとりとした口調で穏やかな性格だが、戦闘になると口調が荒くなり、凶暴性が増す、そんな二面性があるキャラクターが完成(脳内設定)。パーツが多く自由度の高いキャラクリができるので、こうやって思い思いのアウターを作成できるのがありがたい。

 ちなみに……キャラクターの名前以外は、後で自由に変更可能(なんだって!?) なので「キャラクリに妥協したくない。でも早く本編を遊びたい!」という人でも安心なのだ!

これが筆者が作成したキャラクター! かわいいでしょ?
キャラクリが終わるとハンガーへ。ハンガーでは任務(オファーオーダーやフリーオーダー)の受注、アーセナルのカスタマイズ、ラボ(人体改造と外見変更)、マルチプレイへの接続などができ、本作のインターミッション的な役割を果たす。また、中央付近にはかわいらしいワンちゃんが!(でもなぜ犬がここに?)

華麗に戦うか、泥臭く戦うか、そこはプレイヤー次第! これがアーセナルの力だ!

 キャラクリという名の聖戦が終わったので、いよいよイモータルが跋扈する戦場へと出撃! 今回プレイしたのは、オファーオーダー(メインストーリー)で受注できるランクEのオーダー6種。ランクEのオーダーでは、アーセナルの基本操作を覚えつつ、世界観や各解放旅団の特徴などを知ることができる。

本作のグラフィックは独特のテイストで描かれており、爆発やミサイルなどのエフェクトにもかなりこだわっている。メカ好きは興奮し過ぎないように注意を!

 メカアクションゲーム=操作が難しい、そんなイメージを持つ人も多いかもしれないが、本作の操作は比較的シンプル。移動やジャンプ、上昇などの基本動作は直感的に行うことができる。素早く移動したい場合は、Rボタンでブーストを発動させよう。ブーストを使用するとスタミナゲージを消費するので使いすぎには注意。

 攻撃も簡単で画面の中央に敵を捉えれば自動的に敵をロックオンしてくれるので、使いたい武器のボタンを押すだけで弾が発射される。つまり「目標をセンターに入れてスイッチ」を心掛ければいいのだ! この画面にところ狭しと表示されるHUDもメカ好きにはたまらない!(オプションで表示するHUDはオンオフ可能)

ミサイルの場合は、敵を中央に捉え続けるとロックオン数が増加。この数値の数だけ、敵に向かってミサイルが飛んでいく。自動追尾なので移動する敵が相手でもミサイルを当てやすいのはありがたい。

 また、いちばん最初のオーダーをクリアーすると“グリムリーパーAT”というライフルが戦利品としてもらえる。このライフルは、敵をロックオンすると自動で弾が発射される優れもの! メカアクションゲームを遊んだことがない人は、この武器を装備しておけば、敵を捉えるだけで勝手に撃破してくれるので超オススメだ!

 本作の醍醐味は何といっても武器やアーマーの現地調達! メカ好きにはうれしい要素で、武器を装備していない場合や、アーマー(胴体、脚部、腕など)が破壊状態のときは、選択した装備をその場で換装できるのだ! なので「ちくしょー! 右腕がいかれちまった。あんたの右腕いただいていくぜ!」みたいなメカアニメで見たことがあるワンシーンを実際に戦場で再現できちゃう。ミッション開始前とミッション終了後でアーセナルの装備が部分的に変わっている姿は、戦場を生き抜いた感があってたまらない! 

 しかも拾った装備は自分のものになるので、帰還してからアーセナルをカスタマイズすることも可能。さらに、装備の能力はそれぞれ異なるので、オーダーを周回して武器やアーマーを集めるというハックアンドスラッシュの要素もあるのだ。こういう周回を飽きさせない作りは個人的には大歓迎!

撃墜したアーセナルから回収できる装備はひとつまで。回収可能な装備が複数ある場合は、慎重に選ばなければならない。

 さらに、戦場に設置されている道路標識や車両、アーセナル用のVP(体力)回復タンクを武器として転用することも。「これでも食らえぇぇぇ!」と、叫びながら拾った車両を投げつけたり、道路標識で敵をぶった斬ったりする泥臭い戦闘も楽しめる。個人的には、体を回転させながら勢いをつけてタンクを放り投げるモーションが好き(笑)。

使えるものはすべて使う! そんなハングリー精神旺盛なプレイヤーほど泥臭い立ち回りが楽しめるかも。弾の節約にもなるので戦場にあるものをどんどん活用していくといい。

『デモンエクスマキナ』プレイ動画【対イモータル編】

 アーセナルの周囲に展開されている“フェムト”を使った立ち回りも重要。攻撃力を高める“アサルトシフト”、機体の周囲にバリアを張り防御力を高める“シールドシフト”、移動速度を強化する“スピードシフト”、アーセナルの分身を複製する“ミラージュ”があり、これらを使いわけることで戦闘を優位に進められる。とくにミラージュは、分身も敵に攻撃を仕掛けてくれるので囮兼アタッカーとして活用でき、さまざまな場面でプレイヤーを助けてくれるのだ。

ミラージュを使用するとアーセナルが赤くなり、分身が出現。ミラージュの発動中は、フェムトゲージが減少していく。なお、フェムトゲージは使い切っても時間経過で回復するので積極的に使っていくといい。

『デモンエクスマキナ』プレイ動画【対アーセナル編】

 今回のプレイでは、最大4人で巨大ボスに挑む協力プレイモードも体験できた。とはいえ発売前なのでローカルプレイでNPCを連れての挑戦だったので、残念ながらクリアーにはいたらなかったが、自分よりも遥かに大きなイモータルとの戦闘は、興奮の連続だった。ひとりでもこれだけ楽しめるのだから、ほかのプレイヤーと協力して倒せたらもっと盛り上がるだろう。下の動画を見てもらえるとわかるが、とにかく敵がデカイ! ビームも桁違いのぶっとさ!

協力プレイ専用オーダー“ガンフォートRT:α破壊作戦”。定期的に自身を守るガードフィールドを展開するうえに、本体からは小型AIが続々と射出される。小型AIのせん滅と、本体が放つ攻撃の回避に追われ、敵の体力を全然削れなかった(汗)。
協力プレイ専用オーダー“スナッチャー調査任務”。爆走する列車型のイモータルを追撃するというオーダー。相手のスピードかかなり速く、あっという間に戦闘エリア外に逃げられてしまった……。

 先ほど少し触れたが、協力プレイモードでは、ストーリーモードを進めると開放される僚機(NPC)を、パーティーメンバーに加えることができ、1~3人のプレイヤーでも協力プレイが可能。なので「マルチプレイは苦手……」という人でも問題なく楽しめる。協力プレイモードは、インターネットを介したオンラインプレイと、ニンテンドースイッチを持ち寄ってのローカルプレイに対応しているぞ。なお、オンラインプレイを遊ぶには、“Nintendo Switch Online”への加入が必要(有料)なので注意して欲しい。

『デモンエクスマキナ』プレイ動画【対大型イモータル編】

多彩なパーツとカラーリングで自分だけのアーセナルを作れ!

 オファーオーダーでいくつか装備をゲットしてきたので、アーセナルのカスタマイズにも挑戦。アーセナルは、頭部、胴体、右腕、左腕、脚部の5つのアーマーとプロセッサー、右手、左手、右パイロン、左パイロン、ショルダー、オーグジュアリの6つの武器の計12の装備で構成されている。ここまで細かくカスタマイズできるメカアクションゲームはなかなかないので、こだわりが強い人は、キャラクリ以上に熱中してしまうだろう。

機体評価というカスタマイズの指標が用意されている。「どういう風にカスタマイズすればいいかわからない!」というプレイヤーは、この機体評価を目安に組むのがオススメ!

 アーマーの場合は耐久値に加え、個々の部位に応じた専用ステータスが存在。たとえば、胴体は飛行ブースト速度、腕は連射性サポート、脚部は地上ブースト速度といった感じ。耐久値だけではなく、それらの細かいステータスの増減も加味しながらアーマーを選択していく必要がある。武器の場合は、有効射程やダメージ、弾薬数、連射性能といったステータスがあり、自分の戦闘スタイルにあったものを選んでいこう。ちなみに装備は、ハンガーのショップや装備開発で新たに獲得することもできる。今回はゲットできなかったが、“アタッチメント”を装備に装着すれば性能の強化や、特殊能力の付与が可能だ。

カスタマイズしたアーセナルを、クラスデータに登録しておけばいつでも呼び出せる。任務の内容に応じてアーセナルを使い分けよう。また、試験場でアーセナルの動作確認をすることも。動かしながら納得が行くまでカスタマイズするといい。

 とりあえずゲットしてきた装備に換装したもののちょっと頭部が……。この頭部のアーマーがバッタに見えたので、あえて緑色をベースにしたバッタっぽいカラーリングに(笑)。テーマを決めてアーセナルをカスタマイズするのも本作の魅力のひとつと言える。それと、メカ好きにオススメしたいのが、プレビューモード。自分のアーセナルを眺めることができ、ポージングや背景の変更も可能! 戦闘中は背中ばかりなので、こうやって全方位から鑑賞できるのは超ありがたい!

プレビューモードは、プラモデルが好きな人にもオススメしたい!

アーセナルもアウターも強くなるけど、リスクがともなう人体改造!

 本作はアーセナルで戦うメカアクションゲームだが、戦闘中にアーセナルから降りて生身で戦うことも可能! しかし、初期状態では、敵をロックオンすることすらできないため、生身で積極的に戦いたいプレイヤーは、人体改造をしたほうがいい。というわけでヤバそうな匂いがプンプンする人体改造へ。

 人体改造は、ハンガー内にある注射の看板とサインポールが目印のラボで行える。お金を払うことで、頭部、上半身、下半身の3部位を強化でき、強化項目は下記のようなLV9までのスキルツリーになっている。習得する能力によって、アウターまたはアーセナルの性能が強化される。強化の方向性をアーセナル寄りにするか、アウター寄りにするかはプレイヤーの自由! 

 しかし!(ここが重要) 人体改造で強化できる能力のなかには、習得時に身体への影響が発生し、アウターの容姿が変化してしまうものも。とはいえ人体改造は攻略に必須というわけではなく、攻略を優位に進められる要素のひとつに過ぎないので、無理に改造する必要はない。

ビフォー
アフター

 でもせっかくなので、人体改造してみることに。頭のLV1を習得したらさっそく瞳に変化が……。なんか怖くなってる!(汗)。さらにLV3まで強化したら顔に不気味な模様がぁぁぁ!! これは……アウターの容姿にこだわる人にとっては辛い仕様かも。でも人体をいじくるんだからこれぐらいのリスクがあって当然か……。 

 今回のプレイでは、LV3までしか強化できなかったが、強化していくとどんな変貌を遂げるのか、早く見てみたいと思う自分がいた。なお、習得した能力とそれによって発生した容姿への影響は、お金を払えばリセットできるので安心して欲しい。

『デモンエクスマキナ』プレイ動画【アウター編】

 アウターでの戦闘はこんな感じ。生身と言っても拳ではなく、ビーム兵器を使って戦う。ダッシュ速度が速く、さすが特殊能力を持つアウターといったところだ。人体改造すればアーセナルなしで任務を完遂することもできるのだろうか?

装備の換装と収集、そして、アーセナルと人体のカスタマイズ! これぞ我々が待ち望んでいたメカアクションゲームだ!

 メカアクションゲームって、ちょっとマニアックなジャンル故に「メカが好きじゃないと遊べない」みたいに思われがちだけど、本作はそういったものを感じさせない作りになっているのがスゴイ。アーセナルの操作のしやすさも去ることながら、親しみやすいグラフィックと、個性豊かな傭兵たちが織り成す人間ドラマはさながらアニメを見ているようで「早くつぎの展開が見たい」と思わずオファーオーダーを進めたくなるほどだ。そういった点では、メカが苦手な人でも遊びやすくて、とっつきやすい作品に仕上がっていると感じた。

 でもそれ以上に本作は、メカ好きの人にプレイしてもらいたい作品でもある。戦場での駆け引きをリアルに感じられる装備の換装と収集は、本作の醍醐味であり、どんな性能の装備が入手できるのかというドキドキ感と、カスタマイズの幅が広がっていくワクワク感の両方を同時に楽しめる。さらに、アーセナルやアウターの性能を引き出すための人体改造によって、主人公が人ならざる者へと変貌していく過程も強化人間ぽくてたまらない! 

 ほかにも手強いアーセナルとの戦闘や小型兵器をつぎつぎと射出する巨大メカとの死闘、独特のグラフィック表現を極限まで活かした攻撃エフェクトなど、メカ好きであれば反応せざるを得ない要素がふんだんに盛り込まれている。

 また個人的にうれしいのが、このクオリティのメカアクションゲームを、持ち運んで好きな場所でプレイできることだ。移動中など、暇な時間を使ってコツコツと装備を集めながらストーリーを進められるのはありがたい! ローカルでの協力プレイにも対応しているので、友達と持ち寄って遊ぶこともできるし、ネット環境があればオンラインでも共闘が可能! ほかのプレイヤーと力を合わせて、巨大なイモータルに挑む協力プレイモードは、ローカル・オンラインに関係なく、盛り上がること間違いなし! このようにニンテンドースイッチの機能を最大限に活かした遊びが多数用意されているので、メカアクションゲームのプレイ経験を問わず、ぜひ遊んでもらいたい!