2019年8月3、4日の2日間、岐阜県岐阜市にて第3回“全国エンタメまつり”(以下、ぜんため)が開催中!

 本イベントは、2017年の第1回から毎年夏に開催されているゲームを中心としたエンターテインメントイベントだ。最新のゲームの試遊や物販など、さまざまな催しが柳ヶ瀬商店街及びその周辺で実施される。

 本記事では、第3回ぜんために出展されているバラエティー豊かな企業ブースの中から、注目のブースをピックアップしていくつか紹介する。

 なお、本イベントの会場全体の詳細なリポートや、長崎屋跡にて行われているメインステージの模様は、のちほど公開予定なのでそちらも要チェックだ。

1日を通して開催されているメインステージでは参加企業によるトークショーやミニライブなど、注目のプログラムが目白押しだ。
今回のぜんためではeスポーツイベントにも注目! ステージやブースで、観客としてもプレイヤーとしても楽しめる多彩な取り組みが行われていた。
柳ヶ瀬商店街周辺店舗とのコラボメニューは今年も健在! 目で見て楽しい、食べておいしいメニューが味わえる。

アークシステムワークス(柳ヶ瀬本通)

 柳ヶ瀬商店街の柳ヶ瀬本通にあるアークシステムワークスのブースでは、2019年に配信予定の“くにおくん”シリーズ最新作『River City Girls』、『ダウンタウン乱闘行進曲マッハ』が国内では初めて試遊展示! さらに、物販やガラポン抽選会なども用意されていた。

SNK(柳ヶ瀬本通)

 SNKブースでは、最新作の対戦格闘ゲーム『SAMURAI SPIRITS』で今後配信予定のキャラクター・リムルルをひと足先に体験できるほか、『ザ・キング・オブ・ファイターズXIV』や『SNKヒロインズ Tag Team Frenzy』なども試遊可能だ。

グランゼーラ(柳ヶ瀬本通)

 グランゼーラのブースでは横スクロールシューティング『R-TYPE』シリーズの最新作『R-TYPE FINAL 2』で操作できる機体の情報が初お披露目! 同作や『絶体絶命都市』シリーズなどのオリジナルグッズも販売中だ。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(CINEX地下)

 柳ヶ瀬本通の近くにある映画館、CINEXの地下に出展されたソニー・インタラクティブエンタテインメントのブースでは、『グランツーリスモSPORT』や『みんなのGOLF VR』といったVRタイトルが試遊できる。

屋内のため、涼みながら最新ソフトを体験できるのも魅力的。

任天堂(柳ヶ瀬本通)

 Nintendo Switchを模したモニターが目を引く任天堂ブースでは、Nintendo Switchで配信中のインディータイトルが多数試遊可能。大人から子どもまで、幅広い年齢層が足を止めてゲームに熱中していた。

ハムスター×HORI×G-MODE(柳ヶ瀬本通)

 柳ヶ瀬本通にはハムスター×HORI×G-MODEの3社も合同で出展。ハムスターの『アーケードアーカイブス』シリーズや『アケアカNEOGEO』シリーズの試遊が楽しめるほか、Nintendo Switchで今年中に発売を控えるG-MODEの『バーガータイムパーティー』もプレイできる。

 イベント中には、ブースからハムスターの公式ニコニコ生放送“アーケードアーカイバー”(https://ch.nicovideo.jp/hamch/live)も配信されているので、ファンは要チェック。

ブロッコリー(柳ヶ瀬本通)

 柳ヶ瀬本通にブースを構えるブロッコリーは、『うたの☆プリンスさまっ♪』のオフィシャルショップ“SHINING STORE”の出張版を出店! イベント限定グッズの販売や描きおろしイラストを使用した新発売のグッズも販売中だ。

Yostar(柳ヶ瀬本通)

 Yostarブースでは、同社が日本国内での運営を行うスマートフォン向けアプリ『アズールレーン』を扱った、縁日のような雰囲気の催しが楽しめる。さらに、夏らしい装いに身を包んだ艦船たちのパネルも展示!

 以上のブースのほかにも、第3回ぜんためにはインディーゲームや専門学校からの出展など、見どころがもりだくさん。会場はさながら祭りのような雰囲気で、ゲームファンのみならず、家族連れや近所から遊びに来た子どもたちの姿も多く見られた。実際に行くという人は、地域ぐるみで盛り上がる、ぜんためならではの活気を味わってみてほしい。