2019年8月3日に行われた“ドラゴンクエスト夏祭り2019”の、Nintendo Switch用ソフト『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』(以下、『DQXI S』)ミニステージにて、さまざまな最新情報が明かされた。

『DQX』の世界が2Dで描かれる!

堀井雄二氏も登壇し、『DQXI S』に関するさまざまなな新情報を初公開した。

 まず明かされたのは、『ドラゴンクエストX』の世界が、『DQXI S』に登場するという情報。

 “時渡りの迷宮”で、過去の『DQ』シリーズの世界に行くことができるニンテンドー3DS版『DQXI』では、『DQX』の世界は3Dで描かれていたため、『DQX』の世界が2Dで表現されるのは今回が初になる。

体験版配信決定!

 さらに、『DQXI S』の体験版が配信されることが決定! 

 実際にボイスが入った状態でプレイでき、どのような感覚なのか試すことができる。

 また、堀井氏が「プレイした人に何かご褒美をあげられないか」という提案を、体験版のマスターアップ前日に出し、きゅうきょ体験版プレイ特典が実装されたというエピソードも明かされた。

「製品版はもう上がっちゃていていじれないので、体験版でなんとか、何かできないかなって延々と話して(笑)」と語る、プレイヤーへのサービス精神旺盛な堀井氏。

 体験版の“冒険の書”は製品版にも引き継ぎ可能。さらに、体験版プレイ特典は“スキルのたね”であることも明かされた。

 配信日については明らかにされなかったが、「近々また発表できる」とのことで、続報が入り次第詳報する。

『DQライバルズ』とコラボ!

 続いて、iOS/Android/PCだけでなく、Nintendo Switchでも配信中の『ドラゴンクエストライバルズ』とのコラボ情報も発表。

 『DQXI S』の体験版を遊んだプレイヤーに、“ロトの血を引くもの【S】”という特別なカードがプレゼントされるという。

 さらに、コラボキャンペーンで英雄カード“ロトの血を引くもの”が『DQXI S』仕様になる。とくに“王女救出”のカードは“仲間救出”になり、演出も作り直されているとのこと。映像では、ベロニカやカミュを救出し、お姫様抱っこをするシーンが映し出されていた。

真島ヒロ氏デザインのカミュ新衣装が実装

 続いて登場した『Vジャンプ』のサイトーブイ副編集長が発表したのは、マンガ家の真島ヒロ氏によるカミュの新衣装。雪国にピッタリと合う“ノースレザースタイル”は、首もとのファーにこだわってデザインされたという。

真島ヒロ氏デザインのカミュ装備“ノースレザースタイル”。

ホメロスは仲間にならない

 以前行った“仲間にしたいキャラクター”アンケートでホメロスが1位になった。実際、これまでのシリーズ作品でも、ハードを移して新たに発売される際に仲間として追加されるということは行っていたが、今回、非常に多くのキャラクターへの熱い投票があり誰かを追加の仲間とすると「どうして○○ではなかったのか」という意見が出るとが予想される。

 また、物語の大筋も変わってくるという判断のもと、今回は「新しい仲間を増やすというより、新しい物語を体験してもらう」という方向性で開発を進めたそう。

 キャラクターが“あのあいだに何をしていたのか”というエピソードや、グレイグとホメロスの会話を増やしたりと、ストーリー面が強化されているという。

さまざまな“しばりプレイ”も追加。仲間もはずかしい呪いに

 さらに、『DQXI』では主人公のみが“恥ずかしがる(ランダムで不意に行動できなくなる)”というしばりプレイ要素を追加する事ができたが『DQXI S』では、仲間たちも恥ずかしがる呪いになる設定をすることができる。

 実際に、仲間たちが恥ずかしがっている新たなシーンも公開された。

 このほかに、敵キャラクターを強くするしばりや、“町の人にウソをつかれる”という、悲しいしばりプレイも(笑)。

 と、いったところで『DQXI S』にまつわるさまざまな新情報が明らかになったミニステージは終了。ミニと言いながら当初30分だった予定が40分ほどに延長して行われたステージは大いに盛りあがっていた。

※画像は配信動画をキャプチャーしたものです。