コスプレという愛の表現がある。

 ゲームやアニメに登場するキャラクターに扮する行為だ。キャラ愛を受け止めるべく、ネクソンのPC用オンラインRPG『マビノギ』において、メーカー公式のコスプレ撮影会が実施された。

 2019年7月13日、10人のコスプレイヤーが『マビノギ』の世界観にぴったりのスタジオに集結した。

いかにもゲーム内にに登場しそうな雰囲気。

 撮影会後は『マビノギ』について語り合う座談会が実施。トークテーマは事前に集めた意見をもとに決定され、司会進行は運用チームのPM阿曽沼氏とマスたまシェフ氏が務めた。

撮影会後、『マビノギ』愛(衣装)をまとったまま座談会が行なわれた。

コスプレの魅力からゲーム内への要望まで

 最初のお題はこちら。

 『マビノギ』をきっかけにコスプレを始めたという人は10人中3人。

 参加者を強く引きつける『マビノギ』コスプレの魅力は「衣装が売ってないところ!」だという。アニメやゲームなどで人気の一部キャラクターの中には、既製品の衣装が販売されているものもあるが、マビノギのコスプレイヤーはほぼ全員が自作派。「みんなが本当にたいへんな思いで衣装を作成していて、だからこそ努力が目に見えてわかるんです」と熱く語る。

 それほどまでに強い魅力を持った『マビノギ』×コスプレの楽しさ。コスプレする理由は“キャラ愛”と、全員の答えが一致した。魅力的なキャラクターが多数登場するので、アップデートが実装されるたびにコスプレしたくなるという意見もあり、本当に作品への愛が伝わってくる。「自キャラが好きすぎてコスプレを始めた」という声も。

コスプレイヤー同士の仲がいいのもポイントとのこと。

 『マビノギ』は自キャラのカスタマイズが自由なのが楽しい」と、参加者は口を揃える。たとえ同じ衣装でも、染色などでアレンジができるのが魅力だという。

 もちろん、参加者が愛してやまないのはキャラだけではない。ゲームシステムやストーリーも『マビノギ』の大きな魅力だ。用意された質問の中に、「好きなGeneration(メインストリームの物語)は?」というものがあった。

 ひとりの参加者は「話し出すと座談会の時間をすべて使い切ってしまう」とのことで、自粛していたのだが……。

本作のストーリーは“Generation”という単位で区切られている。Generation 23は2019年夏に実装予定。

 せっかくだから話しましょうと促されると、待ってましたとばかりに熱く語り出した。最近の『マビノギ』では丁寧にキャラクターを掘り下げており、「とくに(Generation 19の)“神の騎士団”を推したい、全人類に“神の騎士団”をやってほしい」とまで熱弁を振るう。

 お話も読みやすいし、翻訳がうまくまとまっていてキャラの口調も書き分けられているし、カメラワークも凝っているし……と推しポイントが濁流のようにあふれ出る。「この瞬間のために『マビノギ』をやっていたんだな……」と言わしめるほどだという。

オススメというより、もはや布教である。

 GMマスたまシェフ氏によると、プレイヤーはシナリオを読んでるのかなと不安になるときもあるが、翻訳には力を入れているとのこと。ただ韓国語を日本語に訳せばいいわけではなく、文字数の関係で表現が限られたり、文章のリズム感の調整が必要なこともある。

参加者の「めちゃくちゃ細かく読んでるよー!」という声を聞き、安心したに違いない。

 続いて、ゲーム内のシステムに関する要望の話題に。

既存のコンテンツが活性化するようなテコ入れがほしい。

 新しいコンテンツもほしいけど、実装済みのコンテンツを活性化させてくれたらもっと『マビノギ』を楽しめるのではないか、という意見だ。

 この意見に対し PM阿曽沼氏氏は「まさにそのとおりだと思います。ただ、昔のコンテンツを直してほしい人もいれば、新しいものを追加してほしい人もいる。全部同時にやるのは難しい状況です」とコメント。「開発側としてもその点は認識しているので、少し時間がかかるかもしれませんが、改善していきたい」と、前向きに検討していることが明らかになった。

 ちなみにGMマスたまシェフ氏によると、「毎月実施しているアンケートは開発陣もしっかりと見ているので、ぜひ意見を寄せてほしい」とのこと。

「この質問を入れたのは私です!」。
オフラインイベントに当選したことがない人を当選させてほしい。

 『マビノギ』は毎年のようにオフラインイベントを開催しており、基本的には抽選制だ。「フレンドにも抽選に落ちた人が多く、これまで1回も行ったことない人がいる。応募するのやめようかなって人もいる。すごく『マビノギ』好きな人が参加できていない状況がある」という意見だ。

 抽選は厳正に行っているので、運営としても悩みどころ。「本気度を見るために有料にするのもありかも、と思いつつ有料にするとダフ屋的な人が出てこないかという心配もあったり……」と、かなり苦慮しているようだ。

韓国で発売されているグッズを日本でも買いたいという意見。「大人の事情もあると思いますが」と、いろいろ察してくれている様子がうかがえる。

 韓国と日本では運営会社も体制も違うので、そのまま持ってくるのは難しい。それでも検討の余地はあるようで、「“韓国で発売されているグッズがほしい”だけでなく、“具体的にこういうグッズがほしい”という意見を聞いてみたい」と、PM阿曽沼氏氏は前向きだった。

 リアルのグッズにもいろいろあるが、このときの意見で盛り上がったのは、“ゲーム内に登場するちょっとしたアイテム”。たとえば、キャラが身に着けているアクセサリーが制作されたら人気が出そうだ。こういった意見は貴重なので、ぜひアンケートに書いてほしいとのこと。

韓国の運営で作成したオリジナル香水を手に入れたという参加者も。
くり返しになるが、意見を伝えるためにアンケートは大事。

 ユーザーがほしいものと言えば、これも外せない。

「LINEスタンプを作ってほしい」というパネルが出ると、参加者から大きなリアクションが。

 同じくネクソンが運営する『メイプルストーリー』でもLINEスタンプの制作実績はあるので、不可能ではないそうだ。とはいえ、どのキャラやメッセージを入れたら喜ばれるかなど、考えるべきことは山ほどある。

LINEスタンプがほしすぎて使用例のイメージを作ってしまった参加者。
「とにかく全部入れてほしい。もし“マビノギスタンプ第6弾”とかになっても全部買う」という声もあった。

 ほかに、「韓国のオフラインイベントに参加したい」、「コラボカフェを運営してほしい」など、ゲームの内外に関わらず多数の意見が飛び交った座談会。

 2005年4月に正式サービスが始まり、15年目に突入した『マビノギ』は、アツいファンに支えられている。コスプレという表現、そして運営側へぶつけられた意見・要望から、『マビノギ』へのあふれんばかりの愛を感じたイベントだった。

すてきなコスプレ写真集

 主催側のご厚意により、プロのカメラマンが撮影した写真を提供していただいた。すてきな作品をご覧ください。

アーテさん(オーラン)
エリーヴァさん(マーリン)
そーーださん(エレモン)
びーぼさん(クリステル)
よづさん(アルバン騎士団団長)
ルイルイさん(ナオ(黒服))
甘月ていさん(カーズウィン)
裟威さん(ダークルエリ)
石蕗らいしさん(ルウェリン)
藤堂さん(ミレシアン(チャンピオン))
コスプレイヤー同士の併せができるのも撮影会の魅力だ。

[2019年7月29日15時15分修正]
参加者のお名前とキャラ名に誤りがあったため修正いたしました。読者並びに関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。