塩とかコショウとか最初に言い出したのは誰なのかしら

 2019年7月24日、秋葉原にとあるイベントショップがオープンした。

 “↑↑↓↓←→←→AKIBA” ANNIVERSARY COLLECTION from KONAMI Limited Shop。KONAMIグループ創業50周年を記念した連動企画の一環だ。

 お店では、『グラディウス』シリーズや『悪魔城ドラキュラ』シリーズなど、KONAMIの歴史を彩った名作たちのグッズが販売されている。

※詳しくは以下の関連記事をチェック!

 数ある商品のなかでもとくに注目を集めているのが、『ときめきメモリアル』のヒロイン“藤崎詩織”の新グッズである“ときめきメモリアル 詩織の塩”だ。

“↑↑↓↓←→←→AKIBA” ANNIVERSARY COLLECTION from KONAMI Limited Shop。JR秋葉原駅中央口のすぐ近くにある。

 なぜ、塩なのだろう

 一説には“ゲームで攻略するのが非常に難しい藤崎詩織の、「いっしょに帰って、友達に噂とかされると恥ずかしいし……」というセリフに代表されるような、まだ仲よくなっていないときの【塩対応】にかけているのではないか”という意見や、“まさか藤崎シオリだから、なのか?”というダジャレ直球勝負説などもあるが、真相は定かではない。

 とにかく、本日オープンした“↑↑↓↓←→←→AKIBA”にさっそく行って買ってきたので、その詳細と味わいを紹介する。

し・お・り・の・塩!

 商品は、塩である。

本日発売になったばかりのピッカピカの新商品。

 高さ8センチほどの小びんに塩が入っていて、ラベルには藤崎詩織が頬杖をついて微笑んでいるイラストが使われている。さらに、キャップ部分には高さ5センチ弱の小さなアクリルスタンドがくっついている。

 だから、正確に説明すると“藤崎詩織小型アクリルスタンド付き塩”だ。

 調味料とアクリルスタンドの合体。すごい商品だ。

 ちなみにアクリルスタンド部分はキャップに両面テープのようなものでくっついているだけなので、塩を使い切ったら、スタンドだけ外して飾ることもできなくはなさそう(接着面はベタついていたりするのであまり推奨はしないけど)。

品質は折り紙付き。日本海からの贈り物

 裏面も見てみよう。

 製品の裏側には、成分表や産地について書かれている。名称の欄を見ると

  • 食塩
  • さくら花びら粉末

 と書いてある。さくら風味の塩、“さくら塩”という商品のようだ(蓋を取って匂いを嗅いでみると、確かに桜餅みたいな香りがする!)。

 産地は福井県丹生郡越前町、内容量は30グラム。製造元には“越前塩”という会社名が。その“越前塩”公式サイトを見てみると、“越前塩は数少ない純国産自然海塩のひとつです”との記載がある。

 新鮮で澄んだ海水を組み上げ、品質にこだわって作られた逸品なのだという。

 この塩ならば、あらゆるステータスを高く保っていなければいっしょに下校することもかなわないハイスペックガール藤崎詩織も納得してくれるに違いない。

いざ、実食

 それでは早速食べてみよう。

 黒い紙にパラパラと出すと、完全な真っ白ではなく、すこし色づいているのがわかる。

 塩自体に自然塩特有の色合いがついていて、塩のきらめきを感じる。塩には“さくら花びら粉末”が混ぜられているので、全体としてはほんのりピンク色になっている。

さくら花びら粉末を多めに集めて接写。わかるかな~?

 すこし指に取って舐めてみと……

 ……こ、これは!

 しょっぱい

 塩だからね。

 いや、ちょっと待ってほしい。そりゃそうだろ、と石を投げないでほしい。待ってください。痛い、痛い。

 もちろん、しょっぱいのだけど、ただ塩辛いだけではなくて、ごくわずかに、塩味の中に確かに、桜のやさしい香りがする。

 とくに、塩粒からピンク色の花びらを多めにすくい取るようにすると、塩味の中に、春の香りがふわりと甘く漂ってくる。

 そうだ、いまは春だったのだ。僕は今日入学した、このきらめき高校で、心ときめく青春の日々を過ごしていくのだ……かわいい幼なじみやあこがれの先輩、陽気な親友たちといっしょに、恋に勉強に、体育祭や定期テストといったイベントに、かがやく高校生活に全力投球だ……目の前にそんな情景がくっきりと広がっていく。

(※感想には個人差があります)

 口に入れた瞬間は塩辛いかもしれないが、じっくり味わうと、次第にやさしく甘い香りが立つ……この感覚はまさに、『ときめきメモリアル』で、難攻不落な藤崎詩織としだいに仲よくなっていくあのプレイ体験を想起させる。

 つまり、やはりこれは、藤崎詩織をイメージした塩、そう、“詩織の塩”という名にふさわしい製品に仕上がっているのだ!

 これが、これこそが詩織の塩だ!

詩織の塩だ!

いろいろな料理に使ってみよう

 我ながらやや強引な結論だったような気がしないでもないが、塩自体はしっかりしたメーカーのもので、味もいい。

 たとえばこの塩で天ぷらを食べたり、ステーキを焼く塩コショウに使ったりすると、素材の味とともにさくらの香りも引き立って、ひと味違った味わいを楽しめるのではないだろうか。

 ほかにも、この塩で塩ラーメンを作れば、それは“詩織の塩ラーメン”である。あるいは、塩こうじを作ればそれは“詩織の塩こうじ”だ。あるいは“詩織の塩漬け”やアイスクリームにふりかけて“詩織の塩バニラ”なんてスイーツ系もアリな気がする。

 サッとひと振りするだけで、すべての料理が藤崎詩織コラボメニューと化す。

 “ときメモラー”にとっては、もはや最強の調味料ではないだろうか……。

 夢が広がる“詩織の塩”は900円[税抜]。コラボショップ “↑↑↓↓←→←→AKIBA”は2019年8月5日までの期間限定オープンなので、『ときメモ』ファンは売り切れる前にぜひ購入してみよう。

 食べすぎて高血圧には気をつけてね。

ちなみに

 お店にはこのほかにも『ときめきメモリアル』各キャラクターのアクリルスタンドやTシャツなどのグッズも販売されています。

 公式Twitterリツイートキャンペーンで当たるかもしれない等身大POPも展示されているので、お近くの方は訪れてみては。

等身大でもかわいい藤崎詩織。こんなかわいい子に「噂されると恥ずかしい」と断られたりしたら、僕なら1週間は泣いて寝込む。