『ポケモンGO』が、スポーツ庁による“Sport in Life”プロジェクトのロゴマークをアプリとして初めて付与されることとなった。スポーツ庁が2019年7月1日に発表した“Sport in Life”プロジェクトは、生活スタイルの一部としてスポーツを取り入れることを奨励するもので、同プロジェクトに沿っている取り組みに関してはロゴマークが付与される。今回、『ポケモンGO』が多くの人に楽しく歩くきっかけを提供している点が、プロジェクトの趣旨に合致したために認定されたとのことだ。

 なお、『ポケモンGO』では、近い将来、日常的に歩くことを奨励するキャンペーンを考えているという。楽しみに続報を待ちたい。

以下、リリースを引用

『Pokémon GO』、スポーツ庁の『Sport in Life』の認定第1号に

 『Pokémon GO』は、本日、スポーツ庁による『Sport in Life』プロジェクトのロゴマークを初めて付与されたアプリになりました。

 スポーツ庁が7月1日に発表した『Sport in Life』プロジェクトは、生活スタイルの一部としてスポーツを取り入れることを奨励するもので、このプロジェクトに沿っている取り組みにロゴマークが付与されます。『Pokémon GO』が多くの方々に楽しく歩くきっかけを提供している点がプロジェクトの趣旨に合致したため、認定されたものです。

 『Pokémon GO』は、Nianticの『Adventures on Foot/歩いて冒険しよう』という企業ミッションに基づき、「探索をして新しい場所に出会う」「身体を動かす」「現実世界で他の人たちと関係を持つ」の3つを軸に、株式会社ポケモンと共同で制作されています。

 『Sport in Life』ロゴマーク付与は、日本を始め、世界各地のプレイヤー(ポケモントレーナー)の方々が『Pokémon GO』を楽しみながら、毎日歩き続けてくださっているおかげです。『Pokémon GO』では、近い将来、日常的に歩くことを奨励するキャンペーンを考えています。楽しみにお待ちください。

スポーツ庁『Sport in Life』について

 スポーツ庁は、成人の週1回以上のスポーツ実施率を65%程度まで引き上げるという目標を掲げています。その実現のため、「Sport in Life プロジェクト」を立ち上げ、スポーツを行うことが生活習慣の一部となる、そのような姿を目指し、一人でも多くの方がスポーツに親しむ社会を目指しています。

株式会社ポケモンについて

 ポケモンのブランドマネジメントを目的として設立。現在では、原点となる「ゲーム」をはじめとして、「カードゲーム」「TVアニメや映画などの映像作品」「グッズ」「タイアッププロモーション」「イベント」「直営店舗であるポケモンセンター」などを展開し、それらすべてをプロデュースしております。

Niantic, Inc.について

 Niantic, Inc.は、最先端の拡張現実(AR)とモバイル端末を通じて、今までに体験したことのないような冒険や発見、現実世界でのつながりを築く体験を作り出す企業です。Googleの社内スタートアップとして設立、2015年にはGoogleから独立し、Google Inc.、ポケモングループ、任天堂株式会社から資金調達を行いました。また、2017年にはSpark Capital、Founders Fund、Meritech、Javelin Venture Partners、You & Mr. Jones、NetEase, Inc.から2億ドルの資金調達を行い、Alsop Loui Partnersからも追加投資を受けています。2019年1月にはシリーズCでIVP、aXiomatic Gaming、Battery Ventures、Causeway Media Partners、CRV、Samsung Venturesから2.45億ドルの資金を調達しました。当社が開発・運営を手掛ける、リアル・ワールド・プラットフォームを用いたAR位置情報ゲーム『Pokémon GO』と『Ingress Prime』、『Harry Potter: Wizards Unite(ハリー・ポッター:魔法同盟)』は、App StoreまたはGoogle Playから無料ダウンロードできます。Niantic, Inc.に関する詳細情報は、www.nianticlabs.comをご覧ください。