大塚製薬株式会社は、2018年の熱中症による救急搬送者数が過去最多であったことを受け、熱中症へのさらなる理解と対策を啓発するため、健康飲料“ポカリスエット”とTVアニメ“はたらく細胞”とのスペシャルタッグを実現。アニメ“第11話 熱中症”のアナザーストーリーとして、“第11.5話 熱中症~もしもポカリスエットがあったら~”をポカリスエット公式サイトにて公開している。

以下、リリースを引用

健康飲料「ポカリスエット」、TVアニメ「はたらく細胞」が「熱中症対策」啓発コラボムービーを制作

アニメ「第11話熱中症」の世界にポカリスエットがあったなら!?新規カットを追加した「第11.5話」を無料公開。猛暑に必見!幅広い層へ熱中症への理解と対策をアナウンス

2018年は熱中症による救急搬送者数が過去最多…健康飲料「ポカリスエット」と体内細胞擬人化TVアニメ「はたらく細胞」がスペシャルタッグを組んだ!

 長年、熱中症対策に取り組んできた大塚製薬株式会社(本社:東京都)は、2018年の熱中症による救急搬送者数が過去最多※であったことを受け、熱中症へのさらなる理解と対策を啓発するため、健康飲料「ポカリスエット」とTVアニメ「はたらく細胞」とのスペシャルタッグを実現。 アニメ「第11話 熱中症」のアナザーストーリーとして、「第11.5話 熱中症~もしもポカリスエットがあったら~」をポカリスエット公式サイト(URLはこちら)で7月8日に公開します。

※総務省:平成30年(5月から9月)の熱中症による救急搬送状況より

アニメ「第11話熱中症」の世界にポカリスエットがあったなら!?新規カットを多数追加、ボイスも新たに収録した「第11.5話熱中症~もしもポカリスエットがあったら~」を制作

 TVアニメ「はたらく細胞」は、人間の細胞を擬人化した設定の話題作です。アニメ「第11話 熱中症」では、熱中症が起こるメカニズムを分かりやすく描き、熱中症と対策について紹介しています。今回、既存の第11話のアニメーションに新規カットを多数追加したオリジナルストーリーで「第11.5話 熱中症~もしもポカリスエットがあったら~」を特別に制作いたしました。大塚製薬は、本コラボムービーを通して、熱中症についての理解促進を図り、事前の対策を行う大切さを知ってもらうことを目的としています。

 また、本作のため、赤血球役の花澤香菜さん、白血球(好中球)役の前野智昭さん、血小板役の長縄まりあさん、ナレーションの能登麻美子さんをはじめ、TVアニメ「はたらく細胞」の声優陣が新規セリフを新たに収録しました。

概要

  • タイトル:TVアニメ はたらく細胞「第11.5話 熱中症~もしもポカリスエットがあったら~」
  • 原作:TVアニメ はたらく細胞
  • 公開日:2019年7月8日(月)12時
  • ポカリスエット公式サイトはこちら

ストーリー

 うだるような暑さに包まれた体内世界。

 発汗してもうまく体表冷却できない。

 異常な血流増加、上がり続ける体温……

 体内世界は「熱中症」の危機に陥る。

 この温暖化し続ける世界に、何か打つ手はないのか!?

 第11話では、危機に陥る体内世界で、汗腺センター隊長が雨乞いをするシーンがありますが、今回のコラボムービーでは、「ポカリスエット」乞いをするシーンに!

 ポカリスエットをモチーフにしたオリジナルの衣装や、体内世界を救いに来た「ポカリスエット戦艦」など、TVアニメ本編にはない本ムービーだけの新要素をぜひお楽しみください。

株式会社講談社「はたらく細胞」担当編集コメント

 ポカリスエットと「はたらく細胞」のスペシャルタッグが実現し、とても楽しいムービーになりました。ボトルのデザインを活かして、外部の世界からやってきた宇宙船のような形でポカリスエットを描いているのも、原作漫画の世界観にピッタリだと思います。見どころは、ギャグシーンと製品を両立させていた汗腺の隊長の儀式です。適切な水分・電解質補給で熱中症対策をして、楽しい夏にしてきましょう。

大塚製薬株式会社 担当者コメント

 大塚製薬はポカリスエット発売当初からさまざまなシーンにおける「水分・電解質補給の重要性」の訴求を行ってきました。現在も積極的に、子供や高齢者、職場での労働安全衛生等、さまざまなシーンにおける熱中症対策の情報提供を行っています。今回のコラボレーションを通して、熱中症や水分・電解質補給に関する情報をより多くの方に知っていただき、一人でも熱中症にかかる人が減ることを願っています。

【体内細胞擬人化アニメ「はたらく細胞」】

これはあなたの物語。 あなたの体内(からだ)の物語――。

人の細胞の数、およそ37兆個(新説)。細胞たちは体という世界の中、今日も元気に、休むことなく働いている。酸素を運ぶ赤血球、細菌と戦う白血球‥‥‥そこには、知られざる細胞たちのドラマがあった。誰もが共感できる、体内細胞擬人化ストーリー!

【スタッフリスト】
原作:清水茜(講談社「月刊少年シリウス」連載)
監督・構成・絵コンテ・演出:吉田隆彦・三室健太
キャラクターデザイン:吉田隆彦
プロップデザイン:三室健太
美術監督:若林里紗/美術設定:曽野由大・橋口コウジ・小池雄士/色指定・検査:水野愛子
3DCG監督:中島豊/撮影監督:大島由貴/編集:廣瀬清志 (サンジゲン) 編集助手:榎田美咲(サンジゲン)
音響監督:明田川仁/音響制作:マジックカプセル/音楽:末廣健一郎・MAYUKO
アニメーション制作:david production
原画:吉田隆彦・三室健太・玉置敬子・スタジオ・マスケット
第二原画:吉田隆彦・三室健太・スタジオ・マスケット・根本早織・遠藤柚衣
動画・仕上げ:スタジオ・マスケット/美術:アトリエPlatz/撮影:旭プロダクション
モニターグラフィックス:J.C.STAFF/ オフライン編集:エディッツ/音響効果:上野 励/録音:根岸信洋
録音助手:岡田奈都美/音響制作担当:田中理恵/オンライン編集:キュー・テック・井上龍一

【キャスト】
赤血球・・・・・・・・花澤香菜
白血球(好中球)・・・前野智昭
血小板・・・・・・・・長縄まりあ
先輩赤血球・・・・・・遠藤 綾
白血球(4989)・・・・熊谷健太郎
汗腺細胞隊長・・・・・江越彬紀
汗腺細胞隊員女1・・・貫井柚佳
汗腺細胞隊員女2・・・河村梨恵
汗腺細胞隊員男1・・・梶原岳人
汗腺細胞隊員男2・・・宮崎 遊
汗腺細胞隊員男3・・・梶原岳人
血小板1・・・・・・・石見舞菜香
赤血球男1・・・・・・小林千晃
赤血球女2・・・・・・春野 杏
赤血球男3・・・・・・小林千晃
赤血球女3・・・・・・森永千才
赤血球男4・・・・・・柳田淳一
赤血球男8・・・・・・梶原岳人
赤血球男9・・・・・・鍛冶本大樹
赤血球男10・・・・・鈴木崚汰
赤血球男11・・・・・笠間 淳
赤血球男12・・・・・佐藤健輔

ナレーション・・・・・能登麻美子