『戦国BASARA 真田幸村伝』(以下、『真田幸村伝』)から約3年。ファン待望のシリーズ最新作が、カプコンから2019年6月24日にiOS/Androidで配信された。プレイヤーは“国主”となり、案内人の新キャラクター“出雲阿国”とともに、好きな武将を率いて天下統一を目指すのだ。

※本記事は、週刊ファミ通2019年7月11号に掲載されたものを増補改訂したものです。

 プレイヤーの頼れる案内役として、天下統一を側で支える出雲阿国。本作が初登場となる、新キャラクターの阿国は、どのような経緯で誕生したのか。稲葉プロデューサー、山田ディレクターの両名に加えて、阿国に命を吹き込んだ声優の水瀬いのりさんにインタビューを実施。阿国の誕生秘話や、演じるうえで意識したことなどをうかがった。

水瀬いのりさん(みなせ)

声優

稲葉 剛氏(いなば ごう)

プロデューサー

山田倫之氏(やまだ ともゆき)

ディレクター

左から、水瀬さん、稲葉氏、山田氏。

案内役の出雲阿国を水瀬さんが熱演!

――まずは、水瀬さんが演じられた出雲阿国がどんな人物なのかを教えてください。

稲葉 阿国は、本作で初登場となる完全新規のキャラクターで、プレイヤーの案内役です。

山田 歴史上は歌舞伎の創始者として知られていますが、本作では旅の踊り子という設定です。諸国を周っていたところを戦乱に巻き込まれてしまい、プレイヤーである国主に助けられたのを縁に、案内役としてサポートしてくれるようになります。年齢はまだ若いのですが、各地の諸事情に詳しい情報通なんですよ。

――阿国は、かわいらしい見た目も印象的ですよね。デザインのコンセプトは?

稲葉 デザインは、10代の元気な女の子を表現したいと思いました。幅広い層のユーザーがプレイすることも考えて、年齢に関係なく好きになってもらえるように意識もしています。

――なるほど。新キャラクターの阿国役に、水瀬さんを抜擢した理由もお聞きしたいです。

稲葉 もともと『戦国BASARA』シリーズは、個性的で実力派の声優さんに数多く出演してもらっています。皆さんの中に新たに加わっても、負けない人にお願いしたいと考えていました。いろいろと検討する中で、水瀬さんがこれまで演じられた役なども拝見し、阿国役に水瀬さんを選ばせていただきました。

山田 阿国は案内役なので、楽しげな場面での登場が多い一方、戦場での緊迫感や力強さもぜひ表現したいと考えました。水瀬さんならこれまで数多くのキャラクターを演じていらっしゃいますし、和の雰囲気にもなじむ声だと思ったので、ぜひ阿国を演じて欲しいと思いました。

――稲葉さんたちの熱心な働きかけで、阿国役が水瀬さんに決まったと。水瀬さんはもともと『戦国BASARA』シリーズはご存じでしたか?

水瀬 もちろん知っていました。シリーズ作が好きな女の子の友だちも多いですから。それもあって、どちらかと言うと男性キャラクターがたくさん登場する作品のイメージが強かったので、そこに自分が参加するのは新鮮でしたね。

――阿国に対する第一印象を教えてください。

水瀬 演じるキャラクターの名前を聞いたときは、個性的なキャラクターが多い作品なので、どういったポジションで物語に絡むのか。世界観はもちろん、阿国の年齢なども気になったのを覚えています。実際に演じるときは、国主のプレイヤーを支えて寄り添っていくということで、変に背伸びをせずに、等身大の女の子らしく演じるように心がけました。いい意味で、既存のキャラクターとは違ったテイストの女性キャラクターになったのかなと思います。

――演じるときにほかに意識したところは?

水瀬 見た目がかわいらしくて、楽天的なセリフが多いんですけど、ちゃんと頼りがいのあるキャラクターなんです。プレイヤーを鼓舞して支えてくれるところもあるので、「がんばってください」というセリフでも精神年齢が高いと感じましたし、戦国時代を生きる女性の芯の強さも感じました。ちょっとしたセリフからでも、阿国が戦場のきびしさをちゃんと知っていることを感じてもらえるよう、意識して演じました。

――阿国のかわいい一面はもちろん、頼もしい一面も楽しめそうですね。

水瀬 あとは、男性キャラクターが多いぶん、女性のファンが多い作品だと思っていたので、女性ファンにも好きになってもらえるようにしたいと考えて演じました。ただ、阿国はもともと女性にも好かれやすい子だったので、必要以上にかわいくしようとはしていません。あくまで天真爛漫に、自然な演技を心がけました。

――阿国を演じるうえで苦労したことがあればお聞きしたいです。

水瀬 阿国はプレイヤーのことを「国主様」と呼ぶのですが、「国主」は口なじみがない言葉だったのと、セリフのパターンが多かったので、言い慣れるまでたいへんでした。ただ、国主に対する汎用的なセリフの中にも、国主への思いや喜怒哀楽の感情が込められていて、色濃く表現できたかなと思います。あとは、阿国は擬音をそのまま口にすることがあって……。

稲葉 ピコーンやキュピーンといったセリフがありますね(笑)。

水瀬 そうなんです(笑)。ほかにも歌舞伎の掛け声っぽい「よぉ~!」や、太鼓のような「どんどこどん」というセリフもありましたね。これまであまり言ったことのセリフだったので少し戸惑いましたが、純粋にかわいいと思ってもらえるように演じたので、ぜひ聞いてほしいです。

稲葉 先ほどもお話ししたように、阿国には歌舞伎の創始者として有名でしたので、ユニークなセリフも用意しました。

――セリフと言えば、システムボイスも収録されたのですか?

水瀬 はい。システムボイスも収録しています。いろいろ収録したのですが、とくにカプコンさんの名前を言えたのがうれしかったです(笑)。

一同 (笑)。

――あぁ、タイトル画面などで会社名を言うセリフですね(笑)。

水瀬 はい。会社の名前を呼ぶ機会は多いのですが、阿国として「カプコン」と言うのはすごく貴重な体験ができたと思います。

――ほかに印象に残っているセリフがあれば教えてください。

水瀬 特定のセリフではないのですが、国主様に呼びかけるセリフが印象に残っています。「~ですよね?」や「~ですね~」といった呼びかけるセリフが多くて、収録中はずっと投げかける演技が続きましたね。

稲葉 ゲーム内のキャラクターがプレイヤーに話しかけるというのは、『戦国BASARA』シリーズで初の試みになります。そういう意味でも、楽しんでもらえるのではないでしょうか。

水瀬 ただ、途中でテンションが落ちると普通のセリフでも意味深に聴こえてしますので、テンションを保ちながら国主様に優しく語りかけるイメージで収録に臨みました。

――案内役ならではの苦労もあったのですね。

水瀬 セリフが多いぶん、いろいろな阿国に会えると思います。プレイヤーに向けたセリフが多いぶん、今回はキャラクターどうしの掛け合いが少なかったので、機会があれば、キャラクターの掛け合いも収録してみたいです。

――水瀬さんがとくに掛け合いをしてみたいキャラクターは?

水瀬 学生時代、アニメを見たときは上杉謙信が気になりました。「男性? 女性? どっちなんだろう」って。ほかにも気になるキャラクターは多いのですが、あえてひとりを選ぶなら、私の事務所の社長(森川智之さん)が演じている片倉小十郎で(笑)。いつかキャラクターどうしでも共演してみたいです。

――阿国と小十郎の共演は楽しみですね(笑)。最後にメッセージをお願いします!

水瀬 本作からシリーズ作に関わった私自身、わからないだらけのところからゲームを始めるのですが、初心者の方のために阿国がいます。初心者の方も安心ですし、既存キャラクターの新規ボイスなど、ファンの方が楽しめる要素も満載なので、遊んでもらえるとうれしいです。

稲葉 『戦国BASARA』シリーズの新作を、久しぶりにリリースして遊んでいただけるのは非常にうれしいです。本作は初のスマホ向けタイトルということで、これまでとはゲーム性が大きく変わりますが、スマホに合わせた『戦国BASARA』の爽快感、世界観のおもしろさを表現できたと自負しています。シリーズ歴代の武将が参戦しますし、オリジナルのストーリーも用意していますので、ぜひインストールしてプレイしてください。

山田 これまでのシリーズ作品と同じく、登場する武将はみな非常に個性が強いです。そんな彼らをしっかり育成して、強くできるコンテンツを用意しました。お気に入りの武将に愛を注げますし、育てた武将を組み合わせて最強のパーティーを考える楽しみもあります。戦略性の高いタイトルになっていますので、プレイヤーどうしで腕を競い合ってほしいです。