2019年6月11日~13日(現地時間)の期間、アメリカ・ロサンゼルスで開催されたE3 2019。本イベントにて、まだベールに包まれている2020年春配信予定の『ソニック AT 東京2020オリンピックTM』について、ディレクターである笠原英伍氏にインタビューを実施。どのようなゲームなのか、なぜスマートフォンタイトルとして展開するのかなど、気になる情報を深掘り。本作の詳細が徐々に明らかに。

本作のディレクターを務める笠原英伍氏。

――まずは、Nintendo Switchにて発売予定の『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピックTM』のほかにもうひとつ、スマートフォン向けのオリンピックタイトルを開発することとなった経緯、また『ソニック』シリーズ単体での開発となった理由をお教えください。

笠原 日本でのオリンピック開催ということで、セガが全プラットフォームで、オリンピックを題材としたゲームを発売できる権利を取得したのが、開発の発端になります。また、初のスマートフォン向けのオリンピックタイトルになるので、セガの代表的なキャラクターであるソニックで勝負したいというのが、『ソニック』シリーズでの開発となった理由です。簡単操作で、誰でもスピード感を出せるゲーム性を目指しています。

――数あるプラットフォームの中でも、スマートフォン向けタイトルにしたのは、やはり各国で配信できるというのが理由なのでしょうか。

笠原 そうですね。家庭用ゲームは、そのハードが売っている地域の人しか遊べません。しかし、スマートフォンですと、ハードが売っていない地域でも、幅広い年齢層の人に遊んでいただけます。そのような理由で、スマートフォンでの開発に挑戦することにしました。

――なるほど、世界中の人が同時に体感するオリンピックならではの展開なのですね。本作は、どのようなゲーム性になっているのですか?

笠原 基本は、ストーリーに沿って進めるようになっています。もちろん、オリンピックの開催地とおなじく、舞台はおもに東京です。浅草などの東京の名所がマスになっており、マスごとに競技が設定されています。競技をクリアーすれば、マスを進められるとともに、ストーリーも進行します。ストーリー的には、東京の名所がエッグマンに占領されており、その名所で競技に勝利して、エッグマンから場所を取り返す。というものですね。

――キャラクターはどれくらい登場するのでしょうか?

笠原 なるべく『ソニック』シリーズの中でも、たくさんのキャラクターを出したいとは考えています。最初に遊べるキャラクターはソニックで、ストーリーを進めるごとに、ナックルズやテイルスも追加されていくような形式です。

――競技に関しては、どのような操作感なのかが気になります。

笠原 先ほども申し上げましたが、“ソニックならではのスピード感をだしたい”というのが、本作のポイントのひとつです。たとえば、ハードル走などは、基本はオートランで、タップでジャンプをしてハードルを飛び越えるという、簡単な操作です。ハードルを飛び越えるごとにスピードが上がっていきます。

――たしかに、誰でも手軽に遊べそうですね。

笠原 通常のコースのほかにも、さらに難しい“エクストラ競技”というものも用意していますよ。ジャンプ台などのステージギミックの変化で、バリエーションを出しています。また、本作では“ワールドランキング”を用意しているので、タイムは人によって幅が出るような作りかたをしています。

――ソーシャル要素としては、ワールドランキングが主なコンテンツに?

笠原 そうですね。基本はランキングと、もうひとつあります。本作は191カ国で配信するのですが、各国のプレイヤーに、自分のタイムを挑戦状として送れるようにするシステムを予定しています。いわゆる、ゴースト対戦ですね。それに勝利すると、相手の国の国旗がもらえます。191カ国の国旗を集めるのも、本作のひとつの目的です。

――なるほど、それはやり応えがありそうですね。また本作の課金形式についてもお聞かせください。

笠原 基本無料ですが、課金については買い切り形式です。最初は無料で遊べるエリアがあり、その続きが気になる方には、本作を購入いただいて、最後まで遊んでいただく。というかたちになっています。

――ちなみにストーリーのボリュームはどのくらいなのでしょうか?

笠原 やりこみ具合にもよるとおもいますが、たとえば競技のタイムによって、メダルがもらえるのです。それをコンプリートするとなると、それなりの時間はかかると思います。

――先ほどお話に合った、国旗のコンプリートなどを目指すとなると、もっとやりこめそうですよね。競技の種目としては、どのようなものがあるのでしょうか。

笠原 15種目以上+エクストラコースを想定しています。また、エリアの観光名所によっては、競技とは関係のないミニゲームも用意しているので、バリエーションはかなりあると思いますね。

――観光名所など、海外の方に日本を知っていただくキッカケのタイトルになりそうですね。

笠原 そのつもりで作っています。背景やストーリーなどでより日本に親しんでいただき、東京2020オリンピックも楽しんでもらえればと。ちなみに、マップの観光名所には、マメ知識なども用意しています。

――日本観光の参考になりそうです。また、スマートフォンアプリとのことで、東京2020オリンピック現地との連携などは予定されているのでしょうか。

笠原 一応、アイデアはあります。オリンピックのメダル取得状況などをアプリ上で知られたらいいですよね。ただ、実現できるかどうかは今後要検討です。

――今後の展開も楽しみですね。つぎに本作の情報が出るのは、いつごろになりそうでしょうか。

笠原 リリースはまだ先ですが、TGS(東京ゲームショウ)で新たな情報をお出しすべく、制作を進めています。ただ、現在開発中のため、前後する可能性はあります。

――笠原さんが開発の中で、とくに注力している部分はありますか?

笠原 どの競技に関しても、遊び応えがある調整を心掛けています。個人的には、実際の東京2020オリンピックでの、バトミントンの日本の選手への期待も込め、力を入れています(笑)。

――最後に、本作を心待ちにしているファンの皆さんへメッセージをお願いします。

笠原 家庭用ゲームのノウハウを、スマートフォンタイトルによりよく落とし込むため、日々開発を進めています。どの競技も簡単操作で遊び応えのあるものにしたいですね。“いいもの”に仕上げますので、ぜひ期待していてください!