“TFT”は通常のサーバーにも近日中に実装

 『Dota Auto Chess』の登場により、2019年初頭頃から一気に注目が集まり始めた、“オートバトル”という新たなジャンル。

 多くのライアターもこのジャンルの虜になり、「『リーグ・オブ・レジェンド』(以下、LoL)の世界を舞台にしたらどんなゲームが生まれるだろう?」と考えるようになったそうです。

※ライアター:『LoL』を提供しているライアットゲームズのスタッフのこと)

 “チームファイト タクティクス”(以下、TFT)は、まさしくそんな思いが形となったゲームモード。現在は、PBE(テストサーバーのこと)でに実装されており、世界中のプレイヤーが殺到。私もオートバトルが大好きで、2019年6月10日にTFTが発表されてからは「いち早く遊びたい!」と思っていた『LoL』ファンのひとりだったのですが、ログインの待ち時間が13時間と表示されたときは、目を疑いました。

 ちなみに、“TFT”は近日中に、ふつうのサーバーでも実装される予定です。オートバトルのジャンルに興味がある方は、いまから『LoL』をインストールしておきましょう。

混雑がピークのときは、なんと待ち時間30時間オーバーの表示が……。すごい注目度の高さですね!

マウス操作のみで遊べて初心者にも優しい

 “TFT”は、『Dota Auto Chess』などのオートバトル系のゲームに触れたことがあるプレイヤーなら、説明なしでもすぐに遊べる、王道の作りになっています。オートバトルを知らない方にゲームのルールを簡単に説明すると以下のとおり。

 『LoL』のほかのモードと違い、マウス操作だけで簡単に遊べるので、オートバトルを未経験のプレイヤーでも遊びやすいです。

【1.】ゲームを開始し、対戦相手とマッチング
 (“TFT”の場合は総勢8名で戦います)

【2.】ゴールドで駒を購入

【3.】駒を盤面に配置

【4.】ランダムで決まった対戦相手とのバトルがスタート
 (駒は自動で動きます)

【5.】制限時間内に相手の駒をすべて倒したプレイヤーが勝利し、敗北したプレイヤーのライフが減る

2~5の流れをくり返し、ライフがゼロになったプレイヤーから脱落。最後までライフが残っていたプレイヤーが優勝

バトル開始前の準備画面はこんな感じ。ゴールドは、チャンピオン(駒)の購入以外にも、プレイヤーの経験値を増やしたり、買えるチャンピオンのラインナップを変えたいときにも使えます。限りあるゴールドの運用手腕が、何よりも大事なポイントです。ゴールドのところにカーソルを動かすと、収入の予想が表示されます。
チャンピオンには複数の属性が設定されていて、同じ属性のチャンピオンを一定数盤面に出すと、さまざまな効果が発動。この効果を活かせるような組み合わせを考えるのが、とても楽しいです。ただ、買えるチャンピオンはランダムで決まるので、ほしいものがなかなか来なくてやきもきすることも……。発動している効果は、画面左に表示。カーソルを合わせると内容も確認できます。
盤面に配置できるチャンピオンの数は、プレイヤーのレベルに比例。対戦のたびにレベルは1からスタートし、バトル終了時やゴールド購入で得た経験値が一定値を超えるたびにレベルが上がります。また、チャンピオンにもレベルがあり、同種のチャンピオンを3つ揃えると合体し、レベルが上昇。ステータスと使用するスキルの効果がアップします。
バトル中のチャンピオンの動きには関与できないので、基本的には見ているだけです。配置に改善の余地があるか、入手したアイテム(下で説明します)を誰に与えるかなど、考えることはたくさんありますし、バトル中もチャンピオンの購入、売却ができます。
対戦中、定期的にNPCとのバトルのステージが設けられていて、そこで出現する敵を倒すと、アイテムが手に入ることがあります。入手したアイテムは、最大で3種類までチャンピオンに装備させられます。アイテム2種を合成し、より強力な効果を持つものにパワーアップさせる、といった要素もあり、誰にアイテムを持たせるかによって勝敗が左右されることも!
対戦終了時には、ほかの相手が集めていたチャンピオンの構成が見られます。プレイヤーの最大レベルは9なので、配置できるチャンピオンの最大数も基本的には9なのですが、アイテムの効果で配置可能なチャンピオンの数が増やせたりも。8人で戦うので、3位まで入賞できれば、十分な戦果と言えるでしょう。

ドラフトラウンドでの交流が楽しい

 TFT独自のシステムに、“ドラフトラウンド”というものがあります。ドラフトラウンドでは、対戦相手が一同に会して、チャンピオンのドラフト(選抜すること)を行います。

 手順は簡単で、プレイヤーの分身であるリトルレジェンドを操作して、ほしいチャンピオンに触れるだけ。リトルレジェンドは、踊る、挑発する、などのエモートが使え、ほかのオートバトルにはない“みんなで遊んでいる感”が味わえます。

チャンピオンの回転寿司を物色するリトルレジェンドたち。見た目はほんわかしていますが、早いもの勝ちなので人気のチャンピオンをゲットするのはなかなかたいへん。
2回目以降のドラフトラウンドでは、順位が低い順から動けるため、負けているプレイヤーにも逆転のチャンスが生まれやすいです。

“あと1回”が止まらない!

 私が遊んだのはPBEでのテストプレイですし、まだまだ荒削りな面はあります。ですが、ドラフトラウンドやエモート、チャットなど、ワイワイ楽しく遊べる点はTFTならではで、すごく気に入っています。

 もちろん無類の『LoL』好きでもあるので、おなじみのチャンピオンで違うジャンルのゲームを遊べる、という喜びも大きいです。消費カロリーが少なめで、勝っても負けてもつぎのゲームを遊びたくなる、オートバトル特有のおもしろさも十二分に兼ね備えています。

 正式な実装も目前ということなので、重ねて言いますが、いまから『LoL』をインストールして準備を整えましょう。TFTで、『LoL』の人口がさらに増えてくれるといいな!