1996年より講談社"ヤングマガジン”にて連載が開始され、シリーズ累計発行部数2100万部を超える大ヒットコミック『カイジ』。今回、原作者・福本伸行によるオリジナルストーリー&シリーズ最終章として『カイジ ファイナルゲーム』の公開が決定した。

以下、リリースを引用

アイツが帰って来る― カイジ ファイナルゲーム

主演・藤原竜也の超人気シリーズが9年ぶりにスクリーンに復活!
原作者・福本伸行による完全オリジナルストーリーに、福士蒼汰・関水渚・新田真剣佑・吉田鋼太郎ほか豪華俳優陣が集結!

 1996年より講談社「ヤングマガジン」にて連載が開始され、シリーズ累計発行部数2100万部を超える大ヒットコミック「カイジ」。連載開始から23年たった現在でも「ヤングマガジン」の読者ランキング上位を誇る異例の人気原作となっています。
 また、過去に公開した映画シリーズ2作、『カイジ 人生逆転ゲーム』(2009年公開、22.5億円)・『カイジ2 人生奪回ゲーム』(2011年公開、16.1億円)は共に大ヒットを記録し、日本を代表する超人気シリーズとなりました。今でも色褪せぬ知名度と人気を誇る本シリーズが、この度、今最も旬な実力派俳優陣を加え、オリジナルストーリー&シリーズ最終章として9年ぶりにスクリーンに帰って来ることが決定いたしました!!

 監督は過去2作でもメガホンを取った佐藤東弥が続投。「カイジ」の強烈な世界観を再びスクリーンに甦らせます。また、「限定ジャンケン」「鉄骨渡り」「Eカード」「沼」など、『カイジ』シリーズの象徴とも言える斬新なゲームがこの作品の見どころの一つとなっていますが、今回の最終章では、原作者・福本(ふくもと)伸(のぶ)行(ゆき)自らが脚本に携わり、オリジナルストーリーを考案。原作にはない全く新しい4つのオリジナルゲーム【バベルの塔】【最後の審判】【ドリームジャンプ】【ゴールドジャンケン】が登場します!カイジに立ちはだかる4つのゲームとは?過去作で観る者すべてを魅了した数々のゲーム同様、原作者渾身の手に汗握る展開が待っています。

 本作の主演を務めるのは、これまでの『カイジ』シリーズ全作品で主演を務め、映画・ドラマ・舞台と幅広く活躍する演技派俳優・藤原(ふじわら)竜也(たつや)。いつも借金まみれのダメ人間・カイジを9年ぶりに熱演します。「今回も福本先生の「カイジ」の世界観に度肝を抜かれました。『カイジ』では一般的なレベルの温度の芝居では通用しない。脳みそが疲れるくらい大変でしたが、ここまでやっていいのかってぐらいてんこ盛りですので期待して下さい。」と語るなど、並々ならぬ覚悟でカイジという役柄に向き合い、過酷な撮影に臨みました。

 また本作からの新キャストとして、数多くの作品で注目を集める若手実力派俳優・福士蒼汰(ふくしそうた)。注目度急上昇中の若手女優・関水(せきみず)渚(なぎさ)。数多くの大ヒット作品に引っ張りだこの大人気俳優・新田(あらた)真剣(まっけん)佑(ゆう)。そして、様々な作品で強烈なインパクトを残す名優・吉田鋼(よしだこう)太郎(たろう)の4名が出演することに!シリーズ最終章にふさわしい、豪華俳優陣が集結いたしました!

 今作でカイジを待ち構える試練とは?その未来にあるのは天国か地獄か?クセが強すぎる登場人物や驚きの展開に日本中が再び“ざわ…ざわ…”すること間違いなし!撮影はすでに終了しており、現在ポスプロ作業中。この先行きの見えない新時代。平成から令和へと移り変わる今だからこそ、カイジならではのメッセージを全ての日本国民に投げかけます!映画『カイジ ファイナルゲーム』は2020年1月10日(金)全国東宝系にて公開予定。シリーズ最終章にふさわしい、日本中を震え立たせる大ギャンブルに、ぜひご期待ください!!

登場人物/キャスト

カイジ:藤原竜也(ふじわらたつや)(37)

■藤原竜也 コメント
日常ではなかなか経験できない世界を描いていて、日頃抱えている社会に対する想いなどを代弁者のようにスッキリ見せてくれるのが「カイジ」。今回も原作の福本さんの世界観を見事に表現してくれていて、度肝を抜かれました。一般的なレベルの温度での芝居をしていたら「カイジ」の世界では通用しないので、脳みそが疲れて大変でしたが(笑)、新キャストの方々のいろんな才能と交われたのが非常に面白かったです。今回は展開が盛りだくさん。ここまでやっていいのかってぐらいてんこ盛りなので、ぜひ期待して観に来て欲しいです。

高倉浩介(たかくらこうすけ):福士蒼汰(ふくしそうた)(26)

■福士蒼汰 コメント
あのカイジの世界に自分が入れるなど考えてもいなかったので、出演のお話を頂き、身の引き締まる思いを抱きました。緊張感のある作品ですが、現場はチーム一体となり和やかな雰囲気もあって、カイジに関わるみなさんが温かく迎えてくださったことに感謝しています。
藤原さんとの共演は夢でもあったのですが、実際に現場でご一緒させていただいて、学ぶことがたくさんありました。Final Gameの名前に相応しい作品になっているのではと思います。是非、楽しみにお待ちください。

桐野加奈子(きりのかなこ):関水渚(せきみずなぎさ)(20)

■関水渚 コメント
一作目のカイジが公開された時、私はまだ小学生で、面白くて仕方がないカイジの続編に将来自分が携わることができるなんて夢にも思いませんでした。主演の藤原竜也さんはお芝居が格好よくて、中身は優しくて暖かくて。そんな藤原さんをカイジと呼びながら一緒にお芝居をし、たくさんのアドバイスをいただいていたあの日々は刺激的で、夢のようで、あっという間でした。監督、そして共演させていただいた先輩方には感謝でいっぱいです。

廣瀬湊(ひろせみなと): 新田真剣佑(あらたまっけんゆう)(22)

■新田真剣佑 コメント
昔から見ていた『カイジ』に出演させて頂けて、とても嬉しかったです。皆さんのチームの一員になれたことが誇らしく、現場に行くのが楽しい毎日でした。藤原さんとは以前からプライベートでも仲良くさせて頂いていて、今回初めて芝居で共演する事ができました。現場で会った藤原さんはいつもの雰囲気とは違って本物の“カイジ”で、とても興奮しました。

黒崎義裕(くろさきよしひろ):吉田鋼太郎(よしだこうたろう)(60)

■吉田鋼太郎 コメント
あの藤原竜也カイジとの真っ向勝負なので、いつにも増して気合が入りました。
普段共演の多い藤原君ですが、流石に彼の当り役カイジは手強かったです。

原作者プロフィール

福本伸行(60) 

1958年生まれ 神奈川県出身。
1980年、「月刊少年チャンピオン」連載の『よろしく純情大将』でデビュー。代表作は「賭博黙示録カイジ」、「天」、「銀と金」、「最強伝説 黒沢」、「賭博覇王伝 零」、「アカギ」など多数。1998年に「賭博黙示録カイジ」で第22回講談社漫画賞受賞。現在、「ヤングマガジン」誌上で「賭博堕天録カイジ 24億脱出編」、「ビッグコミックオリジナル」誌上で「新黒沢 最強伝説」、「近代麻雀」誌上で「闇麻のマミヤ」の3作品を同時に連載中。
前作に続き、脚本も担当。

■福本伸行(原作・脚本) コメント
「カイジ ファイナルゲーム」がいよいよ公開。ありがとうございます!
実はこの脚本は、ほぼほぼ4年ほど前に出来ていた。
が、そこから、なかなか、前に進めず…でも、
待てば海路の日和あり
ついにこの度、公開決定となりました。有難い!
虚と実。実と偽。
やっちゃいけないギャンブルの数々を、
またみんなにお見せできる運びとなり、本当に嬉しい。
是非、映画館で「カイジ」でしか味わえない
感覚・感動・歓喜・なんだったら、僥倖を味わっていただきたい!
唯一無二、翻弄される快感、「カイジ・ワールド」、
9年ぶりの公開です!
結構、あいだ、開いたー!  福本伸行

作品概要

◆作品:『カイジ ファイナルゲーム』
◆原作:「カイジ」(福本伸行/講談社ヤンマガKC刊) 
◆監督:佐藤東弥
◆脚本:福本伸行 徳永友一
◆配給:東宝