東京都日野市では、土方歳三の没後150年プロモーションとしてクラウドファンディングを開始。返礼品として、『薄桜鬼』描き下ろし土方歳三グッズなどを贈呈する。

以下、リリースを引用

土方歳三没後150年プロモーションを 応援してくれる方からの寄附を募集

~「Makuakeガバメント」にてガバメントクラウドファンディングを実施~

 日野市では、日野市出身の新選組副長・土方歳三が最後の戦いに臨み、函館で亡くなってから150年目の今年、「新選組のふるさと日野」を広く知っていただくため、土方歳三没後150年プロモーション事業として、土方歳三ラッピングタクシー運行、宅配用段ボールの制作、市内の装飾等、さまざまな取り組みを行っています。

 この事業に共感し、土方歳三と新選組のふるさと日野市を応援してくださる方から事業を支援するための寄附金を募るため、ふるさと納税の制度を利用したガバメントクラウドファンディングをふるさと納税型クラウドファンディングサイト「Makuakeガバメント」にて始めます。

■プロジェクト名
土方歳三と新選組のふるさと日野の応援サポーターに!薄桜鬼も日野市を応援!

■募集期間
2019年5月29日(水)11時~2019年7月31日(水)

■目標金額
150万円

■募集方法
 ふるさと納税型クラウドファンディングサイト「Makuakeガバメント」で募集
募集ページはこちら (5月29日から公開)

■返礼品(リターン)の内容
 応援してくださった支援者の方々への感謝の気持ちを込めて、日野市へのご招待おもてなし企画や、日野市にて生産された新選組グッズをご用意しました。また、一部には、新選組をテーマとした人気ゲーム「薄桜鬼 真改」に登場する土方歳三の、日野市オリジナルの描き下ろしイラストをデザインした湯のみもございます。
※日野市に住民票がある方については返礼品(リターン)の贈呈はできません。(ホームページへの名前記載は可)

【5,000円】40件
(1)市ホームページ(土方歳三没後150年特設ページ)に名前記載

【10,000円】180件
(1)市ホームページ(土方歳三没後150年特設ページ)に名前記載
(2)「薄桜鬼 真改」日野市オリジナル土方歳三イラスト湯のみ

【30,000円】名刺ケース(黒)5件、名刺ケース(ゴールド)5件
(1)市ホームページ(土方歳三没後150年特設ページ)に名前記載
(2)「薄桜鬼 真改」日野市オリジナル土方歳三イラスト湯のみ
(3)「誠」のロゴ入り名刺ケース

【100,000円】3件
(1)市ホームページ(土方歳三没後150年特設ページ)に名前記載
(2)土方歳三と新選組ゆかりの場所での「語らう会」への参加
※土方歳三資料館、佐藤彦五郎新選組資料館、井上源三郎資料館(注)、日野宿本陣にて、子孫の方や学芸員との土方と新選組を語らう会にご参加いただけます。訪問する施設はすべて寄附者のみの貸切です。
※1日限りの日付指定で10/21(月)に実施予定
※寄附者1名につき、同行者1名まで参加可、最大3組
(注)井上源三郎資料館は現在リニューアル中です。10月上旬会館予定ですが、実施日に開館できない場合は、別の場所で井上館長のお話しを伺う形で設定します。

■「薄桜鬼」「薄桜鬼 真改」とは
 2008年に第1作目が発表された、女性向けゲームブランド「オトメイト」を代表する恋愛アドベンチャーゲームです。
 “新選組”をモチーフとしながらも鬼や吸血鬼などのファンタジー要素を巧みに組み込み、多くの女性ファンからの支持を得て多くのシリーズを重ねており、2015年からは、シリーズの集大成とも言える最新作「薄桜鬼 真改」を展開しています。また、ゲームのみならず、TVアニメや舞台、ミュージカル、イベント、コミック、そしてバラエティ豊かなグッズ展開に加え、劇場版アニメーション2部作でも注目を集めた本作は2018年に発売から10周年を迎えました。今年には待望の新作「薄桜鬼 真改 月影ノ抄」の発売も予定されており、今後更なる盛り上がりが期待されています。
薄桜鬼ホームページ

■日野市×「薄桜鬼 真改」 コラボレーションイベント今秋開催!
 今秋のイベントに合わせて描き下ろされた「薄桜鬼 真改」土方歳三のビジュアルとともに、日野市内の新選組・土方歳三ゆかりの地などをめぐるスタンプラリー等を実施します。

 なお、土方歳三没後150年関連事業、「薄桜鬼 真改」とのコラボレーションイベントの詳細は、下記のTwitterにて随時発表してまいります。
日野市シティセールス推進課 公式アカウント