イギリス・ロンドンにて、2019年5月15日〜17日(現地時間)の3日間開催された、『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ』欧州メディアツアー。本イベントで、『漆黒のヴィランズ』で追加されるガンブレイカー、踊り子を含む全17ジョブ(リミテッドジョブの青魔道士を除く)を、レベル80の状態で体験。そのリポート〜ヒーラー編をお届けしよう。

ヒーラー全体について

今回試遊したバージョンは最終調整前のものであり、リリース時には大きく変更される可能性があります。

 白魔道士、学者、占星術師という3ジョブともに、長所を伸ばすというよりも、短所を補うようなアクションが追加されている。たとえば、白魔道士にダメージを軽減するアクションが追加されていたり、学者の既存アクションに継続回復効果が付与されていたりと、どのジョブでもさまざまな場面で活躍できそうな調整になっていると感じられた。

 また、それぞれのジョブの最大の特徴ともいえる部分に、大きな変更が加えられている点にも注目したい。体験プレイでは、あまりパーティプレイを体験できなかったので、ジョブ間のバランスは未知だが、この調整によって、どのようなバランスになるかが非常に気になるところだ。実際にコンテンツをプレイしてみないとわからない部分も多いと思うが、各ジョブの新アクションをチェックして、妄想を広げてみるのも楽しそう。というわけで、まずはヒーラーのロールアクションをチェックしていこう。

ヒーラーのロールアクション一覧

5.0での白魔道士

今回試遊したバージョンは最終調整前のものであり、リリース時には大きく変更される可能性があります。

時間経過で即時発動のヒールが放てるようになった!

 圧倒的な回復力を誇る白魔道士は、範囲攻撃魔法のエアロガが削除されたが、ほかの既存アクションは、一部を除いて効果に大きな変更はない。いままでの操作感のまま、すんなりとプレイできるだろう。新たなアクションの追加によって、さらに対応力が増したといえる。

<新たに追加されたもの>

  • ハート・オブ・ソラス(ヒーリングリリーを消費して対象を回復する回復魔法)
  • ディア(単体DoT付与の攻撃魔法。修得と同時にエアロラが変化する)
  • グレア(単体攻撃魔法。修得と同時にストンジャが変化する)
  • ハート・オブ・ミゼリ(ブラッドリリーを3消費して対象とその周囲の敵に対してダメージを与えられる範囲攻撃魔法)
  • ハート・オブ・ラプチャー(ヒーリングリリーを消費して自身とその周囲のパーティメンバーを回復する範囲回復魔法)
  • テンパランス(自身の回復魔法の回復量を上昇させ、自身と周囲のパーティメンバーの被ダメージを軽減するアビリティ)

<効果が変更されたもの>

  • ヒーリングリリーの仕様全般(詳細は下記で解説)
  • アサイラムに範囲内にいるメンバーへの回復効果上昇の効果を付与

<その他の仕様変更>

  • 範囲攻撃魔法のエアロガが削除

 注目したいのは、ヒーリングリリーの仕様の変更だ。4.xシリーズまでは、ケアル、ケアルラを使うと付与され、特定のアビリティのリキャストタイムを短縮するというものだったが、付与する方法も使い道も変化している。新しくなった仕様では、戦闘状態になってから30秒経過するごとにヒーリングリリーを獲得して、対象のHPを回復するハート・オブ・ソラスや、自身と周囲のパーティメンバーのHPを回復するハート・オブ・ラプチャーという2種の新アクション使用時に消費する仕組みとなった。どちらも詠唱なしの即時発動ができるうえに、前者はケアルラ、後者はメディカと同等の回復量となっている点に注目したい。この新アクションによって、予想以上にタンクのHPが減った、メンバーが範囲攻撃に当たったなど、予測外の状況にリアクションが取りやすくなっているのだ。既存のアクションに加え、新たに加わったアクションを活用できれば、あらゆる状況に対応できると感じられた。

 さらに、ハート・オブ・ソラス、ハート・オブ・ラプチャーを使ったときに、ブラッドリリーのスタックが溜まっていき、スタック数が3になると、ブラッドリリーをすべて消費して新たに追加された攻撃魔法ハート・オブ・ミゼリを放つことが可能。威力も900と非常に高いので、スタックが溜まるごとにくり出していけば、パーティの火力に大きく貢献できるだろう。

 レベル80で修得するテンパランスにも注目したい。このアクションは、自身の回復魔法の回復量を上昇させるだけでなく、自身と周囲のパーティメンバーの被ダメージを軽減する効果を持っている。回復力はすさまじいが、ダメージの軽減はできないという、これまでの白魔道士の弱みを払拭するアクションで、さまざまな場面で活躍してくれるはずだ。

 既存アクションの中では、インドゥルゲンティアの効果が変更されている。これまではメディカ、メディカラ、ケアルガでスタックを溜め、そのスタック数に応じてパーティメンバーを回復するものだったが、新しくなった効果では、効果中に範囲回復魔法を使用すると、追加で回復効果を受けるものになっている。純粋に回復量を増すというアクションになったので、これまで以上に使いやすいアクションに昇華しているのだ。全体回復魔法を連発してパーティメンバーのHPを回復するようなシチュエーションでは、重宝するアクションになりそうだ。

 やはり、白魔道士をプレイしていちばん変化を感じられたのは、ヒーリングリリーの仕様だ。これまではヒールキャストを挟まなければいけなかったものが、自然とヒーリングリリーが付与されるようになったので、より扱いやすくなったと感じられた。ヒーリングリリーを消費するアクションも、即時発動なうえに回復量も高いので、非常に便利。緊急時の対応もしやすくなったので、『漆黒のヴィランズ』からヒーラーを始めるという人にもオススメできるヒーラージョブと言えるだろう。

白魔道士のジョブHUD。

白魔道士のアクション一覧

白魔道士の特性一覧

記事INDEX
タンク&近接DPS編
2ページ……タンク全体&ナイト
3ページ……戦士
4ページ……暗黒騎士
5ページ……ガンブレイカー
6ページ……近接DPS全体&モンク
7ページ……竜騎士
8ページ……忍者
9ページ……

遠隔物理DPS&遠隔魔法DPS編
1ページ……遠隔物理DPS全体&吟遊詩人
2ページ……機工士
3ページ……踊り子
4ページ……遠隔魔法DPS全体&黒魔道士
5ページ……召喚士
6ページ……赤魔道士

ヒーラー編(この記事)
1ページ……ヒーラー全体&白魔道士
2ページ……学者
3ページ……占星術師