ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンはNintendo Switchソフト『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』の“VRゴーグルToy-Con”をUnityでサポートすることを発表した。これにより、VR ゴーグルに対応したアプリケーションの開発にUnityが利用できるようになる。

以下、リリースを引用

Unity、『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』のVRゴーグルToy-Conに対応

 マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長:豊田 信夫、以下「当社」)は、任天堂株式会社が4月12日に発売したNintendo Switchの『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』のVRゴーグルToy-Con(以下、VRゴーグル)をUnityでサポートすることを発表しました。これにより、Nintendo Switchの開発者はVR ゴーグルに対応したアプリケーションの開発にUnityを利用できます。

Nintendo Switch の開発者で Toy-Con への対応を希望される方は、Nintendo Developer Portal のお知らせ “Toy-Con への対応を希望される方へ” をご確認ください。

 任天堂のプラットフォームの開発者になるには、Nintendo Developer Portal で開発者登録をしてください。以降については Nintendo Developer Portal にある開発者向けの案内をご確認ください。

Nintendo Developer Portal

 当社は2013年に任天堂とパートナシップを締結して以降、Wii U、Nintendo 3DS、そしてNintendo Switch向けの開発ツール支援を通じて、数多くの任天堂プラットフォーム向けUnity製ゲームタイトルの供給に貢献してまいりました。当社は今回のVRゴーグル対応においても同様に、Unityで開発される多くのVRゲームがリリースされることを目指し、デベロッパーの皆様のサポート活動をしてまいります。