『AI: ソムニウム ファイル』で、6人のサブキャラクターのイラストとプロフィールが公開された。

 スパイク・チュンソフトは、2019年9月19日発売予定のNintendo Switch、プレイステーション4、PC用ソフト『AI: ソムニウム ファイル』で、物語を彩る6人のサブキャラクターのイラストとプロフィールを公開した。

以下、リリースを引用

PS4・Switch・PC『AI:ソムニウム ファイル』、サブキャラクター公開

 株式会社スパイク・チュンソフトは、2019年9月19日(木)発売予定のPlayStation4/Nintendo Switch/PC(Steam)向けアドベンチャーゲーム『AI: ソムニウム ファイル』(アイ: ソムニウム ファイル) について、ストーリーを彩る個性的なサブキャラクターのイラスト、プロフィールを公開いたします。

<登場キャラクター>

沖浦 連珠/CV:浜田 賢二

 イリスが所属する芸能事務所『レムニスケイト』、及びメイドカフェ『サンフィッシュポケット』の経営者。伊達とは5年前から親しい友人の関係にある。

左岸 瞳/CV:大原 さやか

 イリスの母親。夫はいない。両親は瞳が17歳のときに事故で亡くなった。そのため、瞳は女手ひとつでイリスを育ててきた。過去に負傷したことが原因で、右手を動かすことができない。

灘海 硝子/CV:小林 ゆう

 11月のとある金曜日の夜、廃墟と化した遊園地『ブルームパーク』のメリーゴーランドにて、遺体となって発見された。遺体からは左目がくりぬかれていた。

世島 綜/CV:楠見 尚己

 貧困層から一代でのし上がった、叩き上げの代議士。そのため、上流階級に対して強力なコンプレックスを抱いており、それが彼の欲望の源泉となっている。

ママ/CV:三宅 健太

 新宿の黄金横丁にあるスナック『マーブル』の店主。伊達と沖浦はこの店の常連であり、その関係でふたりのことはよく知っている。闇社会の事情にも精通しており、情報屋としての顔も持つ。

まゆみ/CV:沢田 敏子

 応太の母。今から30年以上前に、夫と二人で多額の借金をして、樺崎地区の近くに『真津下食堂』という定食屋を開いた。以来、この店の切り盛りをしている。最近もの忘れがひどい。