凍らせた豆乳を削って“豆乳かき氷”を作ることができるマシン“スノーデザート 雪花”を、タカラトミーアーツとキッコーマン飲料が共同開発。

 タカラトミーアーツとキッコーマン飲料が共同開発した豆乳専用かき氷マシン、“スノーデザート 雪花”が2019年6月20日より発売される。

以下、リリースを引用

 タカラトミーグループの株式会社タカラトミーアーツ(代表取締役社長:宇佐美 博之/所在地:東京都葛飾区)とキッコーマン飲料株式会社(代表取締役社長:藤村 公苗/所在地:東京都港区)は、30種類以上のフレーバーを展開中の『キッコーマン豆乳』を使って“シャリふわ”な「豆乳かき氷」を作ることができる『スノーデザート 雪花』<希望小売価格3,800円/税抜>を共同開発しました。『スノーデザート 雪花』は、タカラトミーアーツから2019年6月20日に発売いたします。

ヘルシーで、ほのかな甘さの“シャリふわ”体験。豆乳がまるっと一本かき氷に!『スノーデザート 雪花』

 昨年からソーシャルメディアなどでブームの波が起きている、豆乳をパックのまま凍らせアイス状にして食べる「豆乳アイス」。このたび株式会社タカラトミーアーツから、その「豆乳アイス」を使ってかき氷を作ることができる専用マシン『スノーデザート 雪花』を発売いたします。開発にあたりましては、国内豆乳シェアトップのキッコーマン飲料株式会社と共同で開発しました。30種類以上のフレーバーを展開している『キッコーマン豆乳』を使って、バラエティ豊かな「豆乳かき氷」をつくることができます。水で作るかき氷とは違ったまろやかでコクのあるかき氷を簡単に作ることができ、いちごやバナナなどのフルーツフレーバーの他、マンゴーラッシーやチョコミントなど、普通のかき氷でもなかなか味わえない多彩なフレーバーにも挑戦できます。豆乳で作ったかき氷は、おいしいだけでなくヘルシーで食べごたえも十分です。

まるっと一本そのままかき氷に!

 作り方は簡単です。事前に凍らせた『キッコーマン豆乳』をパックから取りだし本体の「ブリックケース」にセット。「ブリックケース」をしっかり持って、左右にスライドさせるだけで、豆乳アイスを削ることができます。かつおぶしのように薄く削ることができるので、舌にのせるとふわっとしていて、サッと溶ける独特の食感です。「ブリックケース」は『キッコーマン豆乳』シリーズ200mlに合わせたサイズなので、最後まで無駄なく削ることができます。また、商品に付属の「ブリックトレー」を使えば、『キッコーマン豆乳』と同じサイズの氷を作ることができ、家にあるジュースや大容量タイプの豆乳などにも使用可能です。

1ブリックケースに凍らせた『キッコーマン豆乳』をいれます。
2プレスユニットを上からセットします。
3台の下に、プレート(皿)をセットし、ブリックケースを持ち左右にスライドさせて削ります。
4削られた豆乳かき氷を台から取り出して完成です。

アレンジいろいろ、ちょっとおしゃれな“最強スイーツ”に!

 付属のプレート(皿)を使って、手軽に楽しむだけでなく、器を変えて家にあるフルーツやヨーグルトを添えたり、きな粉や抹茶粉末をかけて、味や見た目を少しアレンジすると、見た目も豪華なかき氷に大変身。家に遊びに来たお客様へのちょっとしたおもてなしにも喜ばれるオリジナル“最強スイーツ”が作れます。 『スノーデザート 雪花』を使って、この夏、ヘルシーで、“シャリふわ”な豆乳かき氷をお楽しみください。

『キッコーマン豆乳』とは

 キッコーマンの豆乳は、大豆の栄養を毎日の生活に取り入れやすいよう、美味しさにこだわってつくっています。定番の『調製豆乳』の他、普段豆乳を飲んだことがない方にも手にとりやすい『豆乳飲料 いちご』や『豆乳飲料 チョコミント』など、多くの味種を開発・販売しています。そして今年は豆乳アイスにもぴったりな豆乳飲料の新商品として「マカダミアナッツ」や「巨峰」を発売しました。これからもお客様にワクワクしていただける商品を提供してまいります。

≪製品概要≫

■商品名:『スノーデザート 雪花』
■希望小売価格:3,800円(税抜)
■本体サイズ: :W180mm×H294mm×D112mm
■パッケージサイズ:W185mm×H300mm×D120mm
■重さ: 310g
■内容:本体、プレート、ブリックトレー、取扱説明書1部
■対象年齢:15歳以上
■取扱い場所:全国の雑貨店、量販店、玩具専門店などの
玩具売場ほか