NPB×『スプラトゥーン2』本大会2日目、e日本シリーズがついに決着。令和元年ナワバリバトル王者が決まる! 代表決定トーナメント、e日本シリーズ両方の結果速報をお届けする。

令和元年ナワバリバトル王者は横浜DeNAベイスターズ(ハイパービーム)!

 2019年5月18・19日に、東京ビッグサイトTFTホールにて、“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”の本大会が開催。大会初日となる18日にセ・パ各リーグでの総当たり戦が行われ、大会2日目にリーグ代表決定トーナメント、両リーグの代表によるe日本シリーズが開催された。なお、初日の速報は下記に。

 “NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”とは、『スプラトゥーン2』を使用したプロ野球12球団対抗のeスポーツ大会。キャンプは、NPB(一般社団法人日本野球機構)が後援する“第4回 スプラトゥーン甲子園”の出場チームのうち、参加希望チームの中から、ドラフト会議を経て選ばれた12チームが、球団の代表としてナワバリバトル最強の座を懸けて戦う大会だ。

 大会2日目となる19日に行われたのは、初日の結果を受けての代表決定トーナメントとe日本シリーズ。

 代表決定トーナメントを勝ち上がりe日本シリーズに出場したのは、パ・リーグからは、前日敗れたオリックス・バファローズ(Libalent Calamari)に雪辱を果たした、福岡ソフトバンクホークス(GGBOYZ)。そしてセ・リーグからは、同じく前日に敗れた東京ヤクルトスワローズ(ウルトラリベンジャーズ)へリベンジを果たした、横浜DeNAベイスターズ(ハイパービーム)。

 両チームが激突する熱戦の末、e日本シリーズで勝利を収めたのは、横浜DeNAベイスターズ(ハイパービーム)だった。

 ここからはe日本シリーズの模様を中心に、代表決定トーナメントの勝敗も含めて、速報リポートをお届けする。

詰めかけたファンは、応援するチームの動向に歓声を上げたり悲鳴を上げたりと、選手以上に一喜一憂していた。

 リーグ代表決定トーナメントは、まず初日のリーグ戦で3〜6位のチームが1本先取で対戦、勝者どうしが今度は2本先取で対戦する。その後、リーグ戦2位のチームと対戦し、勝者が最後に1位のチームと対戦するという、リーグ戦の順位を反映した変則トーナメントとなっている。なお、2本先取の場合、1試合目はランダムでステージが決定されるが、2試合目以降は直前の試合で負けたチームが好きなステージを選択するシステムを採用している。

こちらがトーナメント表。初日のリーグ戦が3位以下だったチームは、優勝のためには連勝を重ねるしかない。

 初日の戦いを経て、各チームが反省や修正点を話し合ってきているようで、どの試合も一進一退。最高峰の試合のオンパレードだった。しかし、バトルが始まって3分後には必ず勝敗はついてしまう。負けてしまったチームはステージ上で言葉に詰まる場面も多かった。それだけ真剣に戦い、全力で挑んでいたに違いない。悲喜交々のステージでは、“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”の初代チャンピオンの座を賭けた試合が進んでいく。

 どのチームが勝ってもおかしくないリーグ代表決定トーナメントは、リーグ優勝を果たしたオリックス・バファローズにリベンジした福岡ソフトバンクホークスがリーグ代表に決定。セ・リーグは下剋上を狙う東京ヤクルトスワローズとリーグ優勝を手にした横浜DeNAベイスターズが対戦し、横浜DeNAベイスターズがリーグ代表の座を手にした。

リーグ優勝を決めたあとのインタビューで、ダイナモン選手(福岡ソフトバンクホークス)は感極まって目頭を熱くしていた。テルミ選手(横浜DeNAベイスターズ)は、「天才であることの秘訣は?」という質問に対し、「天才であること」と答えて会場を沸かせていた。

 2日間に渡る“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”の熱戦を締めくくるのは、リーグ代表となった福岡ソフトバンクホークス(GGBOYZ)と横浜DeNAベイスターズ(ハイパービーム)の2チームによるe日本シリーズ。3本先取で雌雄が決し、初代チャンピオンが決定する!

対戦中の顔はお互いに真剣そのもの。

 e日本シリーズ1戦目のステージはチョウザメ造船。序盤はベイスターズが押し込む形となったが、やまみっちー選手がスプラスピナーで複数倒したことを基点に、ホークスが前線を戻してこう着。しばらくはどちらも引かない展開となったが、ラスト20秒でお互いに複数人がやられてしまって、お互いが敵陣を塗り合う展開に。とっさの判断で、チャージャーのミルクレープ♪選手が敵陣を塗りにいったことが功を奏して1.2%差の僅差でベイスターズが勝利を手にした。

 2試合目のステージは、初戦に敗れたホークスがバッテラストリートを選択。オープン戦時にも選んだホークスが得意なステージだ。試合は初動でいきなりベイスターズが相手全員を倒して、パブロのテルミ選手が敵陣深くまで入り込む展開になったものの、バッテラストリートを得意とするホークスが徐々に盛り返し、中央で一進一退の状況が続く。しかし、ジリジリとベイスターズが塗りを広げていって2連勝! ベイスターズは、特定の誰かが活躍したというわけではなく、全員が仲間をカバーするように連携しながら着実にホークスの選手を倒していたのが印象的だった。

 3戦目のステージは再びホークスが選択。ガンガゼ野外音楽堂での対戦となった。後がないホークスは、やまみっちー選手が少し前まで使っていたスプラマニューバーベッチューに急きょ持ち替えて対戦スタート。試合は序盤からベイスターズペースで、パブロのテルミ選手が相手陣で大暴れ。しかし、徐々にホークスが盛り返し、相手陣まで入り込んで押さえ込む。そのまま完勝かと思われた残り10秒でホークスの選手が3人同時に落とされて風雲急を告げる展開に。ベイスターズが一気に塗り替えしたものの、0.8%差でホークスが逃げ切る形となった。

 ベイスターズの2勝1敗で迎えた4戦目は、ベイスターズがマンタマリア号を選択。自分のチームのチャージャーとハイパープレッサーが活かしやすいステージを選んだようだ。序盤は初動でホークスが優勢を築く展開。しかし、決定的な差とはならず、互いに倒し倒され中央の広場で前線が形成されていく。残り30秒でやまみっちー選手が敵陣に入り込み、ホークス有利に見えたが、残り15秒でホークスが3人同時に倒されててしまい、ベイスターズの面々が相手陣に一気に流れ込む。そして、3勝1敗でベイスターズが初代チャンピオンに輝いた。

過酷なトーナメントを制して初代チャンピオンになったのは横浜DeNAベイスターズ。
平成から令和へと元号が変わると同時に、平均年齢15歳の横浜DeNAベイスターズがチャンピオンに。新たな時代の始まりを告げる大会となった。

 息を呑む戦いの末、初代チャンピオンの座に輝いたのは横浜DeNAベイスターズ。連携力、テクニック、勢いなど、ベイスターズの選手たちは多くのものを兼ね備えていたように思う。新たなヒーローたちが築くこれからの時代にも期待したい。

 そのほか、本大会の結果や個人賞などの各賞は下記の通り。表彰式の後、選手全員での記念撮影をして、大会は幕を閉じた。

試合が終われば、そこにいるのは『スプラトゥーン』が好きな仲間たち。

パ・リーグ代表決定戦結果(勝者に○をつけています)

第1試合

東北楽天ゴールデンイーグルス(-閃華裂光-)vs 北海道日本ハムファイターズ(ばぼにゃんず†)(○)

第2試合

(○)埼玉西武ライオンズ(Cool&Cool)vs千葉ロッテマリーンズ(5年☆組~あしんとらず学級~)

第3試合(2本先取)

北海道日本ハムファイターズ(ばぼにゃんず†)vs埼玉西武ライオンズ(Cool&Cool)(○)
北海道日本ハムファイターズ(ばぼにゃんず†)vs埼玉西武ライオンズ(Cool&Cool)(○)

第4試合(2本先取)

(○)埼玉西武ライオンズ(Cool&Cool)vs福岡ソフトバンクホークス(GGBOYZ)
埼玉西武ライオンズ(Cool&Cool)vs福岡ソフトバンクホークス(GGBOYZ)(○)
埼玉西武ライオンズ(Cool&Cool)vs福岡ソフトバンクホークス(GGBOYZ)(○)

第5試合(2本先取)

(○)福岡ソフトバンクホークス(GGBOYZ)vsオリックス・バファローズ(Libalent Calamari)
(○)福岡ソフトバンクホークス(GGBOYZ)vsオリックス・バファローズ(Libalent Calamari)

セ・リーグ代表決定戦結果(勝者に○をつけています)

第1試合

(○)東京ヤクルトスワローズ(ウルトラリベンジャーズ)vs中日ドラゴンズ(私を闘会議に連れてってネオ)

第2試合

(○)読売ジャイアンツ(SpRush!!)vs阪神タイガース(ぽぽじろう学園高等部3年A組)

第3試合(2本先取)

(○)東京ヤクルトスワローズ(ウルトラリベンジャーズ)vs読売ジャイアンツ(SpRush!!)
(○)東京ヤクルトスワローズ(ウルトラリベンジャーズ)vs読売ジャイアンツ(SpRush!!)

第4試合(2本先取)

(○)東京ヤクルトスワローズ(ウルトラリベンジャーズ)vs広島東洋カープ(やのっち監修【メロンの海苔塩風味Mild仕立て】)
(○)東京ヤクルトスワローズ(ウルトラリベンジャーズ)vs広島東洋カープ(やのっち監修【メロンの海苔塩風味Mild仕立て】)

第5試合(2本先取)

東京ヤクルトスワローズ(ウルトラリベンジャーズ)vs横浜DeNAベイスターズ(ハイパービーム)(○)
東京ヤクルトスワローズ(ウルトラリベンジャーズ)vs横浜DeNAベイスターズ(ハイパービーム)(○)

e日本シリーズ結果(3本先取)

福岡ソフトバンクホークス(GGBOYZ)vs横浜DeNAベイスターズ(ハイパービーム)(○)
福岡ソフトバンクホークス(GGBOYZ)vs横浜DeNAベイスターズ(ハイパービーム)(○)
(○)福岡ソフトバンクホークス(GGBOYZ)vs横浜DeNAベイスターズ(ハイパービーム)
福岡ソフトバンクホークス(GGBOYZ)vs横浜DeNAベイスターズ(ハイパービーム)(○)

“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”各賞の受賞者

優勝

横浜DeNAベイスターズ(ハイパービーム)

最優秀選手賞

テルミ選手(横浜DeNAベイスターズ(ハイパービーム))

リーグ優勝チーム

パ・リーグ優勝
オリックス・バファローズ(Libalent Calamari)

セ・リーグ優勝
横浜DeNAベイスターズ(ハイパービーム)

敢闘賞

Norishio選手(広島東洋カープ(やのっち監修【メロンの海苔塩風味Mild仕立て】))
やまみっちー選手(福岡ソフトバンクホークス(GGBOYZ))