『Fate/Grand Order』(FGO)で本日5月19日(日)に更新された“クラス別ピックアップ召喚”のガチャリポートをお届けします。

 『FGO』で実施されている“クラス別ピックアップ召喚”では、5月19日(日)~20日(月)23:59にかけてキャスタークラスのサーヴァントがピックアップ中です。

 各クラスのピックアップ時にガチャリポートをお届けしていく連載企画の5回目では、キャスタークラスガチャの10連結果を掲載。さらに、召喚対象のキャスターの中から、筆者が独断と偏見でおすすめサーヴァントを紹介します。

【キャスターピックアップの排出率一覧】

  • 星5サーヴァント:0.200%
  • 星4サーヴァント:0.375%
  • 星3サーヴァント:5.000%
  • 星5概念礼装:0.200%
  • 星4概念礼装:0.428%
  • 星3概念礼装:1.739%

キャスタークラスガチャで星5は当たるのか?

1枚目

1枚目は星3概念礼装のフラガラック。

2枚目

2枚目は星3サーヴァントのパラケルスス。

3枚目

3枚目は星3概念礼装の深窓の麗人。

4枚目

4枚目は星3サーヴァントのメフィストフェレス。

5枚目

5枚目は星4概念礼装のコードキャスト。

6枚目

6枚目は星3概念礼装の天の逆月。

7枚目

7枚目は星3概念礼装の固有結界。

8枚目

8枚目は星4概念礼装のルームガーダー。

9枚目

9枚目は星3サーヴァントのジェロニモ。

10枚目

ラストは星3サーヴァントのバベッジでした。

10連結果

 連載5回目は星3サーヴァントが4騎、星4概念礼装が2枚、星3概念礼装が4枚という結果に終わりました。次回は5月21日(火)にスタートするアサシンピックアップの結果をお届けする予定です。果たして、EXTRAまでに星5サーヴァントを当てられるのでしょうか? 連載初の星5がEXTRAだったら劇的ですが……?

おまけ:独断と偏見で選ぶおすすめキャスター

 召喚対象のキャスターの中からレアリティごとに1騎ずつ、筆者が独断と偏見でおすすめサーヴァントをチョイス。超ザックリとご紹介します。

星5:玄奘三蔵

【所持スキル】

  • 高速読経:自身のNPをすごく増やす[Lv]&宝具威力をアップ[Lv](1ターン)
  • 妖惹の紅顔:自身にターゲット集中状態を付与(1ターン)&被ダメージカット状態を付与[Lv](1ターン)
  • 三蔵の教え:味方全体のNP獲得量をアップ[Lv](3ターン)&スター発生率をアップ[Lv](3ターン)&弱体無効状態を付与(1ターン)

【宝具】

  • 五行山・釈迦如来掌:敵単体に超強力な防御力無視攻撃[Lv]※&クリティカル発生率を大ダウン(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

※強化クエストクリア後に防御力無視効果が追加。

【簡易紹介】

 諸葛孔明と玉藻の前は別格なため除外するとして、玄奘三蔵か3ターン周回役のアナスタシアかで迷いましたが、ゴールデンウィーク中のバルバトス制圧戦で大活躍してくれた三蔵をチョイス。

 キャスターかつ単体攻撃宝具を持っているサーヴァントは、三蔵、イリヤスフィール、酒呑童子(キャスター)、ミドラーシュのキャスター、オケアノスのキャスター、メディアの6騎のみ。そのうち、恒常サーヴァントでマーリンと組み合わせることで威力を大幅に上げられるBuster宝具を持っているのは、三蔵とオケアノスのキャスターだけです。

 オケアノスのキャスターも“豚化”という特殊な状態異常を付与できる非常に優秀な攻撃役ですが、ATK値3000の差はデカイ。宝具レベル1でも概念礼装“黒の聖杯”やサポート役の強化状態を重ねれば、数十万のダメージを余裕でたたき出せます。

 “高速読経”は最大で80%ものNPをチャージできるので、装備礼装の自由度が高い点も魅力の1つ。1年に数回ほど、ものすごく刺さるクエストが実装される印象ですね。

星4:ニトクリス

【所持スキル】

  • エジプト魔術:自身の即死付与成功率をアップ[Lv](3ターン)&HPを回復[Lv]
  • 高速神言:自身のNPをものすごく増やす[Lv]
  • 天空神の寵愛:自身にガッツ状態を付与[Lv](1回・3ターン)&弱体状態を解除

【宝具】

  • 冥鏡宝典:敵全体に確率で即死<オーバーチャージで確率アップ>&敵全体に強力な攻撃[Lv]※&クリティカル発生率をダウン(3ターン)※

※幕間の物語クリア後にクリティカル発生率ダウン効果が追加。

【簡易紹介】

 高速周回のキーマンですね。第2スキルの“高速神言”をレベル8にすることで、1ターン目でNP0から100%以上にすることが可能。第1スキルで即死確率を上げてあげれば、高HPの敵も一撃で倒せる可能性があります。

 3Wave中、1Waveをニトクリス1騎だけで抜けることができるので、3ターン周回の難易度がかなり低くなります。筆者も最近は、ArtsかQuickの全体宝具サーヴァント+ニトクリス+孔明かスカサハ=スカディで3ターン周回を行っています。

星3:ヴァン・ホーエンハイム・パラケルスス

【所持スキル】

  • 高速詠唱:自身のNPをすごく増やす[Lv]
  • エレメンタル:味方全体のArtsカード性能をアップ[Lv](3ターン)
  • 賢者の石:味方単体にガッツ状態を付与[Lv](1回・3ターン)&NP獲得量アップをアップ(3ターン)※

【宝具】

  • 元素使いの魔剣:敵全体にやや強力な攻撃[Lv]&攻撃力をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

※強化クエストクリア後にNP獲得量アップ効果が追加。

【簡易紹介】

 パラケルススも高速周回のキーマンと言える存在。無課金で3ターン周回を実現する場合は最重要となるサーヴァントです。

 強化後の第3スキル“賢者の石”に高倍率なNP獲得量アップ効果が追加されたので、ArtsかQuickの複数ヒット全体宝具のNP回収量を大幅にアップすることができます。味方全体のArtsカード性能をアップできる“エレメンタル”があるので、特にArtsパーティでの3ターン周回が得意です。

 自身も最大で80%NPを増加できるスキル“高速詠唱”を所持しているので、敵のHPが低ければ1つのWaveを処理可能。攻撃力が足りない場合も、敵のHPをある程度削ることでメインの攻撃役がオーバーキル状態を発生しやすくなり、宝具によるNPの回収量が増加します。