FPS『メトロ エクソダス』のストーリーDLC2本が発表に。

 核戦争後のロシアを舞台にしたFPS『メトロ エクソダス』のエクスパンションパスと、同パスの購入によって得られる2本のストーリーDLCが発表された。なお参考までに、エクスパンションパスの海外価格は24ドル99セント。

 予定されているストーリーDLCは、2019年夏配信予定の“2人の大佐”と、2020年はじめに予定されている“サムの物語”の2本。いずれも本編の主人公アルチョムとは異なるキャラクターを主人公としてフィーチャーしている。

 まず“2人の大佐”は、ストーリーベースで進んでいく過去作のスタイルに近いタイプのストーリーDLC。息子とともに大晦日を過ごすために死の街ノボシビルスクの地下を進んでいくKhlebnikov(フレーブニコフ)大佐が主人公となっており、新武器の火炎放射器も登場するとか。

 もうひとつの“サムの物語”は、ウラジオストクを舞台にした、『メトロ エクソダス』から導入されたミニオープンワールドのサンドボックススタイルの内容だ。

 こちらのDLCで主人公になるのは、オーロラ号に乗って旅したアルチョム一行の仲間サム。かつてモスクワのアメリカ大使館勤務だったがために家族と離れ離れになったサムが、モスクワ以外にも生き残った街があることを知り、ウラジオストクから故郷を目指すという内容になっている。