2019年4月1日にサービスがスタートしたPCブラウザゲーム『エンゲージプリンセス』。同作初のコラボイベント開催を記念して、メインヒロインを演じる声優陣にインタビューを実施。第4回は、クラリッサ役の上坂すみれさんのインタビューを公開!

 電撃文庫25周年記念作品として、ドワンゴとKADOKAWAが共同開発したラブコメRPG『エンゲージプリンセス ~眠れる姫君と夢の魔法使い~』(以下、『エンプリ』)。ゲームアプリ『エンゲージプリンセス』の世界を、“ナイトメア”と呼ばれるヒロインたちと冒険するPCブラウザゲームで、サービス開始時に100人以上ものヒロインが登場する。

 クリエイター陣も豪華で、メインクリエイターには、電撃文庫『エロマンガ先生』や『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』を手掛けた、伏見つかさ氏とかんざきひろ氏を起用。伏見氏が原作・メインストーリー、かんざき氏がメインキャラクターデザイン・イラストを担当。ほかにも、電撃文庫で活躍する著名な作家やイラストレーター、そして、niconicoで活躍するボカロP、ニコニコ絵師も参加している。

 そんな話題の完全新作PCブラウザゲームが、2019年4月1日にサービス開始となり、4月24日より、アニメ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』(以下、『俺の妹。』)とのコラボイベントが開催されている。これを記念して、5人のメインヒロインを演じる声優陣にインタビューを実施。第4回目は、“歌がド下手な精霊使い(アイドル)志願”こと、クラリッサを演じた上坂すみれさんのインタビューをお届けしよう。

※インタビューは『エンゲージプリンセス』サービス開始前の2019年3月に行われました。

上坂 すみれ(うえさか すみれ)

12月19日生まれ。神奈川出身。声優、歌手として幅広く活躍。近年は、『W'z《ウィズ》』(チヅル/東千鶴役)、『BanG Dream! 2nd Season』(白鷺千聖役)、『なんでここに先生が!?』(児嶋加奈役)などに出演。(文中は上坂)

クラリッサ

クラリッサのデスヴォイスを上坂さんが熱演!

――クラリッサを初めて見たときの印象を教えてください。

上坂クラリッサさんのイラストや資料は、オーディションのときに初めて拝見しました。どのヒロインもそうなのですが、絵柄がふわふわしていてかわいいなと思いました。とくにクラリッサさんはお洋服がガーリーな感じで、ほかのヒロインよりも人間に近くて親近感を覚えました。

――オーディションは、クラリッサ役で受けられたのですか?

上坂レムレスさんも受けましたね。

――実際にクラリッサ役に決まったときの感想は?

上坂クラリッサさんのような音痴キャラを演じたことがなかったので、私なりに音痴を発揮しようと思いました(笑)。

――(笑)。やはり印象に残っているのは、音痴という設定ですか?

上坂クラリッサさんは、我が強いところも印象的でした。彼女の資料には、“ちょいウザっ娘”と書かれていたのですが、親しくなるとセリフの中に我の強さが出てくるんです。「私はアイドルが好きなんです」とか、「この子に会いたいんです」とか。けっこうナチュナルに、唯我独尊なセリフが多いなと思いました。あと、『エンプリ』にはいろいろなステージが用意されているのですが、アイドルのステージに行ったときは、クラリッサさんが生き生きしていて楽しかったですね。

――それは、アイドル好きだからテンションが上がってしまう、みたいな。

上坂それもありますし、クラリッサさんは事務所のオーディションを受けまくって、落ちまくったという悲しい設定もあるんです(苦笑)。それで、「(事務所を)ぶっつぶしてやるぞ」というセリフもあって、激しいキャラクターなんだなと思いました。

――クラリッサの見た目は、清楚なお嬢様なのに……。

上坂見た目に反して、けっこう過激なセリフが多かったですね。

――ふつうのセリフと過激なセリフは、どのように演じわけたのですか?

上坂わりとガラッと変えちゃうというか……。出会ったときは弱気な感じで、付き合う中でその弱気がだんだん薄れてくるんですけど、引っ込み思案なところがベースにありつつ、キャラ崩壊シーンが多いので、そういうときは思いっきりやろうという感じですね。

――キャラ崩壊シーンを演じたときに、もっと抑え気味にとか、逆にもっとやっていいですよとか、何かディレクションを受けましたか?

上坂お芝居の方向性に関してはあまりなくて。セリフ量が多かったので、どんどんいきましょうという感じではあったんですけど。

――収録は順調に進んでいったのですね。とくに印象に残っているセリフはありますか?

上坂クラリッサさんは音波で敵を攻撃するんですけど、歌声がデスヴォイスだったなと思います。イベントの中に歌うシーンがあるのですが、彼女は音痴なので、歌うと敵が死ぬっていう(笑)。

――(笑)。デスヴォイスは、どんなふうに発声しているのですか?

上坂メロディーがなくて、「ヴォエ-」を地でやるみたいな。デスヴォイスは回数が増えると私の喉がやられちゃいそうだったので、1発勝負という感じでした。

――では、自分の中でイメージを固められて収録に望まれたのですか?

上坂そうですね。スリップノット(アメリカの9人組ヘヴィメタルバンド)のようにしようと思いました。

――なるほど。ほかに印象的なセリフやシーンなどはありますか?

上坂クラリッサさんはかわいい女の子に目がないのですが、とくにネムネムさんのことが大好きなので、彼女に萌えている姿は印象的でした。あとは、セリフやシーンというわけではないのですが、『エンプリ』にはメインヒロインはもちろん、戦う敵も個性的ですし、女神という重要なキャラクターも登場します。まだすべての登場人物を把握しているわけではないので、プレイするのが楽しみです。

――クラリッサを演じてみて、どんなところが好きになりましたか?

上坂自分の願望に忠実で、それをどんどん声に出していけるのは、ある種の才能だなと思いました。それに歌は下手なのですが、じつはほかにすぐれた才能を持っているんです。でも、歌の道に進みたいからとがんばる姿を見ていると、欲望が強い子ではあるんですけど、ちゃんと芯も強いんだなと感心しました。

――ただ我が強いだけではないと。では、クラリッサと上坂さんが似ているところ、逆に似ていないところをそれぞれお聞きしたいです。

上坂私は見た目だけだといい印象を与えられるらしいんですよ(苦笑)。小さいころから「しゃべると雰囲気が違うね」とよく言われていたのですが、そこがクラリッサさんと共感するポイントですね。

――こうしてお話していますが、そんなイメージはないですよ。

上坂ありがとうございます。人を見た目で判断してほしくないですよね(笑)。

――(笑)。まさにクラリッサにも言えるということで。

上坂そうですね!

――逆にクラリッサと似てないところは?

上坂私は才能がないと分かると、その道を諦めてしまいがちなので、クラリッサさんはすごいなと思います。私は得意なことばかりをやるタイプなので、そこは逆かなって。

――苦手な道を目指すのは、クラリッサのすごいところですよね。5人のメインヒロイン(レムレス、マーリン、ネムネム、ベアトリス、クラリッサ)の中で、上坂さんが婚約したいと思うヒロインを教えてください。

上坂私はマーリンかなぁ。見た目は小さいのにお姉さんっぽくて。小さい魔女のお姉さんというのは、私的にはストライクですね。声が日高(里菜)さんなのもいいな。日高さんボイスで毎日毎日起こされたいです(笑)。

――なるほど(笑)。たしかに、マーリンは見た目に反してお姉さんっぽいと思います。

上坂でもどちらかというとロリ寄りなので、その背伸び感がとってもかわいいなと思います。

――いまの回答とかぶるかもしれませんが、この作品ではさまざまな属性のヒロインが登場しますが、上坂さんはとくに何の属性がお好きですか?

上坂私はけっこう世話焼きキャラが好きなので、お姉さんキャラとか……。でも、騎士さんも好きなので、ベアトリスのような世話焼きの騎士さんがいたらすばらしいですね。

――本作には100人以上のヒロインが登場するので、ベアトリスのほかにも世話好きの騎士は登場しそうですね。『俺の妹。』とのコラボが発表されていますが、個人的にコラボしてほしい作品はありますか?

上坂何がいいんだろう……。(しばらく悩んでから)じゃあ、『装甲騎兵ボトムズ』でぜひお願いします。

――渋いタイトルが出ましたね(笑)。

上坂はい(笑)。『俺の妹。』の伏見先生が描くスコープドック(※『ボトムズ』に登場する兵器の一種)が見たいです。めちゃくちゃかわいくなりそう。

――キャラクターではなく、メカなんですね(笑)。

上坂(スコープドックに)乗ってみたいです(笑)。

――(笑)。それでは最後に、ファンの方にメッセージをお願い致します。

上坂4月1日に配信されました。クラリッサさんをパーティーに加えて、楽しい冒険をしていただけたらなと思います。

 明日(2019年5月6日)掲載の最終回・第5回はマーリン役の日高里菜さんが登場! お楽しみに!