2019年4月1日にサービスがスタートしたPCブラウザゲーム『エンゲージプリンセス』。同作初のコラボイベント開催を記念して、メインヒロインを演じる声優陣にインタビューを実施。第3回は、レムレス役の三澤紗千香のインタビューをお届けします!

 電撃文庫25周年記念作品として、ドワンゴとKADOKAWAが共同開発したラブコメRPG『エンゲージプリンセス ~眠れる姫君と夢の魔法使い~』(以下、『エンプリ』)。ゲームアプリ『エンゲージプリンセス』の世界を、“ナイトメア”と呼ばれるヒロインたちと冒険するPCブラウザゲームで、サービス開始時に100人以上ものヒロインが登場する。

 クリエイター陣も豪華で、メインクリエイターには、電撃文庫『エロマンガ先生』や『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』を手掛けた、伏見つかさ氏とかんざきひろ氏を起用。伏見氏が原作・メインストーリー、かんざき氏がメインキャラクターデザイン・イラストを担当。ほかにも、電撃文庫で活躍する著名な作家やイラストレーター、そして、niconicoで活躍するボカロP、ニコニコ絵師も参加している。

 そんな話題の完全新作PCブラウザゲームが、2019年4月1日にサービス開始となり、4月24日より、アニメ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』(以下、『俺の妹。』)とのコラボイベントが開催されている。これを記念して、5人のメインヒロインを演じる声優陣にインタビューを実施。第3回目は、プレイヤーのナビゲーターを務める、“ナレーションの擬人化ヒロイン。ツンキャラなつもりのチョロイン”こと、レムレスを演じた三澤紗千香さんのインタビューを公開!

※インタビューは『エンゲージプリンセス』サービス開始前の2019年3月に行われました。

三澤 紗千香(みさわ さちか)

1月13日生まれ。山梨県出身。『アクセル・ワールド』(黒雪姫/ブラック・ロータス役)、『劇場版 とある魔術の禁書目録 -エンデュミオンの奇蹟-』(鳴護アリサ役)、『ソードアート・オンライン』シリーズ(ストレア役)など、多数の電撃文庫作品に出演。公開時期未定のアニメ『俺を好きなのはお前だけかよ』(コスモス/秋野桜役)への出演も決定している。(文中は三澤)

レムレス

ナレーションを兼任するレムレスだからこそ生まれた演技の葛藤

――レムレスを初めて見たときの印象を教えてください。

三澤レムレスのイラストを初めて見たとき、めちゃくちゃかわいいなと思いました。ほかにもメインヒロインがいる中で、気になる存在と言うか……。ツンとしていて、メインカラーがブルーで、しかも下着のようなものが見えているのは、ずいぶんエッジが効いているキャラクターだなと思いました(笑)。

――(笑)。なかなかいないキャラクターだと思いました。

三澤自分のことをNPC(ノンプレイヤーキャラクター)と言い張っているのも不思議でしたし、ゴスロリ風の衣装も好きなので、とにかく気になる子ではあったので、担当できたらいいなと思ってオーディションを受けました。

――実際にレムレス役に決まるわけですが、演じる上でとくに意識したところは?

三澤レムレスは自分のことをよくNPCやナレーション担当と自称しているので、みんなと接するときもNPCっぽく、ナレーションのように聞こえるように演じています。これまで多くの作品に出させていただいて、ユーザーの皆さんと仲よくするようなキャラクターはたくさん演じてきましたが、レムレスのようにほかのキャラクターやユーザーと一定の距離を保ちたいという役はなかなかなくて。ふつうなら誰かに近づきたいとか、誰かを憎んでいるとか、何かしら感情を持っているんですが、レムレスを演じるときは感情を出さないように、仲間たちとの距離感を一定に保つような意識もしました。

――かなり注意して演じていたのがうかがえますが、スタッフの方からこうしてほしいといったオーダーを受けたことはありましたか?

三澤やはり仲間との距離感の部分で、指摘をされることはありましたね。物語が進むにつれて、レムレスもみんなと仲よくなるのですが、とくにマーリンには振り回されることが多くて。そういったシーンでは、ふつうの女の子っぽくというか、「もうちょっと振り回されても大丈夫ですよ」と言われました。最初はどこまで感情を出せばいいのか、その塩梅が難しかったのですが、物語が進んでも仲間との距離感を大事に演じています。

――相手との距離感は、どのように考えて演技をしていったのですか?

三澤レムレスはゲームの一部分だから、仲よくなりすぎてはいけないという考えをもとにしていたのと、自分の演技を客観的に見るように心がけました。たとえば、この声の出しかただと、仲よく見えすぎてしまうんじゃないかとか。それに、レムレスはつねに自分がNPCに見えているかどうかを気にしている子だと思うので、NPCだと感じてもらえるような声を出すように意識しました。

――NPCとはいえ、マーリンとの絡みなどでは、女の子らしい一面も見せてくれますよね。

三澤私もオタクなので(笑)、じつは食い意地がはっているところや、規約違反をした人を見て憤るところなどは、素というか、女の子らしい部分が出ていて、彼女のかわいいところだなと予想ができました。でも取り乱し過ぎると、自分のことをつねにNPCだと言っているキャラクターにはならないと思うので、どれくらい素の部分を出そうか悩みましたし、演じていて難しい部分ではありましたね。つい出ちゃったくらいがいいと思いましたが、シーンごとに出し過ぎ、逆にもう少し出していいといったディレクションを受けました。

――レムレスが取り乱すシーンは、序盤から用意されていて印象的でした。

三澤レムレスはクール系かと思いきや、序盤から取り乱すシーンが多くて、私はけっこうチョロいと思っています(笑)。

――確かに(笑)。

三澤でも自分ではチョロいと思っていなくて、頑固だし、真面目だし、みんなに振り回されないぞって気持ちでいるのに、振り回されている姿がかわいいんです。彼女をいちばん振り回してくれるのはマーリンですね。

――マーリンのようなキャラクターと接したことがないのかなと思いました。

三澤そうだと思います。だから本当は戸惑っていて。でも、レムレスはその戸惑っている姿を外に出していないと思っているけど、出ちゃっているという(笑)。それが序盤から出ているんですけど、物語を進めていくと取り乱しても仕方ないようなイベントも発生するので、ユーザーの皆さんに早くプレイしてもらいたいなと思います。

――レムレスの好きなところをお聞きしたかったのですが、やはり取り乱しちゃうところがお好きですか?

三澤そうですね。最初はクールだなと思っていたんですけど、演じていくうちに素の部分が見えてきて。あとは、食い意地が張っているところも好きですね。最初は知らなかったので、どれくらい張っていたほうがいいんだろうとまた悩みましたが(苦笑)、食事のシーンは人間らしさが感じられるように、とくに意識して演じています。

――食事のシーンは、レムレスの新たな一面が見られそうですね。

三澤食事はもちろんですが、おいしい食べ物の話になって、つられているシーンも新たな一面が楽しめると思います。自分ではふつうに接しているつもりなんですが、じつはおいしいものに興味があるんです。おいしいものを食べたときの「おいしかったです」や、食事の後の「ごちそうさま」も、人間らしさが出たらいいな、ふだんとのギャップになればいいなと思いました。私自身、おいしいものを食べるのが大好きで、おいしいものを食べると自然と顔がニヤケますし、体がフニャッとなるので、これまでの経験を生かして、レムレスの食事シーンを演じるようにしました。

――三澤さんの経験が演技に生きていると。

三澤ふだんのレムレスは、ほころんじゃうけど、ほころんでいませんよと繕っているんです。でも食事のシーンになると、繕っていないと言うか、幸せオーラが出ているのを本人は気づいていない感じなんです。だから好きなだけ味に集中しているんだなと、レムレスの気持ちを想像しながら収録に望みました。

――食事のシーンはとくに必見ですね。ほかに印象に残っているセリフやシーンはありますか?

三澤レムレスはナレーションも担当しているので、ユーザーの皆さんが好きなヒロインとエンゲージするときのセリフも収録しています。そのとき、「さぁ、ヒロインの中から選ぶんだ」みたいなことを言うんですが、レムレスもヒロインのひとりなので、どんな気持ちで言っているんだろうなって(笑)。ナレーションをする立場としては、誰を選んでもお好きにどうぞと、余裕綽々なんだろうけど、自分が選ばれる対象でもあるので、選ばれたらうれしいでしょうし、ほかの子が選ばれたら「あれ?」って気になると思います。だからエンゲージを進めるときのナレーションは、「どうやって演じよう」って悩みましたね。

――確かに、どのように演じるか悩みますね……。

三澤あまりにも無機質になりすぎると、これまでプレイしてきて、やっとエンゲージしてお目当てのヒロインを強くできるぞってタイミングなのに、ナレーションで盛り上がらないと、エンゲージという特別なものが、ただの作業になってしまいます。でも、同じナレーションからレムレスを選ぶこともあるので、いつ誰のバージョンで聞いても同じものになるようにしたいと考えました。

――でも、それはめちゃくちゃ難しいことだと思いますが……。

三澤そうなんです! 感情を入れ過ぎず、かといって空虚にはなり過ぎないように。でもゲームでいちばん大事なシーンだと思うので、しっかりと盛り上げたかった。ほかのナレーションと同じように演じつつも、エンゲージの説明はかなり気を遣いました。

――システムの解説を行うナレーションのひとつとはいえ、エンゲージできるキャラクターを兼ねていると、かなりの苦労があったのですね。

三澤まったく別のキャラクターなら楽だったかもしれません。でも演じるからには、エンゲージのナレーションを聞いたときに、レムレスを選んだユーザーさんには選んでよかったなと感じてもらいたいですし、レムレス以外のヒロインを選んだユーザーさんには、ちょっと後ろめたさを感じてもらいたいと思いました(笑)。

――(笑)。エンゲージのナレーションをどのように演じようかというのは、三澤さんご自身で考えられて、収録に望まれたのですか?

三澤そうですね。「エンゲージのシーンはいちばん盛り上がるんじゃないですか?」とスタッフさんに確認して、どのように演じるか考えました。自分がゲームをよく遊んでいるオタクだからこそ、ここは盛り上げてほしいなというシーンは、役者として盛り上げようとして、何度も収録し直しながら進めました。

――難しいシーンだけあって、やはり何度も収録しているのですね。

三澤レムレスが喜んでいるように演じてみたり、逆にすねているように演じてみたりしましたが、そうするとレムレスに寄り過ぎていました。かといってナレーターとして収録すると、無機質過ぎて盛り上がりに欠ける感じになっちゃって。いろいろなパターンを収録した中で、いちばんいいものが選ばれていると思うので、ぜひ聞いていただければと思います。

――エンゲージをする楽しみが増えました! レムレスと三澤さんが似ているところ、逆に似ていないところもお聞きしたいのですが、似ているところはおいしいものを食べるのが好きなところですか?

三澤おいしいものは好きですね。旅のいちばんの楽しみは、ご飯じゃないかな(笑)。私もいろいろな場所に行ったときは、各地の名産を食べたいと思います。あと似ているなと思うのは、私もチョロいんですけど、周囲にはチョロくないですよとアピールをしています。すごくしっかりしていますよって。でも、おいしいものにすぐつられちゃうし、かわいいキャストさんと会うと、ついニヤニヤしちゃいます(笑)。

――レムレスのように壁を作っているんだけど、仲のいい人はみんなわかっていると(笑)。

三澤仲がいい人はもちろん、私のことをよく見てくれているスタッフさんや演者さんにはバレバレなんですけど、いつもキリっとした感じでやっています。だから私のことをあまり知らない人は、しっかりした人なんだなと評価してくれるんですが、そういう人はわかっていないなって(笑)。

――まだまだだなって(笑)。

三澤わかっている人は、みんな三澤さんはしっかりしていないと言うので、しっかりしているという人は、私のことを表層でしか見てないなって思っちゃいますね(笑)。レムレスに関しても、まだプレイされていない方はクールな子だと想像していると思いますが、実際にプレイしてみると、まったくクールではないことがだんだんわかってもらえるので、彼女のよさを知ってもらいたいです。

――逆に似てないところはありますか?

三澤似ているところのほうが多いんですよね。規約とか常識とかにとらわれやすいところも似ていて。レムレスは風紀委員みたいなところがあるのですが、私も学生時代に風紀委員をしていたので。似てないところはどこだろう……。私は下着を出してないですし、ツインテールもあまりしないですね。ゴスロリも着たいなと思いますが、プライベートで着る機会はなかなかないですね(苦笑)。

――三澤さんとレムレスはよく似ていたのですね。三澤さんが歌われている、『トビラシア』も初めて聞いたときの印象をお聞きしたいです。

三澤出だしはミステリアスですが、サビでドラマティックになるギャップのあるところは、レムレスに似ていると思いました。あとは、“トビラ”という単語が使われていたのも、ユーザーさんといっしょに扉をどんどん開けていく感じが、レムレスのイメージには合っていたので、本当にキャラクターのことを知ってくれているなと感じました。もともとボカロやniconicoの文化が好きでしたし、作詞や作曲を担当した40mPさんのことも知っていたので、40mPさんの歌が歌えるのはうれしいなという気持ちで収録に臨みました。そしたらあっという間に収録が終わってしまって。

――曲の収録はスムーズに進んだと。

三澤ただ、この曲もエンゲージのボイスと同じく、どのような気持ちで歌えばいいのか悩みました。というのも、レムレスは心の距離によって感情が変わるキャラクターなので、戦いの中で流れる曲といっても、序盤の戦闘で流れるのか、それとも終盤の戦闘で流れるのかによって、感情の込めかたが変わります。どれくらいの距離間で歌えばいいのかというのは、収録を行う前に確認しました。

――あー、なるほど。

三澤それで「いつ流れる曲ですか?」と質問したのですが、「どのタイミングでも流れます」と言われたときは、「さぁどうしよう」って(苦笑)。曲をすべて使わないのなら、徐々に盛り上がっていくように歌うのもいいかなと考えました。でも、「すべて流れます」と言われたので、1番と2番で距離感が変わるとビックリしちゃうと思いますし、終盤に聞いたときに距離感が離れていると、盛り上がらないと考えました。キャラクターソングは、感情的なものが多いのですが、この曲に限っていえば、感情的になり過ぎてもダメというのは、歌ううえで難しいところでした。

――とはいえ、収録はスムーズに進んだとお話しされていましたよね。

三澤疑問点を最初に解決できたからこそ、スムーズに収録ができたと思います。というのも、収録前に聞いておきたいことを歌詞カードにメモしておき、収録に立ち会ってくれた方たちとすり合わせを行いました。そこで皆さんの意見を聞いたうえで、「自分だったらこう歌いますがどうですか?」と一度歌ってみたところ、「その方向性でいきましょう」と言ってもらえたんです。

――メモには、ほかにどんなことを書いていたのですか?

三澤裏声を使うかどうかも気になるところなので、裏声を使いそうなところもメモを書き込んでいきました。裏声を使うにしても、「1サビ、2サビ、3サビで変えますか?」など、気になる点はすべて解決するようにしています。この曲に限らず、いつも研究してからレコーディングに望んでいたので、難しいながらもいい曲が歌えたのではないかと思います。ぜひじっくり聴いてもらいたいです。

――すべてが聴きどころだと思いますが、とくに注目してほしいフレーズはありますか?

三澤いちばん最後の「そこにあるのが痛みだとしても いつか明日への扉 開くの」というところは、もっともレムレスの性格と言うか、心情が出ているんじゃないかなと思います。それまで“ループ”や“ゼロ”といった、NPCっぽい単語が出てくる中で、“痛み”を感じるのは五感があることの現れですし、ユーザーさんや仲間と出会ったことで、前に進む覚悟ができたと感じられるのが、最後の歌詞なのかなって。キャラクターの成長も感じられますし、ユーザーさんや仲間との関係性も感じられると思います。

――ぜひ最後まで聴いてもらいたいですね。5人のメインヒロイン(レムレス、マーリン、ネムネム、ベアトリス、クラリッサ)の中で、三澤さんが婚約したいと思うヒロインを教えてください。

三澤うーん、マーリンですかね。マーリンは勢いでエンゲージしちゃいそうです。笑顔混じりで「私とエンゲージしなさいよ」って言われたら、「はい!」って答えちゃいそう(笑)。

――(笑)。

三澤それに結婚した方に話を聞くと、「勢いでしました」、「相手にビビッときました」、「いつの間にか」って答える人がいるじゃないですか。マーリンはそんなタイプな気がします。レムレスは奥ゆかしいので、ユーザーさんからガンガンいかないと結婚できない気がして。私はビビリだから、「レムレスは私のこと好きかな?」ってずっと心配しそうですが、マーリンは「好きだよ」って言ってくれそうなので、安心して結婚できそうです(笑)。引っ張られたいですね、マーリンに。

――なるほど(笑)。つぎの話題ですが、この作品ではさまざまな属性のヒロインが登場しますが、三澤さんはどんな属性が好きですか?

三澤ネムネムは、好きな属性がもりもりですね。ネコミミでロリな魔法少女は、みんな好きに決まっているだろうって。キャラクターのイメージカラーがピンクなのもいいですし、身長も低いんですよ。142センチしかなくて。しかも見た目がかわいいのに、強大な魔力を秘めているという設定もよくて。オタクが好きな要素が詰まっていて、ネムネムには弱いですね。武器っぽくない武器もかわいいですね。「戦う気があるのかな?」って。おへそが出ているし、アホ毛もキュートだし、萌えを詰め込んだ感じですよね。いつも眠たそうにしているのも、守らなきゃって気持ちになっていいと思います。

――ネムネムに夢中なんですね(笑)。『俺の妹。』とのコラボが開催されていますが、個人的にコラボしてほしい作品はありますか?

三澤電撃文庫さんの作品とはすごくご縁があって、皆さんに私を知ってもらうきっかけとなった、『アクセル・ワールド』とはコラボしてほしいですし、『ソードアート・オンライン』のゲームにもオリジナルヒロインのストレア役で出演しているので、ゲームつながりでコラボするとおもしろそうだなと思います。あと、アニメ化が決定している『俺を好きなのはお前だけかよ』ではコスモス役を演じることになっているので、この作品ともコラボしてほしいですね。『エンプリ』からコラボした作品を知ってもらえるとうれしいですし、私が演じたキャラクターとレムレスがイベントで絡むのを見るのはおもしろそうです。

――今後の展開が楽しみですね。それでは最後に、ファンの方にメッセージをお願いします。

三澤この作品は“エンゲージ”の名が付く通り、好きなヒロインと婚約することができます。戦闘では頭を使う場面も多いので、ゲーマーの方が遊んでも楽しいですし、オートモードなどの親切設計のおかげで、時間のない方やふだんゲームを遊ばない方も楽しめるようになっています。登場するヒロインは全員かわいいですし、おもしろいですし、意外性もあるので、好きな子が見つかると思います。ほかにも戦闘中に歌が流れる“ディーヴァシステム”など、おもしろい要素が盛りだくさんの内容になっていますので、ぜひ一度プレイしてください。よろしくお願いします。

 明日(2019年5月5日)掲載の第4回は、クラリッサ役の上坂すみれさんが登場! お楽しみに!