ゴールデンウィーク10日間連続で“とっておきインディー”をお届け。6日目の今回紹介するのは、フライハイワークスから配信中にニンテンドー3DS、Nintendo Switch、プレイステーション4用アクション『魔女と勇者』。

 ゆうしゃとまじょが、悪の魔物メデューサを倒すために、協力しながら冒険をするアクションゲーム。プレイヤーはゆうしゃとして、まじょを守りながら、ステージの最後に出現するボスを倒していく。本作は、とにかく押し寄せる敵の数が半端なく、やり応え満点。同じステージでも、敵の出現する場所や種類が変わり、違った立ち回りが求められるのも気合が入る。1ステージあたり2〜3分と短い時間でクリアーできるので、手軽にプレイできるのもうれしい。8bitテイストのビジュアルが、懐かしさを誘う1作だ。

村を救うための冒険へ出発

 ゆうしゃとまじょの冒険は、村の長老からメデューサの退治を依頼されるところから始まる。ところが、最初のメデューサとの戦いにふたりは敗れ、まじょは石にされてしまう。そのため、その後の冒険でおもに戦うのはゆうしゃだけで、まじょは石化から解かれた短い時間しか活動できないことに。ときにゆうしゃはまじょをサポートしながら、たまにふたりで助け合いながら、メデューサを退治して村を救うためにふたりで戦い続ける……。

ステージの最後に現れるボスは、高い体力と攻撃力でゆうしゃたちの前に立ちはだかる。

ゆうしゃ 長老の依頼を受け、メデューサを倒すために立ち上がった勇者。打たれ強いのが特徴。

まじょ 火と風の魔法が得意な魔法使い。メデューサとの戦いに敗れ、石にされてしまう。

だいまじょ 短時間だけまじょを石化から解いてくれるありがたい存在。

お店の店員さん 武具や魔法の強化をしてくれる。

物理攻撃や魔法で大暴れ!

 まじょは、宝箱や敵が落とす“チ”を一定量集めると、一定時間石化が解けて、攻撃ができるようになる。石化は、“チ”を一定量集めることで、何回でも解除可能。戦闘では、ゆうしゃは敵を吹き飛ばす体当たりを駆使し、まじょは魔法を使って戦うことになる。

“チ”は、ゆうしゃが集め、まじょに渡すことで石化が解ける。石化が解けた状態では、攻撃の向きは変えられるが、移動はできない。
ゆうしゃの体当たりは、敵と自分の両方のダメージとなる。体力がなくなると、一定時間倒れてしまうが、ゆうしゃは何度でも復活できる。

状況に合わせて魔法を使い分けよう

 まじょは、攻撃範囲は狭いが威力が高いファイアと、攻撃範囲は広いが威力が低めのタイフーンの2種類の魔法を駆使する。ふたつの魔法は好きなタイミングで切り換えることができ、魔女が動ける時間なら攻撃回数などの制限なく使えるのだ。

“ 剣”、“ 盾”、“ 靴”はゆうしゃの能力を、“ファイア”、“タイフーン”はまじょの能力をそれぞれ強化することができる。

お買い物でゆうしゃとまじょを強化

 敵を倒して入手したお金を使って、お店で武具や魔法を購入すると、ゆうしゃたちを強化できる。お店で買える商品は“剣”、“盾”、“靴”、“ファイア”、“タイフーン”の5つで、それぞれ最高でレベル20まで上げられる。“剣”はゆうしゃの攻撃力を、“ファイア”は魔法の攻撃力をといった具合に、ひとつのアイテムごとに対応する能力を強くできるのだ。ちなみに、まじょの魔法である“タイフーン”は、お店で購入すると使えるようになる。

たとえゲームオーバーになっても、獲得したお金の半分はもらえるので、アグレッシブに攻めていこう。
“せいけん”の力を使うと“チ”がなくても石化が解け、まじょの魔法で攻撃できる。

“せいけん”の力でパワーアップ

 ストーリーの中盤で“せいけん”を入手することで、新しい力が使えるようになる。敵を倒すと溜まるゲージを使うと、一定時間ゆうしゃたちが強化されて、強力な攻撃ができる。

強化中はゆうしゃは無敵となり、まじょは威力と攻撃範囲が広くなった魔法を使える。