2019年4月27日、28日に千葉・幕張メッセにて開催中の“ニコニコ超会議2019”。本記事では、開催初日の会場全体の模様をお届け。

 20194月27日、28日に千葉・幕張メッセにて開催中の“ニコニコ超会議2019”。例年さまざまな催しを目当てに観客たちが集まるニコニコ超会議も、平成最後の開催。幕張メッセのホールすべてを使用し、多彩なコンテンツが集結している。現時点では2日間通しの累計人数はまだわからないが、記者が1日目の様子を見る限り、昨年よりも多くの来場者で賑わっているように感じられた。

 ホール1~8は、企画ブースやステージイベントが大集合したメインホールとも言える場所。さまざまなライブステージに加えて、ボーカロイドの二次創作イベント“THE VOC@LOiD 超 M@STER 42”や、人気VTuberたちが一堂に集結した“VTuber Fes Japan 2019”の開催など、まさに文化祭ノリ的な、ニコニコ超会議らしい催しが盛りだくさんだ。

 超ボーカロイドエリアでは、クリプトン・フューチャー・メディアによるボーカロイドブースが出展されている。このほかにも、人気ボカロPたちによるライブや、限定グッズの販売なども行われていた。

ブースではキュートな初音ミクが描かれた、クリアファイルなどがゲットできる!
また、ボーカロイドの二次創作イベント“THE VOC@LOiD 超 M@STER 42”が開催。
さらに、イベントホールにて開催された中村獅童氏と初音ミクによる演目“超歌舞伎2019”に関するブースも用意されていた。こちらは超歌舞伎の紹介などを兼ねたステージイベントがメイン。
ホールの中を、初音ミクが練り歩く姿も。よっ、初音屋!

 ホール8(最奥)で行われたのが、VTuberの祭典“VTuber Fes Japan 2019”。VTuberたちによるトークやライブなどのスペシャルステージが行われたほか、いくつかのブースではVTuberと直接コミュニケーションが取れる催しが多く実施されていた。

こちらはIRIAMによるVTuberたちの握手会。
VTuberおしゃべりフェスでは、マンツーマンでVTuberと会話が可能。
このほかのブースでも、VTuberとのコミュニケーションができるブースはとくに人気だった。
スペシャルステージでは、スクウェア・エニックスとディアステージによるアイドルグループ“GEMS_COMPANY”などが出演。
ファンからのフラワースタンドの贈呈などもあり、今回の超会議の中でもとくに熱意が感じられたブースとなっていた。おほほいおほほい!

 2019年4月26日に公開されたばかりの映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のブースも登場。ここではアベンジャーズの面々や、マーベル・ユニバースのキャラクターたちに扮したコンパニオンたちが大集結し、マーベルファンたちを賑わせていた。また、映画のキャスト陣のサイン入りグッズなどがゲットできる、超激ムズクレーンゲームなども用意されていた。

キャプテン・マーベルにアイアンマン!
しかもアイアンマンはフェイスオープン! トニーすげぇ!
アーティストによるアイアンマンのライブペイントも。
マーベルキャラクターたちが勢ぞろい。決めるぜ、Dスマッシュ!(違う)
超激ムズクレーンゲームの商品はメチャクチャ豪華。
あの、インフィニティストーンっていうか、ビー玉みたいのがあるでしょう。あれを取るらしいんですよ。……無理だ!

 〝中国版ニコニコ動画”とも言える、Blibili動画のブースも登場。ここでは基本的にVtuberや動画投稿者などによるパフォーマンスの生放送ステージが行われていたのだが、その人気はブース範囲を飛び越えるほどに圧巻。その生放送自体も、なんと100万越えの視聴者がいたほど! 独特のカルチャーで多くのファンを持つ、Blibili動画の人気を肌で感じられるブースとなっていた。

 JALのブースでは、ステップカーやハイリフトローダーなど、旅客機を彩る作業用車両が展示。しかも普段は乗れないところに自由に登れちゃうという、なかなかに珍しい催しを行っていた。また、自衛隊ブースでは16式 機動戦闘車がドドーンと展示。パラシュートである13式空挺傘をバックに記念撮影も楽しめた。

 ブラウザゲーム『エンゲージプリンセス』のブースでは、ヒロインたちのパネルが多数登場。レムレス、マーリン、ベアトリス、ネムネム、クラリッサの公式コスプレイヤーの撮影会も行われたほか、総勢100人以上の出演声優陣のサインがズラリ!

 “超将棋”ブースでは、将棋の街として知られる、山形県天童市のイベント“人間将棋”を、ニコニコ超会議バージョンで開催。将棋のプロである棋士たちが、人間の駒を使って、ガチ対局。熱い対局内容はもちろんのこと、駒の動きを生演奏で披露するなどさまざまな趣向で楽しめるようになっていた。

 超アニメエリアではステージイベントのほか、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』と『はたらく細胞』をテーマにしたアトラクションを開催。どちらも身体を使って楽しめるものとなっており、とくに『はたらく細胞』のアトラクションは親子で参加している人たちが多かったのが印象的だった。

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』のアトラクションは、敵である整合騎士の攻撃を剣で弾いて進むアトラクション。
剣は複数用意されていて、キリトよろしく二刀流でも遊べるのだ。指に剣を挟んで六刀流をする某伊達政宗みたいな人もいた。ヤベェ……。
見ていて微笑ましかったのが、『はたらく細胞』のアトラクション。白血球(好中球)、赤血球、血小板と、それぞれの役になりきってゴールを目指していく。
赤血球は酸素(ダンボール箱)を運びながら、目的地を目指す。
しかしどこがゴールか分からないほか、ブースの中には病原菌やウイルスがいることも。白血球(好中球)役はそれを倒すのが役目なのだ。
最後はみんなで血小板ちゃんになりきって障害物を突破!
うんしょ、うんしょ……。
わっせ、わっせ……。
最後は大きなダンボールを運びます!
ゴール後にはグッズが貰えたほか、白血球(好中球)、赤血球、血小板と記念撮影が楽しめた。

 やや離れた位置にあるホール9~11は、“超音楽祭2019”などの大型ライブステージに加えて、コスプレエリアやユーザー主体でさまざまな催しを行う“超まるだけひろば”など、より自由なブースが盛りだくさん。また、超ゲームエリアや東方Projectの人気イベントの超会議バージョンの“博麗神社例大祭 超濃縮版”などもあり、ゲームファン向けのブースも多い。

 “超「#コンパス」ステージ”は、その名の通り人気チームバトルゲーム『#コンパス 戦闘摂理解析システム』のブース。若いゲームファンたちから絶大な支持を集める『#コンパス』ということもあり、やはりその人気ぶりは圧巻。ステージイベントや記念撮影ブースなどの催しで、つねに大きな人だかりができていた。

 “痛車天国 in ニコニコ超会議2019”では、個性的な痛車が会場に大集合。コスプレエリアのとなりということもあり、コスプレイヤーと合わせて撮影を楽しんでいる人が多かった。

 アジアのアプリゲーム業界で超圧倒的な人気を誇るMOBA『伝説対決 -Arena of Valor-』の日本代表決定戦も開催。どこかゆる~い雰囲気のブースが多めの超会議だが、ここだけはガチのeスポーツムード! 

 ゲームエリアでは、さまざまなインディーゲームのほか、アナログゲームの体験会なども実施。また、アナログゲームはその場で購入することもできた。

 超会議バージョンの“博麗神社例大祭 超濃縮版”では、東方Project二次創作の即売会が行われていたほか、ゲーム大会や東方楽曲のライブステージなども開催。東方ファンにはたまならいブースとなっていた。

 最後にお伝えするのは、超まるなげひろばの“超ゼロぐらいから始めるミニ四駆2019”ブース。ミニ四駆を愛する大人から子どもまで……いや、ほとんど大きなオトナしかいなかった気がするが! ミニ四駆の展示や体験会、さらに大会も行われ、熱意あふれるミニ四駆ファンの聖地と化していた。

初日に行われていたのは、ふたつのレギュレーションで周回タイムを競う競技会。
参加者たちが熱心に自慢のマシンをセッティング。
とくにスゴかったのは、ほぼ無制限状態のアンリミテッドレギュレーション。なんかもう骨組みみたいなミニ四駆が、このコース1周を数秒で走ってました。早すぎてカメラに映りませんでした。スゴイでした(語彙を失う)。

 ニコニコ超会議2019は、まだまだほかにも見どころが盛りだくさん! 2019年4月28日(日)にはイベント2日目が開催されるので、ぜひ足を運んでみよう。

思わず「売り切れてるじゃねーか!」とツッコんだ、カップヌードルの謎肉屋でシメたいと思います。