TOKYO SANDBOX 2019のに出展されていた一風変わったお絵描きアクションゲーム『Re Painter』をピックアップ。

 2019年4月6日、7日の両日、東京・ベルサール秋葉原にて開催されたインディーゲームイベントTOKYO SANDBOX 2019。当イベントに出展されていた一風変わったお絵描きアクションゲーム『Re Painter』を紹介しよう。

 個人のゲーム制作サークル“こーひーあーる”が2019年内リリースを目指して開発中の『Re Painter』は、見下ろし視点のスクロールアクションゲーム。ダッシュ移動を活用した立ち回りで有利なポジションを確保し、手持ち武器でアタック……をくり返す、オーソドックスなスタイルの作品だ。

 本作ならではの要素は、ゲージが溜まると使用できる必殺技。ゲーム冒頭で専用ツール上でいきなり作成することになるドローイングの形&描き順で、フィールド上の敵にダメージを与えられるのだ。

 絵はフリーハンドでじっくり描き込むのはもちろん、特殊な定規ツールを使って幾何学模様的な図形を作成することも可能(上のスクリーンショットは、描いた絵を中心から120度と240度に傾けた状態で複製&同時描写する定規ツールで作成した図形)。残りインク=引ける線の最大長を気にしつつ、より効率的にダメージを与える絵をあれこれ試してみるのもおもしろそうだ。

 本作は単に、お絵描き要素がおまけについたアクションゲームというわけではなく、ゲームの進行とともに“まだ代表作もない駆け出しのイラストレーターが、4人のKAMIESHI(神絵師)に無謀な闘いを挑む”という熱い(?)ストーリーが展開する。各ステージの最後に控えるKAMIESHIもやはり圧倒的な攻撃力を持つイラストで攻撃を仕掛けてくるため、“作風”を読みきってしっかりカウンターを当てることが、攻略のポイントとなるのだ。

 なぜこんなゲームを思いついたのか、作者のこーひーあーる氏に尋ねてみたところ、「いっちょ絵師にでもなってやるかと絵の練習を始めたらぜんぜんうまくいかなくて、上手な絵師たちに嫉妬心を覚えたから(※意訳)」と、じつにリアルな実体験がもとになっていることがわかった。志した道で大きな壁にぶつかり、ネガティブな感情になって終わるのではなく、ゲーム題材として昇華しつつ、多くのクリエイター志望者を(やや中二病チックに)励ますストーリーとして表現するところに、こーひーあーる氏の並みならぬセンスを感じた。

 プラットフォームはPCを予定。絵を描くためのデバイスはマウスやタッチペンなどに対応しているとのことで、ネタ絵師もガチ攻略勢も今後の情報に期待しよう。