TOKYO SANDBOX 2019にて、会場で見つけた注目タイトル『時止電殻2』を紹介する。

 2019年4月6日、7日の2日間、ベルサール秋葉原ではインディーゲームの展示イベントTOKYO SANDBOX 2019が開催された。会場で見つけた注目タイトルを紹介する本稿では、同人サークル“電殻製鋼”ブースで展示されていたアクションシューティングゲーム『時止電殻2』を紹介していこう。

敵の弾を打ち返すというシステムが爽快なアクションが新たに追加

 『時止電殻2』は、3Dロボットアクションシューティング作品。2016年に頒布された前作『時止電殻』は敵の弾幕に対して時を止める機能を駆使しながら戦うタイトルであったが、本作では新たに敵の弾を攻撃で打ち返すシステムを追加。敵から猛攻を受けたとしても、時を止めて弾を打ち返すことができれば、戦況が一変してチャンスへと変わる。難しいステージになるほどいつ時を止めて反撃に転じるか、といった戦略性も重要となりそうだ。

アクションシューティングとしてのクオリティも高く、空中への飛行も含めて縦横無尽に移動することも可能。
時を止めずとも敵弾を打ち返すことは可能。飛んできた弾をうまく打ち返せるとかなり気持ちがいい。

 戦闘パートの前にはキャラクターのカスタマイズもあり、キャラクターのパーツを替えることで、さまざまな基本性能を変えることができる。パーツは戦闘で入手する素材を集めて制作するか、戦闘報酬のコインと引き換えて増やすことができる。ほかにも“補助脳”と呼ばれるカードをセットすることで、時間を止められる時間などが決まってくる。

 現在開発中の『時止電殻2』だが、ただいま試作版が無料配信されている。開発者いわく、最終的に約30ステージが収録されるボリュームとなるとのこと。今年の夏に開催されるコミックマーケット96での頒布を考えているとのことだ。