TOKYO SANDBOX 2019でお披露目されたOnion Gamesの新作を紹介!

 2019年4月6日、7日、ベルサール秋葉原ではインディーゲームの展示イベントTOKYO SANDBOX 2019が開催されている。昨年リリースされた循環型シューティング『BLACK BIRD』を世に送り出したOnion Gamesのブースでは、新作として不思議な世界観のアクションゲーム『MonAmour(モナムール)』の試遊展示が行われていた。

ジャンルは“アクションCHUゲーム”?

 今回の展示では『MonAmour』が試遊として展示。Onion Games代表の木村祥朗氏に開発経緯を伺うと、本作はメインで作っているプロジェクトの傍ら、実験的なサブプロジェクトとして作られていたゲームのうちのひとつなのだそう。作られてはボツになることもあるというサブプロジェクトなかで、ずっと作り続けられていたのがこの『MonAmour』で、今回晴れて日の目を見ることになったという形だ。

 開発段階はまだ半分ほどということもあり、デモの写真撮影は可能だったが、動画撮影は禁止。現段階では“プレイした人のみぞ知る”ゲームとなっている。

 木村氏にゲームの概要について伺うと、ヒゲを生やしたおじさんを操作し、ステージ端にいる女性キャラクターとチュウをすることでクリアーとなる“アクションCHUゲーム”という。なんともOnion Gamesらしい独特な世界観のゲームとなっていた。今回の展示ではゲーム部分のみがプレイできたが、今後の開発ではストーリーが付き、ゲーム内の音楽にもひとつアイデアを盛り込む予定となっているとのこと。とくに、この独特なゲーム設定にどんなストーリーが付けられるのかは、かなり気になるところだ。

今回の試遊版では、ステージ上のハートを取ることでスコアを伸ばせるシステムや、アイテム獲得でステージ上に変化が起こるギミックなども確認できた。

 また、本作は“すぐ死ぬ”ということがテーマとなるとのことで、試遊前にも木村氏に「絶対にあっという間に死ぬよ」と忠告を受けつつゲームをプレイしたが、本当にすぐ死んだ。しかも何度も。

 要は失敗しながら覚えるタイプのゲームとなっていて、プレイヤーは失敗を重ねながら女性とのチュウを目指してプレイしていくことになる。失敗を重ねるゲームということで試遊の時点では、1ステージはそこまで長くなく、すぐにリトライして何度もくり返し遊べるような手軽さも感じた。

 先述の通り、開発状況はまだ半分ぐらいということで、対応ハードについてもまだ未定(会場で試遊できたのはPC)。リリースは3月3日に行われたイベント“タマネギ音楽祭2019 ~アイツらが帰ってきた!”にて発表された、『勇者ヤマダくん』のNintendo Switch版を発売したあと、年内中のリリースを目指して開発が進められている。

自称『MonAmour』のデバッカーのアートディレクター、倉島一幸氏がブースでお出迎え。