サンシャインシティプリンスホテルで本日4月6日にオープンしたコンセプトフロア“IKEPRI(イケプリ)25”に潜入取材。全部屋の写真リポートをお届けします。

 “イケプリ25”は、東京・池袋のサンシャインシティプリンスホテル25階の1フロアを国内外のアニメやマンガを中心にサブカルチャーファン向けの専用フロアにリニューアルするプロジェクト。

 第1弾としてスマートフォン向けRPG『Fate/Grand Order』(以下、FGO)が選ばれ、“人理継続保障機関カルデア”で召喚された英霊(サーヴァント)をイメージした期間限定フロア“ホテルカルデア”が本日4月6日より展開されています。

 公式サイトにある“ホテルならではの粋なホスピタリティを駆使し、各部屋やラウンジで、サーヴァントたちの存在を感じられるように「お客さまがくつろげる空間」”とはいったいどのようなものなのか? さっそく全部屋を取材してきたので、大量の写真とともにリポートします。

ミステリアスな雰囲気が漂う“ベーカー街 ~親愛なるサイドキックへ~”

 最初に訪問したのは、ロンドン・ベーカー街のアパートメントの一室をイメージした“ベーカー街 ~親愛なるサイドキックへ~”。その名が示す通り、シャーロック・ホームズと新宿のアーチャーに関係するものがいろいろと配置されていました。

 2騎の等身大スタンディも飾られているので、そこに入り込んだ我々の気分は名探偵のサイドキック(ワトソン役)。密室トリックの推理の時間です。

扉を開けると、そこはかとなく事件の香りがする色合いと雰囲気を感じます。
ベッドシーツにデザインされた“ホテルカルデア”のロゴ。
ベッドの足側には2騎の等身大スタンディが置かれています。この微妙な距離感よ(笑)。お互いがベッドの前で佇み、何かの話をしていると思うとちょっとおもしろい。
ふと壁紙を見ると、そこには青い蝶が飛び交っていました。雰囲気作りが素晴らしいですね。
蝶の向かい側の壁面にはホームズのシルエットがありました。向かい合っているのがグッド。
部屋にはホノジロトヲジ氏による描き下ろしイラストも飾ってあります。
描き下ろしイラストの周りにはいくつかの額縁が展示。2騎の記憶のかけら?
棚の上には“ロビンソン・クルーソー”や“白鯨”、“ハムレット”などの本が。シックな雰囲気の部屋で2騎と一緒に読書としゃれ込むのも乙なもの。
読書をしながらのティータイムも最高。一緒に紅茶を……いやコーヒー? を飲みたいものです
地球儀を見ながらいろいろな事件の話をひらすら聞いていたい。

帝都銀座の一角の部屋がコンセプト! “坂本探偵事務所 ~ お竜さんもいるぞ ~”

 和洋折衷な帝都感ある内装が魅力の“坂本探偵事務所 ~ お竜さんもいるぞ ~”。刀や三度笠、カエルの置物など小物も充実しています。

坂本探偵事務所は赤と緑を基調としたデザインに。
花椿をあしらった壁紙がハイカラです。
TAKOLEGS氏による描き下ろしイラスト。ちょっと以蔵さんイケメンすぎません?
以蔵さんの刀や三度笠、お竜さん用のカエルも飾られています
探偵事務所に観葉植物はつきもの。日差しが気持ちいいですね。
寄り添うグラスは青と赤。尊い。
時、時間。坂本龍馬と岡田以蔵の間にアンティークな時計があるところが意味深。

金ピカの暴力。“黄金の間 ~ 王たちの戯れ ~”

部屋に入った瞬間から黄金一色! ゴージャスすぎて、まぶしい(笑)。広めの“ルームA”は扉を開けたら内装が見えないところが期待感を煽って素晴らしいです。

 さて、次は人類最古の王と最高のファラオを象徴する黄金をコンセプトにした“黄金の間”。シュメールの情緒とエジプトの神秘を折衷した結果、内装はその部屋名に恥じない真っ金金に!

 王にとっては当たりまえのくつろぎルームなのでしょうが、庶民の筆者には少し恐れ多いです(笑)。

中に入るとさらに金ぴか。遠坂凛に感想を聞きたいですね。
ベッドシーツもつやつやのてかてか。
nineo氏による描き下ろしイラスト。おはだけが過ぎる。スフィンクス・アウラード抱かせてください!
壁面に広がる“王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)”。武器じゃなくてお酒だして!
“王の財宝”以外に壁画もデザイン。エジプト感ある。
黄金の杯にライオンと猫の小物も。
この部屋でお酒を飲みかわす2騎の間にどんな会話がなされるのか……想像するだけで楽しいですね。

爽やかすぎる円卓空間“ルーム・キャメロット ~ ホリデー・イン・アヴァロン ~”

 “ルーム・キャメロット”のコンセプトは白亜の城の騎士の居室。白亜とロイヤルブルーを基調とした内装が非常に爽やかで、シンプルながらも高級感を演出。

 こんな部屋で王と一緒に王の話を聞いたらとろけちゃいますよ。片隅にさりげなく添えられたマーリンの花もにくい。泊まった際には窓にも注目してほしいです。

ルーム・キャメロットは非常にさわやかなロイヤルブルーが印象的。
若干“嘆きの壁”を思い出す壁紙です。白亜のレンガ風で高級感があります。
冬臣氏による描き下ろしイラスト。青を基調とした部屋で落ち着いた気分になれる……と思いきや、この2騎にエスコートされたら落ち着けないよ! 左右の耳から2騎の声が聞こえてきたら……ヤバイな、これ。
窓から差し込む日の光を浴びたソファーとテーブルクロスの青色がとても美しい。
この部屋の小物は、アーサーから連想する騎士の馬とマーリンの花。マーリンが生けてくれたのかな? そして左の窓を見てほしい。
なんと、窓に薄くキャメロットが写っている! キャメロット近くの一室に泊まっている気分です。リアルのビルも白亜の壁の一部のようになっていて、ちょっと感動。
アーサーの近くにある黒い剣。フラッシュをたいて写真撮影すると……。
“風王結界”が解除されたのか、エクスカリバーの姿が現れます。シール・サーティーン! ディシジョン・スタート!
ここで『Fate』関連アニメを見れば、マーリンが王の話をしてくれている気分に浸れるかもしれない(笑)。

ブリーフィングルームの大画面プレイコーナーを体験!

 各部屋を見て回った後は、いったん休憩のために“ブリーフィングルーム”を訪れました。ダ・ヴィンチちゃんが出迎えてくれるこの部屋では、なんと自分のスマートフォンの画面を大きなスクリーンに映し出せるとのこと。

 であればやることは1つ。皆さんに見守られながら、ガチャを回します!

割れた画面が痛々しいですが、筆者の私物スマートフォン。開催中の“大奥ピックアップ”で星5サーヴァントを狙ってみます。
このような感じでスクリーンに自分のプレイ画面がスクリーンに映し出されます。
いくぜ!
1枚目。
2枚目。
3枚目。
よ、4枚目。
……5枚目。
6枚目(思考停止)。
……。
なんだ夢か。
ファー!
ストーリー召喚ですか、これは!?

 いやー、“虚数魔術”が2枚もアタッチャイマシタ、ヤッタネ。ガチャのジンクスとして“聖地教”は結構信じているのですが、信仰心が足りないのか今回はダメでした。

 ですがご安心ください! 私が事前に淀んだ魔力だまりを浄化しましたので、きっと皆さんのガチャ結果は最良のものになると思います。

 ほかの宿泊マスターに見られながらガチャで盛り上がるもよし、高難易度クエストで魅せプレイをするもよし、大画面プレイコーナーはいろいろと楽しめそうですね。

 このほかにも、ブリーフィングルームでは“イラストコンテスト”が毎月実施予定。4月のテーマは“チェックイン”で、テーマにそったオリジナルの概念礼装風カードイラストを自由に描くことができます。

フォウ、フォーーウ!(概念礼装風カードイラストの例)
『FGO』の関連書籍が置いてあるので、最近プレイを始めた人はまだ見ぬ良書と出合えるかも?
ホテルカルデア関連のグッズも展示。

『FGO』の軌跡を再確認できるシアタールーム

 諸葛孔明〔エルメロイII世〕が出迎えてくれる“シアタールーム”では、宿泊しているマスターたちと『FGO』関連のPVを一緒に鑑賞可能。大きいスクリーンで“3周年記念映像”を見ると、いつも以上に感動できますね。“FGO FES”の記憶が蘇りますよ。

 このほか、『FGO』のメインクエスト各部と関連作品のキービジュアルやメインビジュアルが展示されています。

サントラのBGMが流れるミュージックルーム

 ミュージックルームにはアマデウスとサリエリの等身大スタンディが設置。この部屋には蓄音機と大きなスクリーンが用意されており、常時、『FGO』のサウンドトラックが流れています。

サントラCDのジャケットイラストの蓄音機でしょうか?
蓄音機のすぐそばに自由に書き込めるノートが。宿泊の思い出を刻みこみましょう。
これまでに発売されたサントラCDも展示。
ソファーに座って音楽を聴きながら、『FGO』仲間たちと話に花を咲かせるのもよいでしょう。
アマデウスとサリエリの部屋ということで、“FGOオーケスラ”のグッズも展示。

ミュージアムでは葛飾北斎の録り下ろしボイスが!

 ゲーム中に登場した概念礼装や英霊の実物大宝具、各種フィギュアなどが展示されているミュージアム。ここでは葛飾北斎の録り下ろしボイスが定期的に流れています。

 内容は北斎がミュージアム内の展示物を解説しつつ、さまざまなアートワークに浮世絵師魂を刺激されるというもの。

 自身が描かれている概念礼装“ペインティング・サマー”について少しだけ触れている部分があるのですが、そこが録り下ろしボイスのハイライトですね。詳しくは現地で聴いてほしいのですが……うん。“蛸と海女”とだけお伝えしておきます(笑)。

ミュージアムで流れる録り下ろしボイスは、北斎と“ペインティング・サマー”を視界に入れながら聞きましょう。
冬祭り会場などで展示されている実物大宝具も。リアルイベントではじっくり見る余裕があまりないですが、ここでなら気が済むまで眺められます。
『FGO』関連のフィギュアも展示。
発売済みのものだけでなく、新作フィギュアの原型も展示されていました。
20枚弱の概念礼装イラストを大きなサイズで確認できます。
カルナとアルジュナのイラストがちゃんと隣り合わせになっているところにこだわりを感じます。