週刊ファミ通2019年4月18日号(2019年4月4日発売)では、『ゼノンザード』の新作スクープをお届けする。

 AI(人工知能)とカードゲームが融合した新規プロジェクト“AI カードダス” の第1弾タイトルとして、バンダイから今夏配信予定のiOS、Android用ソフト『ゼノンザード』。4月に実施されるβテストを間近に控えて、同作の新作スクープを週刊ファミ通2019年4月18日号(2019年4月4日発売)にてお届けする。
 ユーザーのプレイ内容を分析し学習していく“バディAI”を搭載し、相棒と自身の成長を実感しながらカードバトルが楽しめる本作。本邦初公開となるカード情報を交えながら、その全貌に迫る。『ゼノンザード』の仕掛け人であるクリエイターインタビューも必見!

クリエイター陣のインタビューも必見。2組のインタビューを掲載しており、1本目はバンダイ『ゼノンザード』プロデューサー、小谷英斗氏(左)とストレートエッジ 代表取締役 三木一馬氏(右)で、シナリオと世界観を聞く。
2本目は小谷英斗氏(左)とHEROZ 代表取締役 高橋知裕氏(右)にゲームシステムやAIを聞いた。

 詳細は週刊ファミ通2019年4月18日号(2019年4月4日発売)でご確認ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER
※Kindle