2019年3月30日に開催された“『龍が如く』ファンミーティング 2019 in セガフェス”。家庭用ゲーム機版『龍が如く』最新作についてのコメントや、初代『龍が如く』シナリオをベースとしたコンテンツ配信が開始された『龍が如く ONLINE』についての情報など、大盛り上がりを見せたその模様をお届けする。

 2019年3月30・31日に、東京・秋葉原にて“セガフェス2019”が開催された。その1日目となる2019年3月30日に、会場のベルサール秋葉原B1F配信ステージにて、“『龍が如く』ファンミーティング 2019 in セガフェス”が行われた。

 まず、『龍が如く』シリーズ総合監督・名越稔洋氏が登壇。今回が初の開催となるファンミーティングに、「こういう触れ合い方はあまりやったことないので、1回目としてチャレンジをさせてもらって、そこからいろいろとつなげていければいいなと思っています」と、どういうステージにしたいかという意気込みを語ってくれた。

名越稔洋氏(『龍が如く』シリーズ総合監督)

『龍が如く』最新作については、「出せる情報ができたらすぐに出したいと考えているチームなので、でき次第徐々に情報を出していきます。(次回作は)アクションアドベンチャーというジャンルを踏まえて、ゲームとして大きく変えたいなという思いがあって。いままでも変えてきたと言っても、「マイナーチェンジじゃないの?」という意見もありました。今回はそういう意味では、オンラインタイトルに例えるならば、細かいアップデートではなく、バージョン1.0が2.0になるような大きな変化を遂げたいです。その分、時間もかかっていますが、その変わりように驚いてもらえる日が来ると思っているので、もう少しお待ちください」と、より一層、期待が高まるコメント。

 また、2019年4月2日まで応募を受け付けている“『龍が如く』最新作 助演女優オーディション”について、どのような方に応募してもらいたいかと聞かれると、「プロアマ問わず、いろいろな方に応募してもらって、個人個人の中で思いがあればいいなと思います」と語った。

『龍が如く』最新作についての情報は詳しく出せないと前置きしたうえで、「主人公が春日一番になった最大のメリットは桐生一馬じゃないということ。人格が違うと、行動原理が違う、行動原理が違うとゲームが変わります。主人公が変えるということは、“けっきょく『龍が如く』でしょ? 繁華街をうろうろするゲームなんでしょ?”というものではない道を切り開く大きなきっかけになると思います」と名越氏。

 加えて「僕らも、主人公が変わったことによるゲームの変化というのを最大限に活かしたいですし、シナリオも、いままでの『龍が如く』本編は、喜怒哀楽で言うと、怒るシーン、泣くシーンが多かったと思いますが、今回は、メインシナリオでもけっこう笑えるシーンやばかばかしいシーンがあります。でもそのばかばかしさや笑いが、のちの感動につながるような新しいテイストというのを盛り込めるよう頑張っています。こういうのもいいんじゃない、こういうのもありかなと最終的には言ってもらわなければいけないので、一生懸命考えております」と語り、いままでとは、ゲームの雰囲気も変わることを示唆した。

 ここで、『龍が如く ONLINE』にて配信される初代『龍が如く』の最新ムービーが公開された。

実機プレイにて桐生一馬のバトルシーンも

 つぎに、名越氏が一度降壇し、『龍が如く』シリーズチーフプロデューサーの横山昌義氏、『龍が如く ONLINE』プロデューサーの堀井章生氏が登壇。

横山昌義氏(『龍が如く』シリーズチーフプロデューサー)
堀井章生氏(『龍が如く ONLINE』プロデューサー)

 桐生一馬参戦映像を見て、どんな思いでこの展開が実現したのかと聞かれると、「いつかやるんだろうなとは思っていました。ちょっと早いんじゃないかなとは思いましたが、年度が変わるということで大きなものを出したいなという気持ちがありました」と横山氏。

 また、本日(2019円3月31日)より配信される桐生一馬伝にあわせて、SSR桐生一馬の配信も行われることも発表された。堀井氏いわく、「この日のためにサプライズとして発表した」とのこと。

横山氏は「桐生には避けてほしくないので、回避できないキャラにしてくれと頼んだけど、それはボツになりました」と語り、会場の笑いを誘った。

 堀井氏が、桐生一馬伝を実際にプレイ。初代『龍が如く』や『龍が如く 極』をプレイした人には、より懐かしいと感じさせる表現で、会場からはどよめきが。桐生一馬の舎弟・田中シンジもストーリーに登場。

 しかし、なんとこれからバトル! というタイミングでエラー画面が。演出でしたと、あとから冗談を言いつつも、この場では復帰し、無事に桐生一馬のバトルシーンも見ることができた。

堀井氏によると、バトルスキルが単体に強力な一撃をくり出すそうで、ボスなどに有効だそう。
ヒートアクションは、敵3体に防御力無視の攻撃をするということで、アタッカーとして活躍が期待できる。

 ベースのパラメータ自体も、ほかのキャラクターより一段階かそれ以上という、飛びぬけた性能を持っているそうで、「桐生一馬伝とともに、SSR桐生一馬をゲットしていただければ」と堀井氏。

 実機プレイが終了したところで、堀井氏が降壇し、桐生一馬役・黒田崇矢さん、真島吾朗役・宇垣秀成さん、錦山彰/春日一番役・中谷一博さんが登壇。

黒田崇矢さん(『龍が如く』シリーズ 桐生一馬役)
宇垣秀成さん(『龍が如く』シリーズ 真島吾朗役)
中谷一博さん(『龍が如く』シリーズ 錦山彰役・『龍が如く ONLNE』春日一番役)

 中谷さんは、春日一番をイメージさせる全身赤いスーツで登場。それに対し、黒田さん・宇垣さんが「俺たち、10何年やってきて、衣装用意してもらったことないもんね! いっつも自前!」と会場には笑いが。

“春日一番/中谷一博”と名前の刺繍も。

 『龍が如く ONLINE』で、初代『龍が如く』が遊べるということで、気持ちを聞かれると、「もう出番がないと思っていたのに、また携帯で遊べて、見られるというのは、何よりもうれしいです」と黒田さん、「僕と黒ちゃん(黒田さん)が築き上げたものが携帯になったというだけで、人気投票やっても、僕が常に一番なので、皆さんもわかっていると思いますが、僕が一番なんです。何が春日一番だコノヤロー(笑)」と宇垣さん、「14年前にもこうやっていじられていて、もうちょっとふたりに怒っておけばよかったなと(笑) 『龍が如く』が身近な存在に僕らもさせていただいています」と中谷さん。

初代『龍が如く』についてのクイズで『龍が如く』の愛が試される!

 ここで、『龍が如く』大好き芸人として、お笑い芸人のNOモーション。とペンギンズの2組が登場。

 クイズに先駆けて、チーム分けが発表された。黒田&矢野(NOモーション。)チーム、宇垣&星ノ(NOモーション。)チーム、中谷&ノブオ(ペンギンズ)チームの3組。

 “真島吾朗は「嶋野の狂犬」と呼ばれていますが、桐生一馬はなんと呼ばれているでしょうか?”という問題では、素早く黒田さんが“堂島の龍”と答えて正解。

 桐生一馬の弟分“田中シンジ”はノブオさんが答えて、正解した。また、代紋を答える問題もあり、錦山組、嶋野組が出題。嶋野組は、ヒントとなる漢字一文字がないという難しい問題だったが、星ノさんが見事正解し、会場からは「おぉ~」と感嘆の声も。

錦山組は、効果音を手動で操作していた横山氏の独断で、第一次団体から答えられたら正解ということに。これには、中谷さんが“東城会直系錦山組”と答え、見事正解。

 サービス問題として、『龍が如く』をあまり知らないというアニキ(ペンギンズ)さんが、キャラクターを想像でモノマネするというものも。本当に知らないアニキさんのモノマネに、登壇者の皆さんは翻弄されていた。

見た目のイメージでモノマネをするアニキさん。“G・B・ホームズ”のモノマネの際には、横山氏から「いまのところ、ノーヒントです」とのコメントが入り、キャラクターの特徴が伝わっていないということも。

 中には、バトルボイスを聞いてキャラクターを当てるという難問も出題。登壇者の誰も答えられなかった問題には、参加者のひとりが答え、見事正解するという、『龍が如く』ファンの愛を感じられるシーンも。

 どのボスキャラのバトルシーンBGMか答える問題や、映像を見て、そのあと桐生一馬や真島吾朗が言ったセリフを答える問題などもあり、クイズは大いに盛り上がった。

黒田さんが「死にてぇ奴だけ掛かって来い!!」とセリフを演じるといううれしい場面もあり、会場からは歓声が上がった。

 すべての問題が終わって、優勝したのは、中谷&ノブオチーム。優勝賞品として、すしざんまいのまぐろざんまいが贈られた。

ファンからの質問コーナー、名越監督「『龍が如く』だ!」と言われる

 NOモーション。とペンギンズの2組は降壇し、名越監督が再び登壇したところで、ファンからの質問に答えてもらうコーナーへ。

 まず最初の質問は、“初代『龍が如く』が発売してから、13年以上経ちますが、みなさんは『龍が如く』に関わった前と後で、何か変化した事がありますか?”というもの。

黒田さん「もうひとつ名前ができたようで、「桐生さんですか?」と聞かれることがとても増えました。それだけ認知してもらっているのはとてもうれしいです」

宇垣さん「外を歩いていて「真島さんですか?」と聞かれることはないんですけど、スタジオ入って後輩から「兄さん!」と呼ばれるので、強い印象を与えられたのかなと思いますし、やっていてありがたいなと思います」

中谷さん「オーディションに受かったのが、『龍が如く』の錦山彰役が生まれて初めてでした。錦山の人気が高いというのを人づてに聞いて、ちゃんと錦山が生きた証としてよかったなと。それから僕も、役者としていいきっかけを与えてくれたものになりました」

名越氏「道を歩いていると〝あ、『龍が如く』だ!”と声を掛けられます(笑) 飽き性なので、ずっと続けるということをチャレンジすることになったというのは、もう一段大人になったのではないかと思います」

横山氏「リアルタイムで自分もタイトルも時間を重ねているので、そういうものをやれるというのはうれしいなと思います。いっしょに歩んでくれます」

 つぎの質問“『龍が如く』は毎回迫力ある俳優さんが参加されていて毎回圧倒されるのですが、これまで似合って一番緊張した共演者は誰ですか?”では、名越氏・横山氏・黒田さんが渡哲也さん、中谷さん・宇垣さんが小沢仁志さんと回答。

 ただ、俳優というのを抜きにすると、宇垣さんが「名越さんだ」と。これには中谷さんも「フレンドリーに接していただいているけど、怖いんだよなあ」と同意し、名越氏が「そんなことないですよ(笑)」と、現場での緊張感がありながらも、仲のよい関係をうかがわせた。

 続いての“『龍が如く6 命の詩。』の、桐生さんの最後が気になって仕方ありません。彼が幸せなエンディングを迎える続編は、希望薄でしょうか?”という質問では、「桐生という人間が、何かがあったときに出てくると思っています」と横山氏。「二度と出ない、続編がないと言った覚えはないので、そこに関しては希望薄ではないのではないでしょうか」と名越氏。黒田さんは「『龍が如く6 命の詩。』で、澤村遥や、遥の子ども・遥勇(ハルト)が幸せだったら幸せなんじゃないかなという気はします」と、桐生を演じられている立場だからこそわかるものがあるのでは、と思わせるコメントも。

 “僕は「気が弱そう」と言われます。みなさんの様に、『龍が如く』キャラクターのような、堂々としたふるまいを身に着けたいのですが、どうしたらそういう風格が出ますか?”という質問には、名越氏の「正直に生きることかな。隠し事がないと、堂々とした態度でいられる。まず、どうしたら風格が出るかという考え自体を捨てること」という素晴らしい回答に、会場から拍手が起こった。

 黒田さんも「等身大でいること。大きく見せようとも思わないし、小さく謙虚に見せようとも思わない。すべて名越さんがおっしゃったとおりだと思います」とコメント。ちなみに、横山氏によると、普段から黒田さんはまったく変わらないそう。

 つぎの“ゲームを作る過程で、内容が大きく変わる事があるのではないかと思うのですが、企画したときと実際ゲームに登場したときで、設定が大きく変わったキャラクターなどいますか?”質問には、横山氏が回答。たくさんいるそうで、『龍が如く4』に登場する城戸武はそのひとり。最初はチンピラBというキャラクターだったという事実も。真島吾朗も、初代『龍が如く』で大人気だったことから出番が増えたキャラクターであるということも明かされた。

 ちなみに、『龍が如く5 夢、叶えし者』では、冴島大河が妄想で街に行くというのも、シナリオ会議中に出てきた思いつきでやろうというものから始まったそう。横山氏いわく「冴島の妄想力なら行けるだろう」とのこと。

 “『龍が如く』シリーズで自分以外のキャラクターを演じるとしたら、どのキャラクターを演じてみたいですか?”という質問には、「桐生が一番好きだけど、彼以外なら春日一番ですかね」と黒田さん。「人気投票で一位をとっても、主役級はなかなか与えられない、桐生も終わってしまったとなると、春日一番かなあ」と宇垣さんが黒田さんの流れを引き継いだ。中谷さんは「どう落とせばいいんですか!」とふたりのいじりに困惑しつつも、「サブストーリーのはっちゃけたキャラクターをやって、普段出せない自分を演じてみたいとは思います」と、きちんと回答していた。

 ここで、名越氏から、“役をガラッと交換して吹き込むのもおもしろいですね”というひとことが。黒田さん・宇垣さん・中谷さんがの3人がおもしろいと同意したことで、これからの作品に収録されるかもしれないという期待が高まった。

 最後となる“これまで参加してきたシリーズ作品で、一番達成感や手応えを感じた作品はどれですか?”という質問には、ひとつに絞るのが難しいと言いながらも、黒田さんは『龍が如く 維新!』、宇垣さんが『龍が如く0 誓いの場所』、中谷さんは、達成感としては『龍が如く 維新!』、手応えとしては『龍が如く0 誓いの場所』、名越氏は、『龍が如く0 誓いの場所』を不思議な手ごたえのある作品として挙げ、横山氏は、『龍が如く5 夢、叶えし者』を野球とアイドルとやくざと囚人が出てくる、とんでもないモノだが、やりきったという達成感がある、奇跡の作品として挙げた。

 最後に、「14年も『龍が如く』を応援していただいてありがとうございます。これからも『龍が如く』という作品を応援してくれるとうれしいです」と黒田さん。

 中谷さんは、「みなさんがいたから突っ走ってこれて、これからも突っ走っていきたいと思うので、応援の方をよろしくお願いします」とメッセージのあとに、「お客様は神様ですから」と真島吾朗のセリフを演じ、このサプライズに会場からは歓声が聞こえてきた。

「楽しめたことを、本当にうれしく思います。平成が終わって、つぎの元号になっても『龍が如く』がもっと愛していただける作品にしていきたいと思うので、よろしくお願いします」と中谷さん。

「こういうファンミーティングのようなものを、いろいろなところでやりたいですし、ファンの方を大事にしていきたいと思っています。おそらくファンの皆さんがまったく考えていないようなモノをいま作っているので、今後もご期待ください」と、横山氏は、今後の展開に期待が持てる発言も。

「改めて、出会いがあってここまでやれてきたと思うので、ずっと大事にしていきたいと思います。『龍が如く』最新作も、本当にいいゲームになっていますし、皆さんのお目にかかれる日までそんなにかからないと思うので、もう少しだけお待ちください」と名越氏のコメントで、“『龍が如く』ファンミーティング 2019 in セガフェス”は終了した。

 今回、初開催となった『龍が如く』ファンミーティングだったが、90分があっという間に感じられるほど、ファンにとっては楽しい時間だったように思う。『龍が如く ONLINE』にて配信される初代『龍が如く』や、『龍が如く』最新作についての期待も高まる、素晴らしいファンミーティングだった。

 また、『龍が如く ONLINE』トラックTwitterキャンペーンとして、2019年3月30日より『龍が如く ONLINE』デザインのアドトラックが都内を運行する。当日、3月30日は秋葉原を運行中ということで、実物を目にすることができた。

 Twitterでハッシュタグ“#龍オントラック”をつけて画像とともにつぶやいた中から、抽選で1名にオーダースーツがプレゼントされるというもの。ぜひ、参加してみてはいかがだろうか。