2019年3月30日(土)・31日(日)に、東京・ベルサール秋葉原で開催される“セガフェス2019”。同イベントに出展されている“サクラ大戦博覧会”の見どころをチェック!

いまいちばん熱いタイトル!? 『サクラ大戦』の世界を堪能

 2018年3月30日(土)・31日(日)に、東京・ベルサール秋葉原で開催される“セガフェス2019”。セガグループ各社が集結し、“Amazing SEGA”をコンセプトに開催されるファン感謝祭的なイベントだ。

 本記事では開催前日に行われたプレス向け内覧会より、“サクラ大戦博覧会”の見どころをチェックしていく。

歴代作品の貴重なアレコレが惜しげもなく!

 2階の入口に足を踏み入れると、まずは藤島康介氏による初代『サクラ大戦』のパッケージイラストがお出迎え。

 そして歩を進めると、藤島氏による原案、松原秀典氏の原画など歴代タイトルの設定画の展示が待っている。ボツになったイラストや、創案時のメモ書きなどもそのままになっているため、それらを目に焼き付けておくためになかなか奥へ進めないファンが続出すると思われる。なお、当日は写真や動画の撮影は禁止となっているので注意しよう。

歴代ナンバリングタイトルのイラストや設定画がズラリと並ぶ。設定時のラフすぎるネーミングなど、細かく見ていくとより楽しめるはず!
関連商品や、受賞した盾、トロフィーなども展示されている。
田中公平氏の直筆楽譜も!

 続いては“帝劇の長い一日”試遊コーナー。ここでは、『サクラ大戦』、『サクラ大戦2~君、死にたもうことなかれ~』、そして『サクラ大戦3 ~巴里は燃えているか~』のおまけコーナー(帝都の長い一日、巴里の優雅な一日)が試遊できる。各種ミニゲームやクイズを遊んだり、ムービーや音楽鑑賞などが楽しめるのだ。

なお、試遊には桜カラーの特別仕様ドリームキャスト(『サクラ大戦 Dreamcast for Internet』)が使われている。これら自体も貴重なアイテムだ。

 さらに進むと“歌謡ショウコーナー”に。『サクラ大戦』と言えば、現在ひとつのジャンルとして確立した“2.5次元舞台”の先駆け的存在としても知られているが、それらの舞台で使用された衣装や、劇場に飾られていたダルマなども展示されていた。

衣装や刀など。ゲーム内で見たことがある、という人もいるのでは。
ダルマの裏側には、プロデューサーの広井王子氏が揮毫した“祝サクラ3大ヒット!”の文字も。
歌謡ショウコーナーの入口には、ゲームや舞台など、各メディアでの歴史を記した年表も。

 その奥、グッズ展示にはシリーズ累計約1800点もの中から、270点ほどが厳選されている。バリエーションも豊富で、当時からの人気ぶりがわかる展示となっていた。

 前日の内覧会ではまだセッティング中だったが、最奥には“太正浪漫堂セガフェス出張店”が。その近くには“太正浪漫堂&Sakura Cafe(※)”に置かれていた光武や立て看板、キャスト陣のサインが入った壁などが飾られていた。

※1998年~2008年まで、セガのアミューズメント施設“池袋GiGO”内に『サクラ大戦』の情報発信およびファン交流の場として出店されていた施設で、太正浪漫堂はグッズショップ、Sakura Cafeは喫茶店。

 なお、太正浪漫堂では新商品がいくつか登場しており、中でも当時の販促ポスターを蘇らせた“復刻ポスター5種セット”が目玉商品となっているとのこと。もし会場に足を運ぶという人はチェックしてみてほしい。

復刻ポスターのうちのひとつ、初代『サクラ大戦』のポスター。