『ファイナルファンタジーXIV』の直近のアップデート情報が公開された、第50回プロデューサーレターLIVEの模様をリポートする。

 2019年3月23日~2019年3月24日の2日間、幕張メッセで開催された『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の大規模ファンイベント“ファンフェスティバル 2019 in Tokyo”。そのステージプログラムの一環として行われたプロデューサーレターLIVEで、今後のアップデート計画が発表された。

 すでにお伝えした通り、今回のプロデューサーレターLIVEでは『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の6月の封切りを公表。そのほかにも、2019年3月26日にリリースされるパッチ4.56の中身など、さまざまな新情報が公開されている。ここでは、そうした既報の内容も含めて、当日に明らかになった情報をダイジェストでお伝えしていこう。

『漆黒のヴィランズ』発売までの全スケジュールが公開

 第50回プロデューサーレターLIVEで判明した新情報は、以下の通り。箇条書きで示したコメントは、すべて吉田直樹プロデューサー兼ディレクターによるものだ。

パッチ4.56でお目見えする新要素は、おもにこの3つ。
2019年4月2日に、新たな欧州データセンター“Light”が追加される。
『FFXV』とのコラボレーション企画“英雄への夜想曲”が、2019年4月16日に始動。
報酬として、4人乗りマウントのレガリアが手に入る。
ノクティスのコスチュームももらえる。ブーツの底が赤いところまで、忠実に再現。
イベントの報酬として、ノクティスの髪形まで用意。
2019年4月23日にリリースされるパッチ4.57の公開を契機に、ワールド間テレポが利用可能に。
パッチ4.57では、北米データセンターの拡張も実施。
2019年5月中旬に公開予定のパッチ4.58では、2項目の調整が行われる。
『漆黒のヴィランズ』予約者を対象とするアーリーアクセスが、2019年6月28日に開幕。正式サービスは、2019年7月2日にスタート。
直近のスケジュールをまとめると、このような感じに。新種族のキャラクタークリエイションが試せるベンチマークソフトは、5月にリリース予定だ。
  • パッチ4.56で、4.Xシリーズのメインシナリオがフィナーレを迎える
  • ヒルディブランド外伝 紅蓮編もパッチ4.56で完結。こちらには、バトルコンテンツがひとつ入る
  • 専用クエストをクリアーしただけで、レガリアが獲得できるとは限らない。ただし、報酬の取得にさほど難しい条件は設定しておらず、たとえば“F.A.T.E.に400回挑戦”といったものにはならない
  • まずは『FFXV』コラボ向けに用意したクエストをクリアーしてほしい
  • ワールド間テレポの実装により、特定のエーテライトから同じデータセンターに所属する別のワールドへ直接テレポできるようになる。皆さんに活用していただいたうえで、問題が判明すれば随時直していきたい
  • おそらくパッチ4.58が、『漆黒のヴィランズ』リリース前に行われる最後のアップデートとなる