週刊ファミ通2019年4月11日号(2019年3月28日発売)では、コロプラのスマートフォン用新作RPG『最果てのバベル』の新作スクープをお届け!

 2018年11月に発表されたスマートフォン用新作RPG『Project:Babel』が、タイトルを『最果てのバベル』として2019年に配信決定! 

 本作は、『ファイナルファンタジーVII』や『ドラゴンズドグマ オンライン』などのシナリオを手掛けた野島一成氏、『伝説のオウガバトル』や『ファイナルファンタジーXII』などのサウンドを担当した崎元仁氏ら、豪華クリエイターを起用した本格RPGだ。

 週刊ファミ通2019年4月11日号(2019年3月28日発売)では、本作の物語や、主人公ライを始めとする魅力的な登場人物たちを紹介するとともに、シナリオを手掛ける野島一茂氏が本誌に寄せたコメントを掲載。昔ながらの“語りかた”を追求しつつ、新たな挑戦にも踏み出した野島氏が、本作に込めた思いとは?

 詳細は週刊ファミ通2019年4月11日号(2019年3月28日発売)でご確認ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER
※Kindle