ゲーム開発者の国際カンファレンスGDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)に合わせて行われた、“21ST ANNUAL INDEPENDENT GAMES FESTIVAL AWARDS”と“19TH ANNUAL GAME DEVELOPERS CHOICE AWARDS”の受賞作品をご紹介。

 アメリカ・サンフランシスコで行われている世界最大級のゲーム開発者のセッション、GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス) 2019。同イベントに合わせて、優れたインディーゲームを表彰する“21ST ANNUAL INDEPENDENT GAMES FESTIVAL AWARDS”と、ゲーム開発者たちが前年の優れたゲームを表彰する“19TH ANNUAL GAME DEVELOPERS CHOICE AWARDS”が開催された。本記事では、各アワードの受賞作品をご紹介。

21ST ANNUAL INDEPENDENT GAMES FESTIVAL AWARDS

 “21ST ANNUAL INDEPENDENT GAMES FESTIVAL AWARDS”で大賞を受賞したのは『Return of the Obra Dinn』。同作は、世界的に大ヒットした入国審査ゲーム『Papers, Please』の作者、ルーカス・ポープ氏による新作。1ビットカラーで表現された独特なグラフィックや、死者の残留思念を通じて謎を解き明かすゲームシステムなどが注目を集め、“19TH ANNUAL GAME DEVELOPERS CHOICE AWARDS”にも、“Game of the Year”を含む4部門でノミネートされていた。

※『Return of the Obra Dinn』のプレイレビューはこちら

SEUMAS MCNALLY GRAND PRIZE

  • WINNER:Return of the Obra Dinn
  • Minit
  • Opus Magnum
  • Noita
  • Hypnospace Outlaw
  • Do Not Feed the Monkeys

 そのほかの受賞作品は以下の通り。

BEST STUDENT GAME

  • WINNER:After Hours
  • It's Paper Guy!
  • The Haunted Island, a Frog Detective Game
  • En Garde!
  • Levedad
  • Sole

NUOVO AWARD

  • WINNER:Black Room
  • Circle0
  • eCheese Zone
  • Noita
  • Mirror Drop
  • Paratopic
  • Do Not Feed the Monkeys
  • Nth Dimension[al] Hiking

EXCELLENCE IN AUDIO

  • WINNER:Paratopic
  • Ethereal
  • Hypnospace Outlaw
  • Moss
  • Return of the Obra Dinn
  • アルトのオデッセイ

EXVELLENCE IN NARRATIVE

  • WINNER:Return of the Obra Dinn
  • Wandersong
  • Genital Jousting
  • Unavowed
  • Seers Isle
  • Watch Me Jump

EXVELLENCE IN DESIGN

  • WINNER:Opus Magnum
  • What the Golf?
  • Do Not Feed the Monkeys
  • Noita
  • Return of the Obra Dinn
  • Dicey Dungeons

EXVELLENCE IN VISUAL ART

  • WINNER:Mirror Drop
  • フォーゴットン・アン
  • アルトのオデッセイ
  • Hypnospace Outlaw
  • Just Shapes & Beats
  • Return of the Obra Dinn

ALT.CTRL.GDC AWARD

  • HOT SWAP: All Hands On Deck

ID@Xbox Gaming Heroes Award

  • Jerry Lawson

AUDIENCE AWARD

  • ETHEREAL

19TH ANNUAL GAME DEVELOPERS CHOICE AWARDS

 今回の“Game of the Year”は、最多となる7部門にノミネートされたロックスター・ゲームスの『レッド・デッド・リデンプション2』や、“21ST ANNUAL INDEPENDENT GAMES FESTIVAL AWARDS”の大賞に輝いた『Return of the Obra Dinn』をおさえて、SIEサンタモニカスタジオの『ゴッド・オブ・ウォー』が受賞した。

Game of the Year(年間最優秀ゲーム)

  • WINNER:ゴッド・オブ・ウォー(SIEサンタモニカスタジオ / ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
  • レッド・デッド・リデンプション2(ロックスター・ゲームス)
  • Return of the Obra Dinn(Lucas Pope / 3909)
  • Marvel's Spider-Man(インソムニアック・ゲームズ / ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
  • Celeste(Matt Makes Games)

 また日本からは、エンハンスの『テトリス エフェクト』がBEST VR/AR GAMEなど3部門、任天堂の『Nintendo Labo』がINNOVATION AWARDINNOVATION AWARD、SIEジャパンスタジオの『Astro Bot Rescue Mission』がBEST VR/AR GAMEにノミネートされていたが、受賞したのは『Nintendo Labo』のみとなった。

INNOVATION AWARD(革新賞)

  • WINNER:Nintendo Labo(任天堂企画制作本部 / 任天堂)
  • レッド・デッド・リデンプション2(ロックスター・ゲームス)
  • Florence(Mountains / Annapurna Interactive)
  • テトリス エフェクト(Monstars and Resonair / エンハンス)
  • Return of the Obra Dinn(Lucas Pope / 3909)

 さらに、『アレックスキッドのミラクルワールド』、『ファンタシースター』、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』などの制作に携わったセガゲームスの小玉理恵子氏が、業界の発展に貢献したゲーム開発者に贈られる“PIONEER AWARD”を受賞。会場では、小玉氏からのビデオメッセージが上映された。小玉氏は、初めてゲーム制作に携わったという『チャンピオンボクシング』の思い出を語りつつ、「いままで私が作ってきた、さまざまゲームを愛してくださった皆さんがいらっしゃってこその賞だと思いますし、いっしょに仕事をしてこられた皆さんのおかげだと思っています。この席をお借りして、お礼を述べさせていただきます。ありがとうございました」と感謝の言葉を伝えた。

PIONEER AWARD

  • Rieko Kodama
小玉氏がこれまでに携わった作品の紹介も行われた。

 そのほかの受賞作品は以下の通り。

BEST DEBUT(デビュー賞)

※第1作を出したスタジオが対象

BEST VR/AR GAME(最優秀VR/ARゲーム)

  • WINNER:Beat Saber(Beat Games)
  • Budget Cuts(Neat Corporation)
  • テトリス エフェクト(Monstars and Resonair / エンハンス)
  • Moss(Polyarc)
  • Astro Bot Rescue Mission(SIEジャパンスタジオ / ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

BEST MOBILE GAME(最優秀モバイルゲーム)

  • WINNER:Florence(Mountains / Annapurna Interactive)
  • アルトのオデッセイ(Snowman)
  • Reigns: Game of Thrones(Nerial / Devolver Digital)
  • Holedown(Grapefrukt Games)
  • Donut County(Ben Esposito / Annapurna Interactive)

BEST NARRATIVE(物語賞)

※単にシナリオの優劣だけでなく、インタラクティブな物語体験の構築なども含む

  • WINNER:Return of the Obra Dinn(Lucas Pope / 3909)
  • Florence(Mountains/Annapurna Interactive)
  • ゴッド・オブ・ウォー(SIEサンタモニカスタジオ / ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
  • Marvel's Spider-Man(インソムニアック・ゲームズ / ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
  • レッド・デッド・リデンプション2(ロックスター・ゲームス)

BEST AUDIO(音響賞)

  • WINNER:Celeste(Matt Makes Games)
  • レッド・デッド・リデンプション2(ロックスター・ゲームス)
  • ゴッド・オブ・ウォー(SIEサンタモニカスタジオ / ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
  • Marvel's Spider-Man (インソムニアック・ゲームズ / ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
  • テトリス エフェクト(Monstars and Resonair / エンハンス)

BEST TECHNOLOGY(技術賞)

  • WINNER:レッド・デッド・リデンプション2(ロックスター・ゲームス)
  • Marvel's Spider-Man(インソムニアック・ゲームズ / ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
  • アサシン クリード オデッセイ(ユービーアイソフト ケベックスタジオ / ユービーアイソフト)
  • Forza Horizon 4(Turn 10 Studios、Playground Games / Microsoft Studios)
  • ゴッド・オブ・ウォー(SIEサンタモニカスタジオ / ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

BEST VISUAL ART(美術賞)

  • WINNER:Gris (Nomada Studio / Devolver Digital)
  • Marvel's Spider-Man(インソムニアック・ゲームズ / ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
  • ゴッド・オブ・ウォー(SIEサンタモニカスタジオ / ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
  • Return of the Obra Dinn(Lucas Pope / 3909)
  • レッド・デッド・リデンプション2(ロックスター・ゲームス)

BEST DESIGN(ゲームデザイン賞)

  • WINNER:Into the Breach(Subset Games)
  • Marvel's Spider-Man(インソムニアック・ゲームズ / ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
  • Celeste(Matt Makes Games)
  • レッド・デッド・リデンプション2(ロックスター・ゲームス)
  • ゴッド・オブ・ウォー(SIEサンタモニカスタジオ / ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

AUDIENCE AWARD

  • BEAT SABER

LIFETIME ACHIEVEMENT AWARD

  • Amy Hennig