ファミ通が発表した、2019年3月11日~2019年3月17日のゲームソフト&ハード週間推定販売数まとめをお届け。

 オンライン専用RPG『ディビジョン2』が初登場で1位を獲得した。2016年3月に発売された前作のプレイステーション4(以下、PS4)版の初週販売本数83915本は下回ったが、まずまずのスタート。新作が多く発売された週だったが、そのほかでTOP10入りしたのは2位の『ONE PIECE WORLD SEEKER』と6位の『LoveR(ラヴアール)』の2本となっている。先週1位の『デビル メイ クライ 5』が3位に入ったほかは、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』を始め、Nintendo Switch(以下、ニンテンドースイッチ)用ソフトが引き続き好調だ。また、ピエール瀧容疑者逮捕の報を受け、発売自粛が決まった『JUDGE EYES:死神の遺言』が、皮肉にもTOP10入りしている。

ソフト推定販売本数TOP10

1位(初登場) PS4 ディビジョン2
65173本/ユービーアイソフト/2019年3月15日発売

2位(初登場) PS4 ONE PIECE WORLD SEEKER
47862本/バンダイナムコエンターテインメント/2019年3月14日発

3位(先週1位) PS4 デビル メイ クライ 5
29016本(累計販売本数:15万1854本)/カプコン/2019年3月8日発売

4位(先週2位) Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
20356本(累計販売本数:295万2628本)/任天堂/2018年12月7日発売

5位(先週3位) Switch New スーパーマリオブラザーズ U デラックス
14695本(累計販売本数:51万7340本)/任天堂/2019年1月11日発売

6位(初登場) PS4 LoveR(ラヴアール)
11464本/角川ゲームス/2019年3月14日発売

7位(先週6位) Switch Minecraft
9882本(累計販売本数:68万1346本)/日本マイクロソフト/2018年6月21日発売

8位(先週5位) Switch マリオカート8 デラックス
9303本(累計販売本数:221万5483本)/任天堂/2017年4月28日発売

9位(―) PS4 JUDGE EYES:死神の遺言
9271本(累計販売本数:27万4512本)/セガゲームス/2018年12月13日発売

10位(先週4位) Switch ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ
9135本(累計販売本数:146万228本)/ポケモン/2018年11月16日発売

※11位より下の数値は、ランキングページ(https://www.famitsu.com/ranking/game-sales/)にて公開予定です。

ハード推定販売台数

Nintendo Switch/55478台
プレイステーション4/21165台
プレイステーション4 Pro/8783台
Xbox One X/139台
Xbox One S/56台

Newニンテンドー2DS LL(ニンテンドー2DS含む)/3845台
プレイステーション Vita/1706台
Newニンテンドー3DS LL/814台

※ゲームソフト&ハードとともに、集計期間は2019年3月11日~2019年3月17日。