書籍『DeToNatorは革命を起こさない ゲームビジネスで世界を目指す』が2019年3月30日に発売となる。

世界最高峰の競技シーンに飛び込むために必要なこととは?

 プロゲーミングチーム・DeToNator代表の江尻勝氏が書籍『DeToNatorは革命を起こさない ゲームビジネスで世界を目指す』を執筆した。

 DeToNatorはesportsがいまのように盛り上がる前から実績を積み上げてきたチームだ。所属ストリーマー(配信者)たちのフォロワー数は合計で数十万人にも上り、実績・人気ともに日本トップクラス。

 2019年3月30日には、チーム創設10周年の記念イベントをサンリオピューロランドで開催。イベントではキティちゃんやサンリオキャラクターとのコラボグッズも販売される。

 一見すると順風満帆なものの、江尻氏はただゲームをプレイするだけではチーム運営が立ち行かなくなると判断。将来的にもゲームで生きていくには、そして世界トップの競技シーンに飛び込むにはどうするべきか。江尻氏の行動や考えがまとめられた一冊になっている。

 発行:Gzブレイン、発売:KADOKAWAで、発売日は2019年3月30日。全160ページで、価格は1300円+税。

『DeToNatorは革命を起こさない ゲームビジネスで世界を目指す』書影。サンリオキャラクターとのコラボロゴが目を引く。
DeToNator代表 江尻勝氏。カリスマ美容師ブームを牽引したサロン“ACQUA”での就業経験もある元美容師。

Amazon.co.jp『DeToNatorは革命を起こさない』ページ

『DeToNatorは革命を起こさない』収録内容

 本書のテーマは“ゲームと歩むためのビジネス論”。DeToNatorは日本のesports業界に当てはめると型破りだ。だが、世界に目を向けるとそれこそが“王道”であると気づかされる。

 いちゲーミングチームはいかにして世界的なキャラクターテーマパークとコラボするまで成長できたのか。その理由も読み取れるだろう。

【CHAPTER:0】
DeToNatorが目指す道

【CHAPTER:1】15歳からの若者を導く教育事業
親は最大にして最初のスポンサー
PUBG』最高峰のシーンを疑似体験
ゲーミングチーム=人を育成する場所
など

【CHAPTER:2】ライブストリーミングを活用した広告事業
ストリーマーの個性を尊重してブランド力を育てる
消耗品扱いからの脱却
ストリーミング会社設立の可能性
など

【CHAPTER:3】海外競技シーンへのあくなき挑戦
東南アジアの競技シーンが熱い
最前線で戦う選手に成果報酬を
プロシーンを根付かせるにはフルタイム制の導入が不可欠
など

【CHAPTER:4】日本と世界におけるeスポーツの相違点
将来への“危機感” が大きな原動力
企業は何のために大規模な大会を開くのか
日本eスポーツ連合(JeSU)への期待
など

【FINAL CHAPTER】
成功するために革命は不要だ