セガゲームスより2019年3月14日に発売予定の対戦格闘ゲーム『ブレードアークス リベリオン from シャイニング』。約3年ぶりとなるシリーズ最新作の見どころを、同シリーズのファンであるライター凡がリポート。

 初めまして皆様、凡と申します。今回は『ブレードアークス リベリオン from シャイニング』のインプレッション記事を、前作からプレイしているプレイヤー視点でお届けしたいと思います。

『ブレードアークス リベリオン from シャイニング』とは?

 セガゲームスのRPG『シャイニング』シリーズに登場するキャラクターたちを操作する対戦格闘ゲーム、『ブレードアークス from シャイニング』シリーズ(本記事では『ブレアク』と記載します)の最新作。前作のキャラクターに加えて、『シャイニング・レゾナンス リフレイン』から6人のキャラクターが追加。新システム“スキル”、“アイテム”の追加、ガチ勢待望のオンライン対戦モードも実装されています。

 『ブレアク』はアーケードが2014年11月5日に稼動、家庭用(前作)が2015年11月26日に発売されました。2016年には、格闘ゲームの大イベント“EVO”のサイドトーナメント種目にも採用。空中ダッシュやシンプルコマンドによる爽快&スピーディーな対戦格闘ゲームが流行る中、歩きによる距離の詰め合い&技の空振りに攻撃を差し込むといった“差し合い”に重点を置いた、古き時代の格闘ゲームを彷彿させる作りとなっており、自分もそれまであまり触れることがなかったそのゲーム性にどっぷりハマってしまい、気が付いたらEVOに出場&優勝していました(笑)。

 前作の発売から3年が経とうとしていた2018年11月、まさかの新作が発表&待望のオンライン対戦追加ということで心が躍る反面、新システム“スキル”、“アイテム”といった、キャラクターの性能が変化するシステムの追加も発表され、「この新システム、ゲームバランスを崩壊させるのでは……」という不安を感じ、真偽を確かめるべく、ひと足先にプレイさせてもらいました。

モードについて

 前作にあったモードのほか、いくつかの新モードが追加。今回はスキル・アイテムに関係する“コントラクトモード”、“ネットワークモード”のふたつに焦点を当てて紹介していきます。

 まずは“コントラクトモード”から説明していきましょう。

コントラクトモード

 コントラクトモードには、スキル・アイテムを入手する“ブレードコントラクト”、イラストを入手する“ギャラリーコントラクト”のふたつがあります。今回は前者の“ブレードコントラクト”について解説します。

ブレードコントラクト

 スキル・アイテムは、“コントラクトモード”の“ブレードコントラクト”にて、コントラクトポイント(以降CP)を消費して取得。CPはストーリーモード・アリーナモード・ネットワークモードで試合に勝つごとに入手できます。オフライン対戦より、オンライン対戦のほうがCPを多く入手できるとのこと。

試合を終えるごとにCPを獲得。アリーナモードの難易度ハードでなら1週10分かからずに2000近くのCPを入手できる。

スキル・アイテムの取得のしかたと使用方法

 契約の板(スキルツリー)はキャラクターごとに存在。画面左上に選択したキャラクターの武器名、画面右上に選択したキャラクターの名前、契約の板のレベルアップに必要な取得回数、選択しているスキル/アイテム取得に必要なCPの数値が順に表記されています。

取得したスキル・アイテムは、L1 or R1ボタンで表示できる“スキルリスト”、“アイテムリスト”から確認可能。

 スキルはキャラクターごとに設定されていますが、取得したスキルは、ほかのキャラクターでも装着可能。さらに、サポートキャラクターに装着したスキルも、メインキャラクターに反映される仕様となっています。

オンライン待ち受けでは、キャラクター選択時に装着可能。装備されたスキルがキャラアイコン下に表記される。
バトル前のキャラクター選択時にもスキルは着脱可能となっている。

ネットワークモード

 オンライン対戦ができるモードが新登場。このモードは4つの項目に分かれており、ランキングを競うオンライン対戦の“ランクマッチ”、ルームを作成or検索をして特定のプレイヤーとオンライン対戦する“プレイヤーマッチ”、オンラインのランキング確認をする“リーダーズボード”と、“ブレードコントラクト”(先ほどの“コントラクトモード”と同じ)となっています。

プレイヤーマッチでは、ルームが解散されない限り(または、自分から退出しない限り)同じ人と続けて対戦可能。
オンライン対戦では、“Ready”選択前に、その試合で使うアイテムを選択できる。

新キャラクターについて

 続いて、新キャラクター6人のインプレッションをお届けします。
 ※各キャラクターの検証は、開発中のバージョンを用いて行ったものです。

ユーマ

『シャイニング・レゾナンス リフレイン』の主人公ユーマ。各種使いやすい通常攻撃に加え、移動攻撃・対空・ガード不能といった3つのフォースアクション&スーパーフォースアクションは高火力。操作しやすい&勝ち筋がはっきりとしているキャラクターなので、『ブレアク』を初めてプレイする方にもおすすめのキャラクター。

ジャンプ攻撃の起点となるジャンプB。下への広い攻撃範囲もさることながら、めくり攻撃としても優秀。
けん制として活躍しそうな立ちC。攻撃発生がそこそこ速いので、相手の攻撃に差し込む技としても重宝しそうだ。
飛び上がりながら斬るフォースアクション、“ライジングスマッシュ”。C版は、斬り上がる前に地上で回転斬りをする攻撃が追加。スーパーフォースアクションでのキャンセルの幅が広く、ヒット時は相手を必ず浮かせるのでコンボの締め技に最適。
スーパーフォースアクションの“竜気・地裂爆”。攻撃発生が遅いのでC版“ライジングスマッシュ”からキャンセルして出すのが基本のコンボルート。リンクフォースアタックで出した際もこの技になり、ヒット時は追撃が可能なので火力上げのコンボパーツとしても優秀な技だ。

ゼスト

 『シャイニング・レゾナンス リフレイン』の敵側サイドから参戦のゼスト。通常攻撃&特殊攻撃をジャンプキャンセル可能にするスーパーフォースアクション“解き放て!”で自身を強化。コマンド投げ“捕らえ蹴る”と強化した通常攻撃&特殊攻撃で相手のガードを崩すキャラ。強化中は高いコンボができそうな反面、どうやってその状況までゲームを進めるかが重要になりそうだ。

5秒間通常攻撃&特殊攻撃がジャンプキャンセル可能になるスーパーフォースアクション“解き放て!”。ジャンプキャンセルは小ジャンプのような低空。前とその場、後ろの3つ。A→B→C→ジャンプA→A→…といったコンボが可能になる。
中段ももちろんキャンセル可能だ。
コマンド投げ“捕らえ蹴る”。通常投げがオフェンシブフォースでの追撃ができないので投げによるガード崩しはこの技。EX版は通常版にくらべて成功時の硬直が少ないのでしゃがみB→各種フォースアクションで追撃しよう。

キリカ

 多彩な飛び道具と移動技に加え、無敵時間の長い切り返し技を持つキリカ。飛び道具主体=テクニカルな操作を必要とするキャラ、かと思いきや近距離戦闘もかなり強いので、今作から始める人にもおすすめのキャラクターだ。

矢を飛ばすフォースアクション“跳射”。ボタンにより射出の角度が変わるほか、ボタン追加で移動技も出せるのが特徴。C追加は相手の裏に超高速で移動するので、矢と自身で相手を挟み撃ちにすることができる。
相手の頭上に飛び上がるフォースアクション“燕落とし”。ボタン、EXにより飛び上がる軌道と性能が変化。C版は前方に円を描くように飛びながら地面に3回矢を放つ攻撃。着地の硬直が少ないので、矢をガードさせれば、着地立ちA or しゃがみAが連続ガードとなるので接近戦を仕掛けるのに活躍しそうだ。
上に判定の強い舞う攻撃“舞翔”。対空としての性能もさることながら、B版とEX版に無敵が付いているので切り返し技としても重宝。コマンドが↓↓なので、相手のめくり攻撃によってコマンドが逆にならないのも強いポイント。
飛び上がってから地面に向かい矢を放つスーパーフォースアクション“弓蓮花”。空中でも出せるのでEX版の舞翔からのコンボとして使うとよい。