任天堂が、Nintendo Switchの遊びを拡張する『Nintendo Labo』の新作としてVRテーマの『Nintendo Labo: VR Kit』を発表。4月12日に発売する。

 任天堂が、『Nintendo Labo: VR Kit(ニンテンドー ラボ VR キット)』を2019年4月12日に発売することを発表した。

 これは、Nintendo Switchに段ボール製のパーツなどを組み合わせることで遊びを拡張できる『Nintendo Labo』シリーズの新作。

 製品には6種類のToy-Conキットを同梱する標準パッケージ(税抜き7980円)と、2種類のキットを同梱する“ちょびっと版”(税抜き3980円)があり、差分となる追加Toy-Conセット“カメラ&ゾウ”、“トリ&風”の別売りも予定しているとのこと。

 “ちょびっと版”パッケージに含まれるのは、手持ちの簡易VRゴーグル型の“VR ゴーグル Toy-Con”と、“バズーカ Toy-Con”の2種類。標準パッケージにはそれ以外に“カメラ Toy-Con”と“トリ Toy-Con”、ゾウの鼻の部分がコントローラーになっている“ゾウ Toy-Con”、そしてペダル型の“風 Toy-Con”が加わるという形。

 詳しい遊び方などは後日公開予定。どんな遊びができるのか気になるところだ。なお本製品の対象年齢は7歳以上となっている。

2種類のパッケージが発売予定。差分の別売りも行われる。
VR ゴーグル Toy-Conは、Google Cardboardのような簡易VRゴーグルのSwtich版といった感じ。
バズーカ Toy-Conはちょびっと版にも同梱。年齢によってはスーパーファミコン用周辺機器の“スーパースコープ”を思い出す人もいるかも。
カメラ Toy-Conはそのままカメラのような形状。
ゾウ Toy-Conは鼻の部分がコントローラーに。
トリ Toy-Conは飛んでる気分になれるのかな?
風 Toy-Conはペダルを踏んで風を送る模様。