2019年2月20日に東京・市ヶ谷の日本シネアーツ試写室で開催された『THE GUILTY/ギルティ』の体験型鑑賞イベントの模様をお届けする。

 ファミ通ドットコム編集部に出入りするようになってはや1年近く。楽しくお仕事をさせてもらっている新人ライターの紅葉つかさですが、先日、自称“ロートル編集者”のFさんから「映画の試写会を取材しない?」とのオファーをいただいた。ゲームIP(知的財産)が映画化されるのは昨今では珍しいことではなくなっているが(今年もたくさん公開されますね。楽しみです!)、どうやら“ゲームIPの映画化”というわけではないらしい。「なんですか?」と気になって聞いてみると、ヘッドセットを付けての試写会だという。

 言うまでもないことだが、映画館において音響というのは極めて重要な要素で、“音響で映画館を選ぶ”という方も多いと聞く。それなのにわざわざヘッドセットで聴くなんてのは、スタジアムの特等席にいながらポータブルテレビでサッカーの試合を見るようなものではないか! 「はて?」と筆者の頭に疑問符が浮かんだのが見えたのか、編集者Fさんは一気呵成に説明し始めた。「試写会の映画は『THE GUILTY/ギルティ』というタイトルで、“電話の声と音だけで時間を解決する”という概要を持っているんだ。で、より臨場感と緊迫感を感じてもらうために、オープンイヤーステレオヘッドセットでの試写会が企画されたらしいんだよ」というのだ。

 筆者にとってはなかなかに不明なことが多く頭が真っ白になりそうだが、順を追って説明すると、『THE GUILTY/ギルティ』というのは、第34回サンダンス映画祭での観客賞や第47回ロッテルダム国際映画祭観客賞などを受賞した、映画好きのあいだで話題になっているタイトル。もともとはデンマークで作られており、ジェイク・ギレンホール主演によるハリウッドでのリメイクも決定しているという、2019年注目作の1本だ。日本ではさる2月2日から劇場公開を開始している。一方のオープンイヤーステレオヘッドセットは、周囲の音を聞きながら、さらに音楽なども聴けてしまうという時代の先端を行くかのようなイアホン。編集者Fさんが、「時代は進化しているんだなあ」とおっさんらしく感嘆の声を漏らした商品だ。

 で、ここからが大切なポイントになるのだが、今回主催者さんのご厚意により、このオープンイヤーステレオヘッドセットを3つ読者プレゼントとしてご提供いただけるというのだ(大切なところなので太字にさせていただきました)。読者の皆様のためになるのであれば! ということで、筆者が取材に赴いた次第。音がカギを握る映画『THE GUILTY/ギルティ』で、オープンイヤーステレオヘッドセットを使った試写会をやるんだな……というふわっとした知識だけを頭に入れながら……。

音が重要なカギを握る映画『THE GUILTY/ギルティ』。

 というわけで、実際に試写会に参加してみて驚いた。まあ、『THE GUILTY/ギルティ』という映画とオープンイヤーステレオヘッドセットというデバイスが極めてマッチしているのだ。まるで運命の出会いのように……。この試写会を思いついたPR担当はすごいなあ~と感動しつつ、説明の入り口のためにストーリーを紹介すると、『THE GUILTY/ギルティ』の主人公は、とある事件をきっかけに一線を退いていた警察官のアスガー・ホルム(演じるはデンマークのヤコブ・セーダ-グレン)。警察内部の審理を控え、交通事故による緊急搬送の手配などをしていたアスガーは、ある日、まさにいま誘拐されている女性からの通報を受けることになる。何度かやり取りするうちに、アスガーはいたずらではない緊急の案件とだと判断して、電話から聞こえるクルマの音や、周りの話声などを手掛かりに、事件の解決に動き出すことになる。

事件が起こるのはオペレーションルームのみという潔さ。予算抑えられたんだろうなあ……などと思ってしまうが、映画はアイデア!

 と書いてきてお気づきになった方もいらっしゃるかと思うが、本作は極めて限定された状況で展開されるドラマ。実際には電話を受け取るコールセンターの部屋のみ。アスガー(そして観客)は、かかってきた電話の音(人の声や周囲のノイズ)だけを頼りに、状況を把握していくことになる。なかなかに潔いこの設定にしびれる。そして、ここで登場するのが、オープンイヤーステレオヘッドセット。通常のサウンドは、劇場の音響装置から、そしてアスガーにかかってくる電話の音のみが、オープンイヤーステレオヘッドセットから聴こえるという仕掛けになっているのだ(この試写会のための特別仕様)。つまり、オペレーターとなっているアスガーと同じシチュエーションで、音響を味わえるのだ。耳元に声が聞こえてくる、その臨場感といったら! オープンイヤーステレオヘッドセットの試写会であることを半ば忘れで、筆者はぐいぐいとストーリーに引き込まれてしまった。

 ちなみに、装着感は極めて快適で、映画のあいだ中ストレスは一切感じなかったことを申し添えておこう。

こちらがオープンイヤーステレオヘッドセット。ちょっと特殊な形状をしている。独自の音導管設計を採用し耳の穴をふさがなくてもイヤホンからの音が聴こえるのだ。

 こうなると、ぜひともこの体験をいろいろな人に味わってほしいところだが、「なかなかに敷居が高いだろうなあ……」と思っていたところに朗報が到着した(原稿が遅れたメリットか。えばれないけど)。『THE GUILTY/ギルティ』とオープンイヤーステレオヘッドセットがコラボした体験型鑑賞イベントが、3月8日と3月15日の2日間、ヒューマントラストシネマ渋谷で行われるというのだ。映画好きならぜひとも堪能してほしい体験だ(チケットの販売は3月5日からとなる模様)。それにしても、映画の楽しみかたって本当に多様化していますよね。

※ヒューマントラストシネマ渋谷公式サイト

 そういえば、プレゼントをご提供いただくのに商品の説明を一切怠ってきてしまった。試写会で使用されたオープンイヤーステレオヘッドセットの商品名は“STH40D”。オープン価格だが、ソニーストアで購入すると6880円[税抜](2019年3月1日現在)と、想定していたよりもリーズナブルな印象。編集Fさんに今回の試写会の概要を話したところ、「それいいね! 僕家から駅まで自転車で30分くらいかかるんだよ。さすがに自転車に乗りながらイヤホンで音楽を聴くのはまずいと思っていたんだけど、オープンイヤーステレオヘッドセットだったらいけるじゃないか!」と興味津々な様子。

“STH40D”。カラーバリエーションは、ブラック、グレー(写真)、グリーン、ピンクの4色。

 ちなみに、“STH40D”は有線だが、オープンイヤーステレオヘッドセットにはワイヤレスタイプのXperia Ear Duo XEA20もある。価格はオープンで、ソニーストアで購入すると29880円[税抜](2019年3月1日現在)。自転車に乗りながら利用するならこちらもオススメかもしれない。

筆者近影。最近感動した映画は『ボヘミアン・ラプソディ』。

オープンイヤーステレオヘッドセット“STH40D”プレゼント概要

賞品:“STH40D”(ブラック、グレー、グリーン)各1色
当選人数:3名様

※カラーバリエーションは指定することはできません。

《応募方法》
“ファミ通.com”公式Twitterアカウント(@famitsu)をフォローして、↓のツイートをリツイート(RT)してください。

《応募締め切り》
2019年3月17日(日)23時59分リツイート分まで

《当選発表》
2019年3月18日以降に、ファミ通.com公式アカウント(@famitsu)から、当選者へDM(ダイレクトメッセージ)を使って通知します。
※DMを送るため、発表まではファミ通.com公式アカウント(@famitsu)のフォローを解除しないでください。
※賞品発送先の登録期限がありますので、かならず2019年3月21日(木)までにDMをご確認ください。
※当選者にお送りするDM内に、賞品発送先の登録フォームのURLを記載しますので、2019年3月21日(木)23時59分までに必ずご登録ください。期限までに登録が確認できなかった場合は、当選権利が取り消されます。

《注意事項》

  • このキャンペーンにご応募いただくにはTwitterへの登録(無料)が必要です。
  • 応募に際し発生する通信料・通話料などは、お客様のご負担となります。
  • フォローやリツイートの際、正常な画面が表示されない場合は、Twitterへ再度ログインしてお試しください。
  • 賞品の発送は2019年3月下旬を予定しています。また、発送先は日本国内に限ります。
  • Twitterアカウントを非公開にしている場合、リツイートを確認することができないため、応募対象外となります。
  • ダイレクトメールを受信拒否設定している場合、当選連絡をすることができないため、応募対象外となります。
  • 当選連絡のダイレクトメッセージ記載の配送先入力締切日までに入力がない場合、当選を無効とさせていただきますので、予めご了承ください。
  • 当選者の長期不在や、賞品お届け先ご住所や転居先が不明等の理由により、賞品のお届けができない場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がありますので、予めご了承ください。
  • ご当選後の賞品の変更や返品には応じかねます。
  • ご当選後の賞品は、初期不良など保証の対象外となります。
  • 当キャンペーンは、株式会社Gzブレイン(以下、弊社と言います)が主催しています。TwitterおよびTwitter社とは関係ありません。
  • Twitterおよび関連ツールの動作等の不測の障害により、当キャンペーンを予告なく変更・中止させていただく場合もがありますので、あらかじめご了承ください。
  • 当選賞品を譲渡(転売、オークション出品含む)しないことが応募・当選の条件です。譲渡が明らかになった場合、当選は取り消され賞品をお返しいただく場合があります(賞品の裏面には、当選者の氏名・住所が記載されます)。
  • ご応募に際しご提供いただいた個人情報は、弊社のプライバシーポリシー(http://gzbrain.jp/privacy.html)の定めるところにより取り扱わせていただきます。
  • ご応募に際しお客様に生じた損害等につきましては、弊社に故意・重過失のある場合を除き、弊社は一切賠償の責を負わないものとします。
  • ファミ通.com公式アカウント(@famitsu)では、ツイート・DMでの問い合わせには対応できません。ご不明な点につきましては、下記のサポート窓口までお問い合わせください。

《お問い合わせ》
Gzブレイン カスタマーサポート
お問い合わせフォーム:http://gzbrain.jp/contact.html

※お問い合わせの際には、必ずプレゼント企画名「SONYの耳を塞がないイヤホン“STD40D”プレゼント」をご明記ください。
※サポートは日本国内に限らせていただきます