スクウェア・エニックスより、2019年2月28日(PC版は2019年3月6日)発売予定のプレイステーション4/PC用のサバイバルアクションゲーム『LEFT ALIVE』。本作の魅力に迫る全3弾の動画インタビューを実施。今回はその第1弾を公開!

 スクウェア・エニックスより、2019年2月28日(PC版は2019年3月6日)発売予定のプレイステーション4/PC用のサバイバルアクションゲーム『LEFT ALIVE』。『フロントミッション』の生みの親である橋本真司氏、『アーマード・コア』を手掛けてきた鍋島俊文氏、『メタルギア ソリッド』のデザインを統括する新川洋司氏、そして『機動戦士ガンダム00』など、数々のアニメのメカニックデザインを担当した柳瀬敬之氏と、メカやロボットを主軸にした豪華なクリエイターによって創り出される。

 本作は、『フロントミッション』(以下、『FM』)と共通の世界設定で、時系列的には『FM 5』と『FM エボルヴ』のあいだにあたる2127年が舞台。対立関係にあるふたつの国の国境に位置する街、ノヴォスラヴァで勃発した戦争により、孤立してしまった3人の主人公たちが絶望的な状況下で生き延びることを目的とし、それぞれの視点から、絡み合う陰謀や人間関係が解き明かされていくのだ。

敵軍に支配された街で、各種武器やクラフトで作るガジェットを用いて道を切り開いていく。戦略性の高いシステムが数多く導入されているため、緊張感溢れるゲームプレイが楽しめる。もちろんおなじみのヴァンツァーも登場する。

 そんな本作の発売を記念して、魅力を存分に知っていただくべく、3回にわたって動画で生の声をお届け。第1弾の動画インタビューでは、プロデューサーの橋本真司氏とディレクターの鍋島俊文氏にお話をうかがい、本作が新規タイトルとして生まれた理由や注目ポイント、気になるゲームの難度などをたっぷりと語っていただいた。

『LEFT ALIVE』インタビュー第1弾

さらに詳しく本作を知りたい方はこちらの記事をご参照ください!