任天堂は、2019年1月31日、2019年3月期第3四半期決算発表を行った。

 任天堂は、2019年1月31日、2019年3月期第3四半期決算発表を行い、決算短信と決算参考資料を公開した。

 それらによると、当第3四半期(2018年年4月~12月)においては、Nintendo Switchで2018年10月に発売した『スーパー マリオパーティ』が530万本、11月に発売した『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』が1000万本、12月に発売した『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』が1208万本の販売を記録(いずれも全世界での数字)。

 当期のNintendo Switch向けソフトにおけるミリオンセラータイトル数は、サードパーティーのタイトルも含めて20タイトルに上ったとのこと。

 それらのヒットタイトルが本体の販売を牽引し、当該期間のNintendo Switch販売台数は1449万台(前年同期比19.5%増)を記録。ソフトの販売本数も9464万本(前年同期比100.9%増)と好調だった。

 一方で、発売から8年目を迎えたニンテンドー3DSでは、ハード販売台数が231万台(前年同期比60.5%減)、ソフトウェアの販売本数は1108万本(前年同期比64.5%減)と、勢いには翳りが見られた。

 これらの状況により、当期の連結業績は、売上高が9972億円(うち、海外売上高7749億円、海外売上比率77.7%。前年同期比16.4%増)、営業利益は2200億円(前年同期比40.6%増)、経常利益は2402億円(前年同期比23.5%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は1687億円(前年同期比24.9%増)となった。