『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』Ver.2.0.0のアップデートが配信。新ファイターのパックンフラワーの配信や、ファイターのバランス調整などが行われた。

 Nintendo Switch用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』(以下、『スマブラSP』)で、Ver.2.0.0のアップデートが配信され、新ファイターのパックンフラワーの配信がスタートした。

 パックンフラワーは、2019年1月31日(木)の23時59分までに『スマブラSP』を購入し、かつニンテンドーゴールドポイントの受け取りを完了した人ならば、早期購入特典として無料で入手できるもの。2019年2月1日以降は、有料コンテンツとして550円[税込]で販売される。

 また、今回のアップデートでは、スピリッツボードで最大4人プレイが可能になったほか、ゲーム内のショップに一部スピリッツが並ぶようになっている。そのほか、ファイターの調整内容はこちらの公式サイトを確認してほしい。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL 更新データ(Ver.2.0.0):ファイターの調整内容
https://www.nintendo.co.jp/support/switch/software_support/aaab/detail/200_fighter.html

パックンフラワー必殺ワザ

 任天堂のホームページでは、今回のアップデートに合わせてパックンフラワーの必殺ワザなどが公開されている。そちらを引用しつつ、紹介しよう。なお、パックンフラワーの最後の切りふだで登場する、カゴを持ったボスパックンは、『大乱闘スマッシュブラザーズX』のモード“亜空の使者”に登場したもの。プレイしたことのある『スマブラ』シリーズファンならば、印象的だったのではないだろうか。

通常必殺ワザ“シューリンガン”

 トゲトゲの球を口から吐き出す必殺ワザ。ボタン長押しで宙に留めることができ、スティックを入力すれば左右に球を吹き飛ばせる。

横必殺ワザ“ポイズンブレス”

 ゆっくり移動する毒霧を吐き出す。ためるほど、ダメージと攻撃範囲がアップ!

上必殺ワザ“リーフローター”

 葉っぱを高速回転させながら飛び上がり、復帰などに使える必殺ワザ。飛びながら左右にも移動でき、葉っぱに当たった相手にはダメージも与えられる。

下必殺ワザ“ロングレンジパックン”

 植木鉢に引っ込んでから勢いよく飛び出して相手にかみつく。ためると、かみつく方向を変えられたり、より遠くまで伸びたりできる。

最後の切りふだ“ボスパックン”

 巨大なボスパックンを召喚。ボスパックンは、カゴを振り回しながら左右に移動し、相手をカゴに閉じ込める。最後にはカゴをたたきつけ、閉じ込めたファイターをふっとばす!

 そのほか、アップデートの詳細は任天堂の公式サイトをチェック!