2019年1月27日、千葉・幕張メッセにて、一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)主催の“eSPORTS 国際チャレンジカップ ~日本選抜 vs アジア選抜~”の『ウイニングイレブン2019』(以下、『ウイイレ2019』)部門の対戦が行われた。本記事ではその模様をお伝えする。

 2019年1月26日、27日の2日間に渡り、『オーバーウォッチ』、『鉄拳7』、『ストリートファイターV』といったタイトルにおいて日本を代表するプレイヤーと、アジア各国の強豪が激突した本イベント。『ウイニングイレブン 2019』の日本選抜に抜擢されたのは、昨年ジャカルタで行われた“第18回アジア競技大会”の『ウイイレ2018』部門で優勝した、SOFIA選手とレバ選手のコンビに、Shiro選手を加えた3名。対するアジア選抜は、タイのScarlet選手、ホンコン,チャイナのCharles_ng選手、韓国のshagamoon選手による連合軍。この2チーム6名が、個人戦2本、3対3の団体戦1本のBO3方式で激突した。

日本選抜の3名。左からSOFIA選手、Shiro選手、レバ選手。
アジア選抜の3名。左からCharles_ng選手、shagamoon選手、Scarlet選手。
司会・実況を務めたテレビ東京アナウンサーの田口尚平氏(写真左)に、解説を担当したKONAMIの梅津彗氏(写真中央)、ゲストのRaMuさん。
本大会の試合形式とゲーム内レギュレーション。上記のルールのほかに、どのチームを選択しても選手の総合能力値はほぼ均一化されるという、近年の『ウイイレ』の競技シーンでは主流になっている設定も施されている。

 1試合目はShiro選手(リバプールを使用)対Shagamoon選手(アーセナル)の1on1は、試合開始直後からリバプール、アーセナル両チームの、質の高い攻撃陣を活かした派手な攻め合いでスタート。Shagamoon選手が押し込み、Shiro選手がカウンターをしかけるという展開を中心に、序盤からお互いに得点の臭いがする攻めを見せる。
 先制点が生まれたのは前半20分ごろ。Shagamoon選手が自陣ペナルティエリアからボールを大きくクリアーすると、そのボールをていねいかつ素早くつないで、Shiro選手のプレスを外す。最後はほぼプレッシャーを受けない状態でオーバメヤンにシュートを打たせることに成功し、この日のファーストゴールを記録する。

 リードを奪われたShiro選手だが、失点後の数十分間は逆にペースを握り、前半38分ごろにはサイドから足の速いウィンガーたちでボールを運び、最後はセンターFWへのオリギにフライパスを通して同点弾をもぎ取り、試合を振り出しに戻す。

 1-1になってからは膠着状態が続いていたが、後半57分過ぎ、お互いが選手交代&戦術変更を施すと試合が動く。仕切り直しとなった選手交代直後のプレイでShagamoon選手が自陣深くから一気にボールを運ぶと、混戦模様になったペナルティ内でリバプールのDFからボールを奪ってゴール。この1点が決勝点となり、初戦はアジア選抜の勝利となった。

試合の流れを変える要因になったと思われる、Shagamoon選手のフォーメーションチェンジ。中央に攻撃陣を集めた直後に、Shiro選手のペナルティエリア中心でのボールロストが起こった。

 日本選抜としては勝ち越すためには絶対に落とせない試合となった3対3の団体戦は、お互いがアーセナルを選択するミラーマッチに。

同じチームを選択した両陣営だが、中盤の並びや起用した選手には差があった。

 試合が始まると(チーム全員が同国籍で意思疎通がしやすいであろう)日本選抜がペースを握り、何度も決定機を作る。しかしそのことごとくが、きわどいオフサイドやバーに阻まれるシュートになり、前半35分を過ぎてもスコアは動かず。そのまま0-0で後半に突入する予感が漂い始めた前半39分、しかし日本選抜はゴールをこじ開ける。右サイドでボールを受けたSOFIA選手がグラウンダーの長いパスを出すと、ペナルティエリア中央でボールを受けたShiro選手は、ワンタッチのヒールパスでレバ選手操るラカゼットに素早くパス。これを確実にレバ選手が決め、待望の先取点を獲得し、試合を折り返した。
 しかし後半に入るとアジア選抜が逆襲。後半50分にコーナーキックを得ると、ニアで待つ味方へ短いクロスを上げ、そこから中央の味方がゴールへ流し込むプレイで同点に追いつく。引き分けだと勝ち越しがなくなる日本選抜は、積極的に攻め続けるも、前半と同様にバー直撃のシュート、オフサイドで3度の決定機をフイにする。
 リスクを背負った攻撃が結実したのは後半70分。攻め続ける日本選抜が左サイドから決定機を作ると、レバ選手がペナルティエリアでシュートを放つ。このシュートはまたもやポストに阻まれるが、猛ダッシュで後方の味方を詰めさせていたSOFIA選手が、こぼれ球を冷静に流し込み2点目を獲得。その後は主に敵陣でボールを保持しつつ試合をコントロールし、2-1のまま勝利。日本選抜は1勝1敗のタイで最終戦に持ち込んだ。

ふたりのプレイヤーがパスを出しているあいだにフリーのひとりがスペースへと飛び込むといった、”3人目の動き”の質が高かった日本選抜。

 この対戦の結果が日本選抜、アジア選抜そのものの勝利に直結する戦いとなった第3戦は、レバ選手がアーセナル、Charles_ng選手はリバプールを選んでスタート。

 試合序盤はお互いのカウンターを警戒してか、ていねいにパスを回しつつチャンスをうかがう、これまでの2戦と比べると静かな展開に。しかし前半25分が回ったころから、Charles_ng選手がレバ選手のゴール前までボールを運ぶ機会が増え、その攻めを防いだレバ選手がカウンターをしかけるという展開で、試合のテンポがアップ。すると前半43分、Charles_ng選手のシュートのこぼれ球をレバ選手が必死にクリアすると、クリアボールの奪い合いを制してカウンターのチャンスを創出。右サイドを素早く駆け上がって敵陣を突破すると、ペナルティエリア内の連続パスで守備網を崩し、ゴールをゲット。拮抗していた試合の主導権を握ることに成功する。

ペナルティアエリア内での細かい崩しから生まれた先制点。

 後半は比較的静かだった前半と打って変わり、開始直後からお互いが鋭いカウンターで攻め合う形でスタート。Charles_ng選手、レバ選手、どちらも決定的なシュートチャンスを作り続けるが、GKの好セーブやDFの見事なカバーで得点を許さない。
 ふたたび得点が動いたのは後半50分を過ぎたころ。レバ選手がカウンターではなく敵陣でボールを回す攻めに変えると、これがCharles_ng選手のファウルを誘い、ゴール前で直接フリーキックのチャンスを得る。決まればほぼ勝利が確定するであろうこの局面で、レバ選手はキッカーのラカゼットに、シュートキャンセルからのショートパスを出させるトリックプレイを選択。レバ選手はこのパスを受けたトレイラでミドルシュートを放つと、ボールはゴール右隅に突き刺さり、日本選抜の総合勝利に大きく近づく2点目を獲得する。

 後がないCharles_ng選手は、前線に手数をかける戦術設定&フォーメーションに変更してさらなる攻勢をかけるが、レバ選手は落ち着いた守備で対応。ボールを奪った後は適度に攻めて自陣でボールが動く時間を減らすリスクヘッジも交え、Charles_ng選手を完封。自身と日本選抜に勝利をもたらす1勝を挙げた。

勝利を確実なものにした、タイミングを外すショートパスからのミドルシュート。
2勝1敗で勝利した日本選抜には賞金300万円と副賞(サントリー 南アルプススパークリング レモン100本)、アジア選抜には賞金75万円が授与された。
JeSUのステージでの試合が終了したあとは、auブースにて試合を振り返る感想戦が行われた(レバ選手は他イベント出演のため登壇できず)。