2019年1月25日~27日(25日はビジネスデー)、千葉・幕張メッセにて開催される“ジャパン アミューズメント エキスポ 2019”(JAEPO 2019)。セガ・インタラクティブでは、杉野行雄・代表取締役CEOによる新作プレゼンテーションが行われた。

 2019年1月25日~27日(25日はビジネスデー)、千葉・幕張メッセにて開催される“ジャパン アミューズメント エキスポ 2019”(JAEPO 2019)。セガ・インタラクティブのステージでは、杉野行雄・代表取締役CEOによる新作プレゼンテーションが行われた。

 杉野氏に続いて、『StarHorse4』のプロデューサー・佐藤直行氏と『maimaiでらっくす』総合ディレクターの小早川賢氏が登壇した。
 『StarHorse』は、2000年に第1作目が稼働し、じつに19年目を迎えた競馬メダルゲームシリーズ。ナンバリングはまだ『4』だが、毎年細かいチューニングを経て、ロングセールスを続けている。その『StarHorse4』は、電動リクライニングシートとフットレストを搭載し、佐藤プロデューサー曰く「食事以外、一日中でもプレイできるように(笑)」、長時間プレイでも快適に過ごせるように工夫されている。さらに、マウスでの操作やボイスチャット機能も搭載し、まさに至れり尽くせり。さらに、メダルゲームの大ヒットタイトル『COOL104』をゲーム内に収録。「いずれは、『StarHorse4』1台ですべてのメダルゲームが遊べるようになることを目指したい」と佐藤プロデューサー。
 また、大きな特徴として、完全電子メダル化を実現。これにより、メダルをいちいち購入するために席を立ったり、メダルを置いていない店舗でもプレイできるようになるメリットがある。しかし、その実現には「2年ほど、関係各所とじっくり話し合った」(杉野氏)とのことだ。

セガ・インタラクティブ代表取締役社長CEOの杉野行雄氏。
左から、佐藤直行氏、小早川賢氏。

 一方の『maimai』シリーズは、稼働当初はもうひとつ盛り上がらず、杉野氏も気を揉んでいたそうだ。しかし、ユーザーや店舗の意見を真摯に聞いて開発してきたことにより、じわじわと人気を確保。2018年12月に実施された『maimaiでらっくす』のロケテストには、朝早くから多くのユーザーが集まり、中には中国からわざわざ来たファンの方もいたそうだ。
 『maimai』らしさを追求しているという『maimaiでらっくす』は、従来よりも筺体がやや大きくなり、カメラなどのオプション機能も充実。細かい変更点として、フロントパネルのネジが8本から5本になり、オペレーターにもやさしい設計になっているとのこと。

左から、山下まみさん、根本流風さん、尾崎由香さん、相羽あいなさん。
杉野氏も見ているテレビアニメ版『けものフレンズ』は要チェック。

 続いては、『けものフレンズ3 プラネットツアーズ』に出演する声優陣、尾崎由香さん(サーパル役)、根本流風さん(コウテイペンギン役)、相羽あいなさん(イワトビペンギン役)、山下まみさん(マーゲイ役)が登壇。尾崎さん以外は、ステージ前に実際にプレイしたそうで、アニメ版とはまた違ったイラストや大きな筺体に感動したそうだ。杉野氏も包囲中のテレビアニメを見ているそうで、杉野氏によるまさかの「出発進行、ジャパリパーク!」には声優陣も大喜びだった! 本作はアーケード版に加え、スマートフォン版『けものフレンズ3』との連動機能もあり、また新しい“フレンズ”たちが増えそうだ。

 ステージの最後に杉野氏から、2019年3月30日・31日に“セガフェス2019”が開催されることが発表された。

 今回紹介された3タイトル以外にも、“JAEPO 2019”のセガブースでは多くの注目タイトルの出展が予定されている。会場に行く人は、ぜひチェックしてみよう。