ロケーションベースVR(施設型VR)の運営に関わるデベロッパーやパブリッシャーなどにより構成された一般社団法人ロケーションベースVR協会は、2019年2月2日を“VRの日”と制定。あわせて横断キャンペーンを行うことを発表した。

 ロケーションベースVR(施設型VR)の運営に関わるデベロッパーやパブリッシャーなどにより構成された一般社団法人ロケーションベースVR協会は、2019年2月2日を“VRの日”と制定。あわせて横断キャンペーンを行うことを発表した。

 設立の理由についてロケーションベースVR協会では、以下のとおり説明している。

 “VRの日”の制定について世界初のヴァーチャル・リアリティ・ヘッドマウントディスプレイが生まれたのは1968年、Ivan Edward Sutherland氏によるものですが、すでにVR生誕から半世紀を超えることになりました。
 また、新興技術に対する関心の高さや普及度合いなどをグラフにしたハイプ・サイクルにおいて、2017年には新興技術として“啓蒙活動期(Slope of Enlightenment)”に位置していたVRは、2018年にはグラフから姿を消すに至り、もはや新興技術でなく広く一般に普及したものと見なされるようになりました。
 かつて、VRという文字には“ヴァーチャル・リアリティ”、“仮想現実”などの補足説明が必要であったものが、半世紀かけて“V”と“R”が並んでいれば意味が通じる、身近で一般的なものになりました。
 これを記念し、当協会は、各記念日登録を所管する一般社団法人日本記念日協会に対し、2月2日を“VRの日”として申請し、その結果、同協会より、申請どおりの“VRの日”登録通知を頂戴いたしました。

 なお、2月2日を“VRの日”に選定した理由は、両手でピースサインを作り、左手の中指を少し外に曲げたポーズは、2と2を表すようにも見えながら、“v”と“r”にも見えてくるためとのこと。「こちらシンプルにそうは見えてこないというご意見もあるかもしれませんが、じきに見えてまいると思いますのでご理解いただけますと大変ありがたいです」とのことだ。

 VRの日制定に関連して、その前後の2019年1月26日(土)〜2月11日(月)の期間に、“冬は家族でVR”のキャッチコピーにてVR界の横断キャンペーンを実施する。同キャンペーンには、ロケーションベースVR協会の会員であるバンダイナムコアミューズメント、CA セガジョイポリス、フタバ図書、電通など、主要なVR施設を運営している会社や、個人、VTuberも、キャンペーンへの参画を表明しているとのこと。キャンペーン期間中は、VR施設の割引や相互送客、VR関連グッズの特売、新コンテンツのリリース、お祝いの動画、SNS投稿など、盛りだくさんの内容が予定されているとのことだ。

※ロケーションベースVR/施設型VR……ヘッドマウント・ディスプレイによるVR映像と体感型ハードウェア機器・アトラクションなどを連動させたリアルな体験を、さまざまな施設で提供するVRコンテンツの総称。