累計販売数3000万本以上を記録した、ハック&スラッシュRPG『ディアブロ III』。そのNintendo Switch版『ディアブロIII エターナルコレクション』が、2018年12月27日より販売開始となった。そのプレイレビューをお届けする。

 累計販売数3000万本以上を記録した、ハック&スラッシュRPG『ディアブロ III』。そのNintendo Switch版、『ディアブロIII エターナルコレクション』が、2018年12月27日(木)より販売開始となった。

 『ディアブロIII』といえば、モンスターを倒し、そうして入手した装備でキャラ強化しつつ冒険を進める大人気ハック&スラッシュRPG。過去にプレイステーション3とプレイステーション4やパソコンなどを対象に発売された『ディアブロIII』が、Nintendo Switch版として発売されたわけだ。

 今回の『ディアブロIII エターナルコレクション』は、過去にリリースされた拡張パック以外にも、『ゼルダの伝説』シリーズの敵役をモチーフにした装備セットなど、コンテンツはほか機種より豊富!

『ゼルダの伝説』シリーズとのコラボで、ニワトリの“コッコ”もペットとして同伴させられる。

 Nintendo Switch版ということは、自然と外出中でも遊べるという利点もついてくる。そこで今回は、発売時期的にもドンピシャだった、“コミックマーケット95”への入場待機中に本作をプレイしてみることにした。

 というわけで、平成最後のコミケ会場で『ディアブロ』を存分にプレイして感じた感想をお届けする。ここで「『ディアブロIII』とコミケを無理やりコラボすな」と思われる方もいるかもしれないが、両方とも筆者が好きなのだから仕方がない。列の待ち時間を楽しくすごす為のライフハックですから。

お台場の寒波によってかじかむ手。それでも『ディアブロIII』を止められない。

 29日の朝7時前。

 東京ビッグサイトの最寄り駅“国際展示場駅”には、すでに大きな人だかり。まぁ毎年恒例ですよね。

 開場前の大行列はもはやコミケの風物詩。それよりも今回の難敵は、2018年最大級の寒波が訪れていることだ。防寒対策の一環として配られていたカイロを擦りつつ、しばらくは待機列へと歩を進める時間が続く。

 やがて青々と広がる海の前で鎮座する、同志たちの列へとたどり着けた。どうやら、ここでしばらくは待機する時間が続くとのことなので、ようやく(昨晩のうちにDLを済ませておいた)『ディアブロIII エターナルコレクション』のプレイを開始する。

 本作を遊ぶ際、まず我々プレイヤーがすることは、キャラのクラスの選定だ。

 『ディアブロIII』では、クルセイダーやネクロマンサー、さらにバーバリアンやモンクなど、全7種のクラスによって使えるスキル(技)が異なる。さらに装備できる武器も違ってくるため、ここでのチョイスが非常に大きな意味合いを持ってくるのだ。

 また、『ディアブロIII』がプレイステーション3版やパソコン版などで過去にリリースされた際は、ネクロマンサーのクラスは実装されていなかった。のちに拡張パックにて追加されたわけだが、今回の『ディアブロIII エターナルコレクション』では、その新クラスの実装を含め全ての拡張パックが同梱されている。

 その旨味を活かし、私も最初はネクロマンサーを選択してみることにした。

 ネクロマンサーの特色は、呪いや魔術の使用での攻撃に加え、スケルトンや死体などの軍勢の召喚ができること。
 遠距離攻撃を軸とした戦術に合わせて、味方を増やせるトリッキーかつ多彩な召喚攻撃で、多数の敵に襲われる不利な状況に強い。

白いスケルトンたちが、召喚した味方の軍勢。敵に対し、率先して攻撃を仕掛けに行ってくれる。たっのもしぃ~。

大鎌を使った近接攻撃も可能。また、倒した敵の死体を爆発させての攻撃もあり、ネクロマンサーは幅広い攻撃オプションを備えている。

 もちろん従来から続くほかの6クラスも、いずれも捨て難い性能を備えている。
 “天罰の行使者”とも称される“クルセイダー”は、守備力に秀でた、RPG定番の役職である戦士タイプ。これを選べば、敵に鉄球をぶち当て撃破する、フレイルを使った爽快なアクションを実感できるし、

 “バーバリアン”は、そのクルセイダーとは真逆の攻撃タイプとして、パワフルかつ獰猛に前方の敵を薙ぎ倒すことができる。

 また、直線的な攻撃ではなく、トリッキーな召喚術がお好みのプレイヤーには、“ウィッチ・ドクター”に注目してほしい。前述した“ネクロマンサー”同様、召喚術を操れる同クラスでは、大地から死者の手を召喚することが可能。

 目には目を、闇の軍勢に対しこちらも闇の軍勢を使役することで、世界の調和を取り戻していく。

 そんな多岐にわたるクラスが存在する中、著者がオススメしたいクラスが“モンク”だ。モンクの攻撃の基礎となっている武術。スタイリッシュな武術による、素早い連続攻撃は爽快感バツグンだ。

 本作が取揃える個性豊かな全7つのクラス。どのクラスがどんなスキルを使い、どんなポテンシャルを発揮してくれるのか。ぜひともすべてを網羅したくなるやり込み要素が、本作には多彩に盛り込まれている。

コミケ開催間近!ここで『ディアブロIII』が放つ映像美についても触れていく!

 コミケ開場の時間が近づくにつれ、徐々に動きだす待機の列。

 進みながらのプレイは危険なので、ゲームの進行はここで一旦小休止。この時間を利用し、本作のストーリーを進める中で鑑賞できるカットシーンの鮮やかさについても語らせてもらおう。

 じつは、私は過去に発売されたプレイステーション3版の『ディアブロIII』をプレイ済み。その際にも実感したことではあるが、高度なCG技術によって超絶クオリティのカットシーンに毎度いい意味で悶絶する。さすがblizzardクオリティ!

リアかわいいなぁ……。

 また、キャラクターだけでなく建物の崩壊や地割れなど、アドベンチャー映画さながらの演出が随所で登場。
 その思わず見入ってしまうほどの完成度の高さは、「プレイできないムービー中も楽しんでもらいたい」、そんな制作者のこだわりが伝わってくるような感じだ。

 本作では重厚なストーリー性も見どころのひとつ。悪魔たちがはびこるサンクチュアリで、世界を救うべくヒロインのリアがどのような展開を生み出していくのか。RPGとしてのアクションを楽しむとともに、ムービーを通じてのストーリーの動きにもぜひ注目してみてほしい。

東京ビッグサイトの中心で、「オススメのRPGゲームは『ディアブロ』!」と叫ぶ

 序盤で述べた通り、『ディアブロ』シリーズ最大の特徴は、モンスターを倒しドロップする装備でキャラ強化していくハック&スラッシュRPGであること。

 レア度の高い武器のドロップを狙いつつ、キャラレベルの上昇によって個性豊かなスキルを習得するのが『ディアブロ』だ。雑魚敵は群れで襲いかかってくるケースが多いので、無数の敵を一掃する爽快感を感じつつキャラの育成に励める仕様となっている。

 そんな中、著者はレジェンドアイテムドロップ時に発生する光の柱、通称“茶柱”追い求め、お台場の寒波に打ちひしがれることなく探索を進めていく。

空へと上がる金色の“茶柱”が、レジェンドアイテムの証だ。
ストーリーを進めることで、ミッション成功報酬も貰うことができる。

 ちなみに今回は、Nintendo Switch版での販売ならではの特色として、Amiiboにも対応していることも挙げられる。海外では、“Loot Goblin”のAmiiboが販売中。ほかのアミーボが本作で対応してくれたらうれしいところ。

 また、ローカル通信で(最大4人の)マルチプレイができることも、Nintendo Switch版の大きな特色のひとつだろう。Nintendo Switch1台あれば、最大4人までおすそわけプレイが可能なので、こたつでプレイしてみる楽しみかただって簡単だ。

昭和の発明機と平成の発明機がコラボレーションッ!

 もちろんオンラインでのパーティーメンバーの募集も可能。王道かつ壮大なストーリーを持つ『ディアブロIII エターナルコレクション』を、時にはソロで、時には仲間とともに、遊んでみてはいかがだろうか。

撮影協力:瀬戸万莉愛さん(@seto_maria_011)